手帳

2017/06/29

「ネットde手帳工房」の真価とは? #手帳ゆる友 #bungu

 本日、キヤノンITソリューションズ株式会社から発表された新サービス「ネットde手帳工房」。正式サービスの開始は9月とのこと。すでに記者発表がネット上でもいろいろニュースになっているので、このBlogでは、この手帳がそれまでの手帳とどう違うのか、またサービスとしての可能性について考えてみたいと思います。
 そもそも手帳は、使っていけば行くほど、要望が多くなってくるものです。
 レイアウトやフォントの種類、サイズ、位置から、ページの並び、時間軸の始まりと終わり、またノートページの有無や量、パターンなどきりがありません。
 もっと細かい要望で言えばたとえば「100のやりたいことリスト」とか「読書記録」など本当に千差万別です。ある人には必要なことが、別の人には不要であることがめずらしくないわけです。そして最大公約数的にいろいろな記入欄があればいいかと言えば、そういうものでもありません。不要なページが増えるからです。
 既製品の中で探そうとする限り、完全に自分の要望を満たす手帳はほぼないわけです。このサービスは、綴じ手帳という枠の中でこの問題に正面から取り組んだものだといえます。
 念のために言えば、「システム手帳でいいじゃないか」という意見は、必ずしも正しくありません。この種の、手帳に多くを望む人たちの多くが、システム手帳も一度は使った上で、やはり綴じ手帳がいいと思って選択しているからです。
 確かにシステム手帳は、好きな記入欄を組合わせることができ、自作リフィルも利用できます。ただし、中央のリングがあることや、メインテナンスが必要なことなど、独自の扱い方が必要になります。綴じ手帳を選択している人はその点を避けたいと思っているわけです。
 あとは、このサービスの今後については、以下の点に係っていると思われます。
 まずこのサービスを必要とする人々に、このサービスの存在がきちんと届くこと。
 そしていろいろなパターンの手帳についてユーザーが満足すること。
 スタート初年度は、A5サイズのみで200ページという制約があります。
 このサイズで、ユーザーが実際にネット上で手帳の構成を決め、あるいは自らPDFファイルを用意し、一冊5400円(送料、税込み)で作成して満足するかどうか
 可能性がありますが、ユーザーを選ぶ。ただ、うまく行けば次年度は、サイズもタイプもバリエーションが増えるそうです。
 このサービスがユーザーにどう受け入れられるか、行く末を見守りたいと思います。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/06

iPhoneを手帳として使うために押さえておきたいポイント #手帳 #bungu

 紙の手帳をiPhoneにするといろいろな問題が出てくる。そもそも手帳が担っていた機能を完全にiPhoneに移行するのは可能なのだろうか。結論から言えば不可能ではないが、それだけでは不十分だと思える。反面、iPhoneが紙の手帳より優れている部分もある。以下に説明していこう。
 まず不十分な点。これは収納機能だ。紙の手帳のカバーの内側にはカードや予備の名刺など、薄い紙類を保持できる。そしてiPhoneになったとたん、ここに入っていた紙類が路頭に迷う。とくにカードケースなどにおさまらない割引券とか診察券のようなものがやっかいだ。これには薄型のシステム手帳を併用すると便利だ。
 薄型バインダーにはメモのリフィルも挟んでおこう。とくにiPhoneで通話をしながらメモを取るときには、紙の手帳があるととても便利だ。
 iPhoneが優れている点は、どんなときでも簡単にメモがとれることだ。図形などはさすがに無理だが、ちょっとしたアイデアを文章で記録することはできる。しかもロックしたままで。ホームボタンを長押しして「メモして」と話しかければ、Siriが反応し、音声のメモを取るモードになる。それからマイクのアイコンをタップして話しかければ、iPhoneが音声を認識し記録される。ロックを解除して標準のメモアプリを開けば、保存されたメモが確認できるはずだ。Siriは意外と融通がきき、たとえばいきなり予定を話しかけると標準カレンダーに予定を入れてくれる。

 この2つの機能を、iPhoneユーザーの前で試してみるとたいてい驚かれるところを見るとみんなあまり使いこなしていないのかなとも思う。
 iPhoneは手帳よりも部分的には優れているが、紙のメモ帳を併用すればもっと便利に使える。『iPhone手帳術』を書くにあたっていろいろ試して見た結論がこれだ。iPhoneユーザーの方は、手帳として使う方法をいろいろ試してみるときっと発見があるはずだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6/24 9:30~手帳オフ「手帳ミニマリストになろう」開催します #手帳ゆる友

 手帳を何冊も使っている。マルチペンが何本もある。スマートフォンとの併用ルールがわからなくなっている・・・  効率を生み出すための手帳が、いつのまにか大がかりに重くなっていませんか?  手帳に最低限の時間をかけつつ、手帳で時間を生み出すためにはどうすればいいか。複数の手帳を適宜使い分けるにはどうすればいいのか。  
 今回のテーマ「手帳ミニマリストになろう」は、これを追求します。  
 まず手帳ミニマリストの考え方をレクチャー。その後に手帳マイルールのワークシートを使ったワークショップを実施します。
○持ち物  
 ご自身がいつも使っている手帳、ノート類、筆記具一式をお持ちください。

○会場
 
 都内貸し会議室(新橋)。JR新橋駅下車徒歩3分。9:20分開場 9:30開始

○会費
 3000円 事前振込になります。振込先口座は、参加申し込み後に別途メールでご案内させていただきます。
○定員
 8名様。先着順で締め切り。申し込み枠が定員に達した場合、キャンセル待ちになります。

○お申し込み
 Connpassのこちらからお願いします。お申し込み開始は明日18時~です。


○他のグループに参加されている方に特別感謝優待枠

 他の手帳オフのグループに参加されているみなさまには、特別に参加優待をします。4名分の優先枠をもうけました。対象になるのは、舘神手帳オフに初参加の方で、connpassの他のグループへの登録と他のグループ主催のイベントへの参加履歴がある方です。
 手帳オフという集まりがひろく盛り上がっていることへの感謝のしるしとして、優先的に参加していただけるようにしました。
 では、どうぞよろしくお願いします。  当日お目にかかれるのを楽しみにしております。
○6/7追記
 今回の手帳オフに参加された方は、次回のメーカー協賛イベントへの優先参加権(1回)が獲得できます。過去のメーカー協賛イベントはいずれも人気が高くあっという間に満席になってしまいます。この機会をお見逃しなく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/23

【お知らせ】『iPhone手帳術』発売されました #手帳ゆる友 #iPhone

 さる5月22日に『iPhone手帳術』が発売になりました。
 登場から10年を迎え、一説には国内の4割のシェアを占めると言われているiPhone。
 そのiPhoneをどうやって手帳として利用するかを考えて書いたのが今回の本です。
 とくに、エイ出版社の清水編集長からは、「社内でもiPhoneユーザーは多いが、仕事でうまく使いこなせない人も少なくない。そういう人たちのために書いて欲しい」と言われたことが今回の企画の発端にあります。
 iPhoneに関してよく言われるのは、「すぐメモをとれない」。電源を入れてロックを解除し、アプリを選択してからようやく入力モードになる。これだけのプロセスを踏まないとiPhoneではメモがとれない。ずっとこう言われてきたのですが、実はロック解除前でもちょっとした手順を踏むだけで簡単にメモがとれます。
 本書ではこれ以外にも、iPhone向け鉄道路線図アプリや、iPhoneを使って電車に乗り遅れない方法、ApleWatchとの併用や、タスク管理アプリなども紹介。iPhoneをどうやったら効率的に手帳として利用できるかをまとめました。
 『iPhone手帳術』は、お近くの大型書店かまたはオンライン書店で発売中です。
 最寄りの書店にない場合は、
『iPhone手帳術』(えい出版社 舘神龍彦(たてがみたつひこ))
 で注文してください。書名、出版社名、著者名の3つを伝えれば確実です。
 どうぞよろしくお願いします。
 補記:早くもご購入いただいた方もいらっしゃるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/10

ISOTの文具PRサポーターを募集しています #bungu #手帳ゆる友


 

 国際文具・紙製品展 ISOT では、文具PRサポーターを募集しています。
 私も文具PR委員の一員であるISOTでは、文具PRサポーターを募集しています。
 募集人員は100名。応募者から厳選な選考で選ばれるそうです。
 文具PRサポーターになると、ISOTに特別に入場できるほか、出展社のサンプルがもらえたり、文具大賞の授賞式が見られるなどいろいろな特典があるようです。
 資格は、会期中の3日間ISOTに来られることなどいくつかあります。
 詳しくはこちらのISOTのWebページをご覧ください。どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/26

ジブン手帳、DiSCOVER DIARY WALLETなどと併用するのに便利なA5スリムサイズのノート

○手帳と併用するノートとは

 そもそも手帳には併用するノートがあるととても便利に使えます。たとえば50年以上の歴史を持つ「能率手帳1」にも、専用の補充ノートが用意されています。

 予定記入欄の横にあるメモ欄だと、その期間が過ぎると、参照しにくくなります。そこで、手帳と独立したノートに仕事のことを書いておけば、予定記入欄とは別に仕事の進行やアイデアなどをメモしておくことができます。

 この組み合わせは色々な手帳で意識されています。手帳に専用のノートを用意している例としては前述の能率手帳(数種類)以外にも、ジブン手帳(「IDEA」)や、クオバディス、トラベラーズノートなどがあります。またDISCOVER21も、専用のノートを用意しています。これらの手帳を選ぶと、予定記入欄とは別に専用のノートを利用できるわけです。

 これとは逆に、手帳の中に多めのノートページを用意することで、一冊で済ませようとしている製品もあります。その一つが、マークスの「Edit週間ノート」です。予定記入欄のメインは、時間軸のない週間バーチカル式ですが、後半に多めのノートページがあるので、一冊ですむわけです。
 また、専用ノートがなくても同じサイズの薄手のノートを独自に見つけて併用している方もいらっしゃるかと思われます。

○A5スリムサイズ手帳の場合

 いわゆるA5スリムサイズは、おそらくはモレスキンのラージサイズが元祖だと思われます。そして、ここ数年で一つのカテゴリーといえるほどの広がりを生んでいます。

 各メーカーそれぞれはそう意識していないかと思いますが、ユーザーから見ると同じサイズの手帳やノートは組み合わせて使うのに便利です。

 とくに、システム手帳のように明確に規格が決まっていない綴じ手帳の場合は、サイズの互換性がある、併用しやすいノートは、それが他社製であってもとても便利です。また、たとえば手帳のフォーマットは気に入っているけれど、紙質があまり好きでなくて妥協を強いられているような場合、純正でなくても同じサイズのノートがあるととても便利に使えます。

○やっと本題 A5スリム手帳と併用すると便利なロンド工房のノート

 縦にも横にも使えるロンド工房の「ブラウニー手帳」。そのラージサイズ用のノートもA5スリムサイズです。これは、ジブン手帳やトラベラーズノートのユーザーには要チェックです。

 ポイントは、以下の3点。まず横幅がやや狭めになっていること。12cmほどで、カバーに入れたときに、綴じたのどの部分がカバー側によることで、綴じた部分が重ならないので、とてもすっきりしています。

 またそもそも、紙が薄く36ページとコンパクトなページ数です。これも軽量・薄型化に貢献しています。

 そしてページの罫は、5mmのドット方眼です。よく知られているように、文字もイラストも図形も書きやすいフォーマットです。

 また、紙自体もオフホワイトで、目に優しいつくりです。

 このノート、ジブン手帳などA5スリムサイズの手帳には、ぴったりです。手元の「プロフェッショナルダイアリー」(デザインフィル)のカバーにも納まりました。

 価格も3冊セットで 円(税込み)と決して高くありません。A5スリム手帳ユーザーはぜひ。

20170223_203545

↑DICCOVER DIARY WALLETと重ねたところ。横幅がわずかに狭いので、カバーに入れたときに収まりが良い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/24

2/28 TBSラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る」でふせん活用についてお話しします #bungu #手帳ゆる友

 Yahoo!ニュースをはじめ、各方面で話題にしていただいている『ふせんの技100』。
 そのふせんについて、表題の番組でお話しさせていただきます。
 パーソナリティーのジェーン・スーさんは、文房具や手帳もお好きだそうで、
本の紹介のコーナーで、前掲書を一度ご紹介いただいているそうです。
 ご本人と対面して紹介するのが楽しみです。
 番組のサイトはこちら。ラジオがない方はradikoで、その時間に聞けない方は
radikoタイムフリーでぜひ聞いてみてください。よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/23

A5スリム手帳と併用するのに便利なノート

 縦にも横にも使えるブラウニー手帳。そのブラウニー手帳用にノートが発売されています。
このノート、私が使っている「DISCOVER DIARY WALLET」にもぴったりおさまります。
 ポイントはカバーに差し込んだときのサイズですね。横幅が、WALLET本体よりもわずかに狭いのですんなり収まってくれます(約12cmでした)。手帳本体と同じ幅のノートだと、そのぶんかさばってしまうわけで、ここは大きなポイントだと思います。
 というわけで、A5スリムサイズの手帳を使っていて、ノートを併用したいと考えている人には、ロンド工房のこのノートはおすすめです。

 ジブン手帳などにも最適なサイズだと思います。また、実際に挟んでみたところや記入面のドット方眼については、別途紹介していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/17

2月16日付け読売新聞朝刊で手帳についてコメントしました

 昨日、2月16日付けの読売新聞朝刊で手帳についてコメントしました。

 記事の趣旨は、手帳の余りがちなページになにをかけばいか。
 私は、どこに何を書くのか、どういうルールにするのかをまとめた「手帳マイルール」について説明しました。
 手帳にはいろいろな活用方法があり、書籍や雑誌の特集で紹介されます。また、Webの記事やBlogでも取り上げられます。
 手帳マイルールは、そういった各種の手帳術について、目的別に明文化しようという提案です。初出は、『手帳進化論』(PHP研究所)で、同書では、まだ「手帳のコントロールパネル」と呼んでいました。
 最新刊『手帳の選び方・使い方』(エイ出版社)では、より詳しく解説しています。
 
 手帳活用について、いろいろな手帳術を併用するあまり、わからなくなってしまうことはよくあると思います。そういうときは、一度自分のルールを書き出してみるのがおすすめです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/14

ISOT文具PR委員に就任しました

 内外のメーカーが集まるバイヤー、問屋向けのBtoBの文具の展示会「ISOT」。
 今年は、7月5日(水)~7日(金)までの3日間。東京ビックサイトにて開催されます。

 公式サイトはこちらです。
 そのISOTの文具PR委員に就任しました。
 委員長は文具王・高畑正幸氏で、総勢8名の委員会です。他の方々も名だたるみなさんなので、少々恐縮しております。
 私なりに文具・手帳の魅力をお伝えできればと考えています。
 どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧