« 2017年1月 | トップページ

2017年2月

2017/02/26

ジブン手帳、DiSCOVER DIARY WALLETなどと併用するのに便利なA5スリムサイズのノート

○手帳と併用するノートとは

 そもそも手帳には併用するノートがあるととても便利に使えます。たとえば50年以上の歴史を持つ「能率手帳1」にも、専用の補充ノートが用意されています。

 予定記入欄の横にあるメモ欄だと、その期間が過ぎると、参照しにくくなります。そこで、手帳と独立したノートに仕事のことを書いておけば、予定記入欄とは別に仕事の進行やアイデアなどをメモしておくことができます。

 この組み合わせは色々な手帳で意識されています。手帳に専用のノートを用意している例としては前述の能率手帳(数種類)以外にも、ジブン手帳(「IDEA」)や、クオバディス、トラベラーズノートなどがあります。またDISCOVER21も、専用のノートを用意しています。これらの手帳を選ぶと、予定記入欄とは別に専用のノートを利用できるわけです。

 これとは逆に、手帳の中に多めのノートページを用意することで、一冊で済ませようとしている製品もあります。その一つが、マークスの「Edit週間ノート」です。予定記入欄のメインは、時間軸のない週間バーチカル式ですが、後半に多めのノートページがあるので、一冊ですむわけです。
 また、専用ノートがなくても同じサイズの薄手のノートを独自に見つけて併用している方もいらっしゃるかと思われます。

○A5スリムサイズ手帳の場合

 いわゆるA5スリムサイズは、おそらくはモレスキンのラージサイズが元祖だと思われます。そして、ここ数年で一つのカテゴリーといえるほどの広がりを生んでいます。

 各メーカーそれぞれはそう意識していないかと思いますが、ユーザーから見ると同じサイズの手帳やノートは組み合わせて使うのに便利です。

 とくに、システム手帳のように明確に規格が決まっていない綴じ手帳の場合は、サイズの互換性がある、併用しやすいノートは、それが他社製であってもとても便利です。また、たとえば手帳のフォーマットは気に入っているけれど、紙質があまり好きでなくて妥協を強いられているような場合、純正でなくても同じサイズのノートがあるととても便利に使えます。

○やっと本題 A5スリム手帳と併用すると便利なロンド工房のノート

 縦にも横にも使えるロンド工房の「ブラウニー手帳」。そのラージサイズ用のノートもA5スリムサイズです。これは、ジブン手帳やトラベラーズノートのユーザーには要チェックです。

 ポイントは、以下の3点。まず横幅がやや狭めになっていること。12cmほどで、カバーに入れたときに、綴じたのどの部分がカバー側によることで、綴じた部分が重ならないので、とてもすっきりしています。

 またそもそも、紙が薄く36ページとコンパクトなページ数です。これも軽量・薄型化に貢献しています。

 そしてページの罫は、5mmのドット方眼です。よく知られているように、文字もイラストも図形も書きやすいフォーマットです。

 また、紙自体もオフホワイトで、目に優しいつくりです。

 このノート、ジブン手帳などA5スリムサイズの手帳には、ぴったりです。手元の「プロフェッショナルダイアリー」(デザインフィル)のカバーにも納まりました。

 価格も3冊セットで 円(税込み)と決して高くありません。A5スリム手帳ユーザーはぜひ。

20170223_203545

↑DICCOVER DIARY WALLETと重ねたところ。横幅がわずかに狭いので、カバーに入れたときに収まりが良い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/24

2/28 TBSラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る」でふせん活用についてお話しします #bungu #手帳ゆる友

 Yahoo!ニュースをはじめ、各方面で話題にしていただいている『ふせんの技100』。
 そのふせんについて、表題の番組でお話しさせていただきます。
 パーソナリティーのジェーン・スーさんは、文房具や手帳もお好きだそうで、
本の紹介のコーナーで、前掲書を一度ご紹介いただいているそうです。
 ご本人と対面して紹介するのが楽しみです。
 番組のサイトはこちら。ラジオがない方はradikoで、その時間に聞けない方は
radikoタイムフリーでぜひ聞いてみてください。よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/23

A5スリム手帳と併用するのに便利なノート

 縦にも横にも使えるブラウニー手帳。そのブラウニー手帳用にノートが発売されています。
このノート、私が使っている「DISCOVER DIARY WALLET」にもぴったりおさまります。
 ポイントはカバーに差し込んだときのサイズですね。横幅が、WALLET本体よりもわずかに狭いのですんなり収まってくれます(約12cmでした)。手帳本体と同じ幅のノートだと、そのぶんかさばってしまうわけで、ここは大きなポイントだと思います。
 というわけで、A5スリムサイズの手帳を使っていて、ノートを併用したいと考えている人には、ロンド工房のこのノートはおすすめです。

 ジブン手帳などにも最適なサイズだと思います。また、実際に挟んでみたところや記入面のドット方眼については、別途紹介していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/17

2月16日付け読売新聞朝刊で手帳についてコメントしました

 昨日、2月16日付けの読売新聞朝刊で手帳についてコメントしました。

 記事の趣旨は、手帳の余りがちなページになにをかけばいか。
 私は、どこに何を書くのか、どういうルールにするのかをまとめた「手帳マイルール」について説明しました。
 手帳にはいろいろな活用方法があり、書籍や雑誌の特集で紹介されます。また、Webの記事やBlogでも取り上げられます。
 手帳マイルールは、そういった各種の手帳術について、目的別に明文化しようという提案です。初出は、『手帳進化論』(PHP研究所)で、同書では、まだ「手帳のコントロールパネル」と呼んでいました。
 最新刊『手帳の選び方・使い方』(エイ出版社)では、より詳しく解説しています。
 
 手帳活用について、いろいろな手帳術を併用するあまり、わからなくなってしまうことはよくあると思います。そういうときは、一度自分のルールを書き出してみるのがおすすめです。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/14

ISOT文具PR委員に就任しました

 内外のメーカーが集まるバイヤー、問屋向けのBtoBの文具の展示会「ISOT」。
 今年は、7月5日(水)~7日(金)までの3日間。東京ビックサイトにて開催されます。

 公式サイトはこちらです。
 そのISOTの文具PR委員に就任しました。
 委員長は文具王・高畑正幸氏で、総勢8名の委員会です。他の方々も名だたるみなさんなので、少々恐縮しております。
 私なりに文具・手帳の魅力をお伝えできればと考えています。
 どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ