« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016/10/30

ポメラDM200はやっぱり“クラウドエディター”だった

 液晶ディスプレイとキーボード(ソフトウェアキーボード含む)、それにディスクスペースの組み合わせがなんになるのかは、その製品のコンセプトによって変わってくる。

 やはりポメラはDM200になって、クラウドエディターになったといえるのではないだろうか?

 ポメラは、パソコンのエディター的な操作性を実現している。Ctrl+Aで全部選択、Ctrl+Vで貼り付けといったショートカットキーでの操作が可能になっている。これはポメラの伝統でもある。その意味で、パソコンからエディター部分が独立したものといえなくもない。

 またDM200から採用された無線LAN機能もネットに接続するためというよりは、クラウド上のディスクスペースにファイルを送るためのものだ。さらに後述する印刷機能もこの無線LAN機能で実現されている。

 話をもとにもどそう。

 上記の組み合わせ、すなわちディスプレイ、キーボード、ディスクスペース+αで構成される製品の中に、たとえばPDAも電子辞書も、スマートフォンもタブレットもすべて含まれる。要はその機器の目的・性格によって、ここにどんなものが組み合わされるかがかわってくるだけで、基本的な構成は上記のものの範疇に収まる。

 たとえば、本体に直接つけられたボタン類・ジョイスティックをキーボードの変形と見なせば、携帯ゲーム機になる。

 OSとOS上の各種アプリに加え、常時接続の回線契約とその前提となる通信手段が内蔵されて組み合わされていた場合、そのサイズが小さければスマートフォンだし、大きければタブレットだ。最近ではこの中間にファブレットと呼ばれる大型のスマートフォンも出現している。

 また、ディスクスペースに英和・和英などの各種辞書データを内蔵し、キーボードを装備すればこれは電子辞書となる。この場合、液晶はモノクロでもかまわない。

 ただ、最近の電子辞書はなぜかより高機能になったりしていて、それはとりもなおさず、上記の仮説を図らずも裏付けているようにも思う。

 より大きな液晶ディスプレイと、大容量のディスクスペースを持ち、そこにPC用のOSや各種ソフトウェアがはいっており、タイプしやすいキーボードや、各種外部機器接続のためのインターフェースを持って入れば、それはノートパソコンとなる。ノートパソコンはデスクトップパソコンの可搬タイプとして登場した出自から考えると、各種の外部接続のインターフェース(有線、無線を問わず)は不可欠だ。それは具体的にはUSB端子やBluetooth、無線LAN機能だろう。

○ポメラの構成要素には、ワープロ的な面もある

 前置きが長くなったが、さてでは、ポメラはなんなのか。

 一部にこれはワープロだという論もある。これは、部分的にはあっているが、たまたまの巡り合わせによって、そういう面を備えたのではないかと筆者は考えている。

 ポメラの構成を見てみると、そのことがよくわかる。

 ポメラDM200はモノクロ液晶ディスプレイにキーボードを組み合わせている。ディスクスペースには、おそらくOSに相当するであろうソフトと、エディター、それに各種辞書と簡易なカレンダー機能が載せられている。

 さらにDM200からは、無線LANに対応。クラウドとのシンクロが可能になった(iOS、MacOS利用の場合)。またこの機能を利用し、無線LAN対応プリンターによる印刷も可能になっている。

○ポメラはワープロなのか?

 で、“ワープロかどうか”だ。

 ポメラは、あくまでテキスト作成という目的に特化した機械だ。今、“端末”とうっかり書こうとして思いとどまった。ポメラは端末ではない。ネット接続が前提だったり、その機能を持っていたりはしないからだ。

 無線LAN対応もWeb閲覧のためではない。DM200はメール送信はできるが、それも作成した文章をクラウド上に送るための手段としてであり、メール端末というわけではない。

 やはりと言うべきか、DM200は今回も文書作成に特化したコンセプトで登場した。そして、2016年時点の文書作成は、メールや資料の下書きであり、あるいはEvernoteに送るためのメモ書きだったりする。

 この点は、作成した文書を文字修飾してフォーマットを整えてから印刷することを最終目的としたワープロ専用機とは大きく異なる。ポメラには文字修飾機能がないからだ。

 ポメラがワープロ専用機と共通する点があるとすれば、それは、ネット接続機能がないという点だろう。これは実はある意味偶然の共通点だ。ポメラは、常時接続が当たり前になり、パソコンからスマートフォンに至るまでの各種デジタル機器が常にネットに接続されている現時点で、あえてネット接続機能を排除している。10月の記者発表の席でもそれは強調されていた。

 ワープロ専用機はどうか。ワープロ専用機も当然のことながらネット接続機能はなかった。これはポメラとは事情が異なる。そもそもワープロ専用機が売られていた'90年代ぐらいまでは、インターネットはおろかパソコン通信ですら、ごく一部の好事家のものだった。学生からサラリーマンにいたるまで誰もがSNSのアカウントを持ち、常にネットにつながっている時代ではなかった。

 まとめるとこうだ。ポメラは常時接続の時代にあえてネット接続機能を実装しなかった。ワープロ専用機は、接続すべきネットの利用が一般的ではない時代の機械だったのでその機能はほぼなかった(※1)。
 ポメラがもしワープロ的というのなら、その部分だろう。
 もっともDM200は、無線LAN機能を用いて、文書を対応プリンターからプリントできる。文字修飾機能を問題にしなければ、これはワープロの復活と言えなくもない。
 ともあれ、現時点ではポメラはクラウドエディターという全く新しいカテゴリーの製品ではないかと思う。そしてこのジャンルには競合製品はない。同じ価格帯のタブレットも、低価格ノートPCも、本質的には違う。それがわかっているからこそ、ポメラは製品として市場が成立しているわけだし、ユーザーもそれを支持したのだろう。またその結果として、シリーズが継続し、DM200誕生につながったわけだ。
※1 ワープロ専用機の一部には、オプションとしてパソコン通信用モデムと専用通信ソフトが提供されているものがあった。筆者はかつて、プリンターを内蔵しないワープロ「東芝ルポ90B」とポケットモデムを接続して利用していたことがあった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/20

風水、色、水晶、占星術etc 豊富な読み物で一年が楽しい「わたし時手帳2017」 #手帳ゆる友 #bungu

 世の中には、およそ考えうる種類のいろいろな手帳があります。
 それはサイズとか用途、デザインはもちろん、個性的というのはあまりにもいろいろな種類があります。
 そして最近思うのは、ページ自体にノウハウや記入方法が書いてあり、ガイド的な要素を持ったものが増えているということでしょうか。
 今回紹介する「わたし時手帖」(KADOKAWA)もその一冊です。
 内容が盛りだくさんなのですが、簡単に紹介してみます。
○B6版 月間ブロック+週間バーチカル
 スタイルとしては上記の通りです。紙はクリーム色で目にも優しい感じです。
 その中身は、もろもろの情報がてんこ盛りです。
 まず月間ブロックです。普通の手帳としても使えますが、左ページには、「今月の目標」「todolist」それぞれの欄が縦の矢印で結ばれています。
 また、月齢がピンクで、「太陽の位置」「金星の位置」などの情報が緑色で各日の欄に控えめに印刷されています。これらの解説ページがあり、初心者でも意味がわかるようになっていて親切です。
 週間は変則バーチカルです。土日は均等ですが、時間軸はなく方眼ベースなので、時間軸を自分でふって使うこともできます。また、曜日を区切る罫線はページの半分ぐらいまでなので、下半分は大きなメモスペースとして利用できます。この辺もユーザーの自由度に任されています。
 見開きの左右の下部にも読み物があります。左ページは星に関するメッセージ、右ページは運をあげるためのノウハウです。
○各種情報てんこ盛り 
 この手帳の特徴は、なんといっても、季節の移り変わりやスピリチュアル関連の情報がてんこ盛りなところでしょう。読み物が充実していて、毎日ページを開くたびに、いろいろな発見があります。
 単に記入するだけでなく、記入欄の各部にちりばめられた、ユーザーへのライフスタイル提案が読んでいて楽しいです。
 また月ごとに区切られた週間ページの終わりには、瞑想や恋愛などをテーマにした読み応えのあるコラムが掲載されています。そしてより深く知りたい人のために、取材先のURLが掲載されています。手帳の誌面でできるだけの解説をしつつ、さらなる情報への入り口をしめしているわけです。
 普通の手帳としても、細部が考えられています。クリーム色の紙や、時間軸を排したバーチカルなどでしょうか。また、「新月の願い」を書くピンクの紙がついているのも、それが好きな人にはありがたい工夫です。
 水晶や風水、月齢やことだまなどいろいろな情報が盛り込まれた「わたし時手帖」。
 手帖はつくる人がみている宇宙の反映だというのが、私の仮説ですが、この手帖を作った竹中さんには、豊かな世界が見えているようです。

 ちなみに、竹中さんは私の知人のトモダチでした。またコボリジュンコ氏とコラボでセミナーをやったこともあったりとなにかとご縁があったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/19

『ふせんの技100』がYahoo!ニュースに登場しました #bungu #手帳ゆる友

 Yahoo!ニュースの当該の記事はこちらです。もとは、雑誌「ダ・ヴィンチ」(KADOKAWA)のサイトの記事から配信されたもののようですね。
 「ダ・ヴィンチ」のサイトでは、拙著に紹介された技を実際に試しています。

 もうちょっとこの本のことを紹介しておくと、これはふせんの技ガイドであり、ふせんカタログとしても使えます。そしてふせん文具やふせん活用術本、さらにふせんと、メモ用紙や情報カード、シールとの関係までを考察・定義した、ふせんのことが∀わかる本でもあるのです。

 取り急ぎお知らせでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/16

最新の原点回帰 「1マイ手帳」(カンミ堂)

 カンミ堂の末永社長に初めてお目にかかったのはもう数年前になるかと思う。ちょうど、テンミニッツ手帳発売の直前ぐらいのタイミングで、ご自身で新製品のことについてご説明いただいた。

 それ以来、社内の勉強会の講師としてうかがったり、先日は「カンミ堂ふせんミーティング」というイベントをやらせていただいたりした。

 そのカンミ堂の新しいサービス「1マイ手帳」は、いわば“最新の原点回帰”だ。

 拙著『ふせんの技100』(えい出版社)でも触れたが、ふせん1枚にタスクを書いて並べ替える仕事術は、ふせんを応用した仕事テクニックの基本だ。

 その基本を、複数の色と幅をもったふせんを使い、時間軸が印刷されたボードの形にしたのがテンミニッツであり、さらに日付を入れて冊子スタイルの手帳にしたのがテンミニッツ手帳だった。

 そして、カンミ堂の新サービス「1マイ手帳」は、その原点に立ち返るものだといえる。同社の専用サイトからGoogleカレンダーにログインすると、その時点での予定が含まれた6日分のバーチカル式的な予定表がプリントされる。そして、1時間の縦幅は、同社のココフセンと同じになっている。すなわち、空いた時間の予定ややりたいことをココフセンに記入して、プリントアウトに貼っていくだけで、予定ができるというわけだ。

 使い方は簡単だ。また、印刷できる範囲(6日間、14時間)の制約はある。
 だが、Googleカレンダーのユーザーが、ココフセンを購入するだけで簡単に使い始められるハードルの低さは、今までなかったものだ。そもそも、この形態のサービス自体がなかった。

 Googleカレンダーを印刷して使っていた人はもちろん、紙の手帳をちょっと使ってみたい人にもオススメだ。

 また、ココフセンは、色も幅も豊富に用意されている。短い時間ですむタスクは、縦幅の狭いふせんにするとか、色ごとにタスクの種類を使い分けるなど、それまでのテンミニッツ、テンミニッツ手帳でのてくにっくも使える。

 1マイ手帳の公式サイトはこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/09

黒歴史を抱えた菅未里さんが文具の官能性能にめざめ、文具ソムリエールになるまで。 #bungu

 『文具に恋して』(洋泉社)。
 「マツコの知らない世界」出演でいちやくそのキャラクターに注目が集まっている菅さんの初の著書です。で、タイトルやご本人のルックスからふわっとした文具エッセイなのかと思いきや、決してそうではありませんでした。
 
 本書の要素をまとめると、タイトルのようになります。すなわち
 1回目のテレビ出演でも語られた黒歴史部分
 文具の官能性能に目覚めるまで
 文具ソムリエールとしてのおすすめ
 となります。
 黒歴史(※)とは、菅さんの場合、文具を通じて友達と話せるようになったというエピソードですね。ついついその部分だけが取り上げられがちですが、ご本人の文章でもう一度確認できます。これがChapter1。
 そして官能性能です。
 たとえば1ダース入りの箱の中で鉛筆どうしがぶつかるからからした音。
 あるいは、オニオンスキンペーパーのでこぼこした表面が重なるときのシャリシャリした音の感じ。
 さらには、鉛筆の削りかすの形などが好きなのだそうです。
 本書のChapter3では、これがこれでもかと語られています。
 ふつうに考えるとややネタっぽい印象のエピソードですが、ご本人が語ると説得力が違います。「そんな見方があるんだ」と驚かされるわけです。
 蛇足を承知で私のフレーズを付け加えておくと、“ペンと紙の間にはエロスがある”わけです。
 そして文具ソムリエールとしての顔。たとえばChapter2では、風呂場、接客、自宅などシーンに合わせた文房具の利用提案、および具体的な商品が出てきます。これもそれらが使われる場合の必然性が背景にあります。単なる紹介にはなっていません。
 ソムリエールとしての積極的な提案のエピソードが堪能できるのは、Chapter5です。がっしりした手の男性客、抜けるような色白の女性客のそれぞれにどんなペンをコーディネイトしたか。そのエピソードからわかる菅さんの視点は、それまでの文具本では語られなかった種類のこと、具体的には“人と物との色や印象をベースにした組み合わせ”です。
 文具は道具であり、書き味やブランドヒストリー、使うシーンなどで語られてきました。
 そして、使い手がどんな人で、どんなものが似合うか。それは本書『文具に恋して』がはじめて触れた着眼点なのではないか。そんなふうに思いました。
 文具は実用品であり、ファッションです。そしてその人を語るものでもあります。
 菅未里という人が、文具ソムリエールを名乗っているのは伊達ではない。そんな読後感の一冊です。是非。
※∀ガンダム見てました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

発売中の「プレジデント・ウーマン」で、スマートフォンを使った予定管理について寄稿しています

 雑誌「プレジデントウーマン」でデジタル手帳の使い方について解説しています。

 紙の手帳にはない、デジタルな手帳のメリットを解説した上で、各種アプリとその使い方を紹介しております。
 デジタルな手帳とは、この場合、クラウドサービスおよびそれを利用するためのスマートフォンのアプリやパソコン用Webサイトやソフトのことです。
 どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/07

「日経SYSTEM」10月号に寄稿しています #bungu #手帳ゆる友

 発売中の「日経SYSTEM」に、手帳活用術について寄稿しています。

 「ITエンジニアのための自分を高める 「手帳術」 」と題して、手帳の選び方や使い方について解説しています。また、ITエンジニアで手帳を使われている方の事例も複数紹介されております。
 どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/22システム手帳ユーザーバトル、まだまだ参加者募集中です。#手帳ゆる友

1
1_2
1_3
2_2
3
10/22 システム手帳ユーザーバトルの追加告知です。

○趣旨:システム手帳のユーザー、かつてのユーザー、ユーザー予備軍が集って語る

 システム手帳ユーザーが、自分のシステム手帳活用やバインダー、リフィルなどの自慢をするイベントです。 「私のこのバインダーはここが素敵」「自慢の自作リフィルを見てほしい」「アクセサリーの使い方にはこんな裏技がある」などを存分に自慢してください。
 また、来年からシステム手帳を利用予定の方や、久しぶりにシステム手帳を使ってみたいという方も是非ご参加ください。


○日時:10月22日(土) 13:00~16:00まで。異例の三時間開催です。
 
○参加資格:システム手帳をお使いの方ならばどなたでもけっこうです。ユーザーバトルとなっておりますが、もちろん参加するだけでも大丈夫。適宜質問をしていただければ、参加者の方が答えていただきます。私は司会として質疑を司会進行します。
 なお、今回はレイメイ藤井様協賛ですが、利用しているバインダーやリフィルはどこのメーカーのものでもかまいません。

○参加費:無料です。

○会場:都内オフィス (下記です)

○ショールームも自由にごらんいただけます。
 レイメイ藤井様に場所をお借りしておりますが、当日はショールームもごらんいただけます。
 同社のシステム手帳や高級レポート用紙「ツァイトベクター」などもすべてその目でご確認いただけます。

 今回はメーカー協賛イベント(レイメイ藤井様に協賛いただいております)なので、参加費は無料です。終了後はアンケートや写真撮影(SNSに掲載されます。顔出しNGの方はその旨教えていただければ、映像加工します)もあります。

 すでに数名の方にお申し込みいただいております。コラボイベントは人気が高く、あっという間に満席になります。またメーカー様ご提供のお土産もあります。

 参加ご希望の方はお早めにどうぞ。よろしくお願いします。

 お申し込みはこちらからお願いします。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/05

正常進化したポメラDM200はどう受け入れられるか? #bungu

 昨日キングジムの新しいポメラ「DM200」の発表会があったので行ってきました。
 一言で言えば、書くことに特化したポメラの正常進化型となるでしょうか。
 それは例えば、液晶画面の大型化であり、内蔵ATOKの強化であり、アウトライン機能の搭載であり(※1)、クラウド連携を主な目的とした無線LANの搭載(※2)です。
 発表会でも担当の方が言及されていたとおり、これはポメラなのでWebブラウザは搭載されていません。
 反面、デザインはとても洗練されており、旧来のややワープロ専用機っぽい印象はほとんどなくなりました。DM100では液晶の左右にあった各種ボタン(Bluetooth接続、QRコード表示)などのボタンもなくなりました(ショートカットキーはあります。これはかつての折りたたみモデルのスタイルですね)。
 さらに価格です。税抜き49800円は、ポメラ史上最高です。ちなみに旧機種DM100は38800円でした。
 「(この価格なら)Windowsノートパソコンが買える」という意見は多々出ているかと思いますが、この価格はジャンルとして完全に成熟し、その価値を認めるユーザーが一定以上おり、その層がポメラの今回の機種に対してこれだけの金額を支出しうるという判断がメーカーにあったことの結果でもあります。実際、発表会でもポメラはビジネスマンを始め、記者や作家に愛用されている旨の発言がメーカー側からもなされていました。
 今回のポメラを見て思ったのは、ポメラは一つの新しい製品ジャンルであり、それが成熟したと言うことでしょうか。ガジェット的ではありますが、基本的に単機能=「文章を書く」です。またその部分をとがらせ、盛り込んだ機能もほとんどがそのためのものです。 そしてそのジャンルに競合する他社がいないがゆえに、単機能でも、高価格で高品質な製品が成立しうる。いわばブルーオーシャンです。
 ポメラは、iPhoneをはじめとする各種スマートフォンや、タブレット、それにパソコンなどとは、ユーザー層こそ重なるものの、違うジャンルの製品だ。メーカー側にはそんな認識があったのではないかと思います。
 新しいポメラDM200をユーザーがどう受け止めるか。発売日は10月21日です。
※1 アウトライン機能という名前ですが、実際には記述と表示で擬似的に実現しているというのが正しいかと思います。
※2 対応するプリンターで文書が印刷できる機能もあります。これも従来のポメラにはなかった機能です。
 

↑旧機種DM100を使ったクラウド連携の方法を書いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »