« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016/09/29

KNOXBRAINの新しいリフィルはここが新しい



KNOXBRAINの新しいリフィルはここが新しい



 システム手帳ブランドとして国内最古クラスのブランド、「KNOXBRAIN」(デザインフィル)。スタイリッシュな薄型バインダーLUFTの話題も記憶に新しいところでしょう。

 そのリフィルは最近リニューアルされ、細部が改良されています。

 以下にそのポイントを説明していきます。

・紙は薄いクリーム色

 紙は真っ白ではなく、薄いクリーム色で目に優しく、高級感を持たせています。

・書くことをじゃましない罫線

 よく見ると罫線は単純な直線ではなく、破線です。単純な罫線と比べてこうすることで、インクがよく乗るようになっているそうです。また薄いグレーで書くときにじゃまにならないように考えられています。

・フォントも見直し

 日玉と呼ばれる日付のフォントも、書き文字とのバランスを考慮し、アナログ感のあるものに。同時に同社のそれまでのリフィルとの連続性も考慮し、既存ユーザーにも違和感のないものに仕上がっています。



・強度

 引き裂きに強く、強度が上がっています。これは数値的にも実証されているとのこと。針葉樹の繊維を多くすることで実現したそうです。

・インクののり

 また、“サイズ”と呼ばれるインクののりを決める材料を入れすぎず、閉めすぎず、万年筆での筆記にも対応できるように配慮されているそうです。



 このほかにも罫線のサイズを幅広く展開したり、2mm罫の方眼を用意するなど、記入フォーマットにもKNOXBRAINブランドならではのこだわりがあります。日本にシステム手帳が入ってきて30年近くたちますが、日本製のリフィルがここまで熟成していることには、一種の感慨を覚えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐々木かをり氏にお目にかかりました #bungu #手帳ゆる友

20160927_1420031
佐々木かをり氏とお目にかかりました
 先日、南青山のオフィスにうかがい、佐々木かをり氏から直に手帳のお話をしていただきました。
 場所は佐々木氏の(株)イー・ウーマンのオフィス。先方は佐々木氏を含めて4名で音声とPCのタイピングによる記録がされていました。
 佐々木氏から「アクションプランナーはどんな手帳か」と聞かれたので、
「土日均等の週間バーチカル+ガントチャート、メモ」とこたえ、私が、手帳は時間軸というOSがインストールされたノートであり、その限りにおいて、どのタイプの手帳も同じ。それは、レッツノートとThinkPadがWindowsパソコンとしては同等なのと本質的には同じだという旨のことを伝えました。
 こういう私の考えを聞いた佐々木氏は、それでも時間管理ができる唯一の手帳は「アクションプランナー」である旨の説明をされました。
 それは、A5版であり、30分刻みの時間軸であり、あるいはToDoリストを作らないやり方なのだという旨の説明をされました。また、ToDoリストは作らない独自の方法が時間管理の秘訣の一つであることや、アクションプランナーのユーザー同士の独自の響き合い、たとえば、客先にユーザーがいたことなど、ここでは書き尽くせないようないろいろなお話をうかがいました。
 そして、「アクションプランナーだけが時間管理用の手帳だ」という考えに関して決定的に腑に落ちたのが、以下の写真の記入例でした。
 そこにはシンプルに行動と移動時間だけが書かれていました。逆に言えばそれ以外のことはほぼ書かれていませんでした。
20160927_1326041
↑アクションプランナーの記入サンプル
 とくに最近の手帳は、欲張りになっており、予定も行動記録やログや健康管理の情報などいろいろな項目が書かれるようになっています。それは、モレスキンやほぼ日手帳のようなライフログに使われる手帳が普及したことでもあります。一方で文具ブームでもあり、マルチペンやふせんを使った各種テクニックが知られるようになっています。
 そして、佐々木氏が推奨するアクションプランナーの使い方は、時間管理のみなのです。もちろん、ご自身でも「欄外にメモを書いてもいいし、チェックボックスをいれてもいい」とおっしゃっていたのですが、基本的にはこういうシンプルな使い方を推奨され、セミナーも開催されています。
 そして手帳の根本的な機能はつきつめればこういうスタイルに戻るのではないかとも思いました。その意味でアクションプランナーは手帳の根源的なスタイルを現時点でも体現しており、逆に言えば、今の手帳のユーザーとは対極にあるように思われました。
 日本に手帳が入ってきて150年以上がたつわけですが、手帳の意味は今も変わりつつあり、何度目かの過渡期かもしれない。そんなことを意識させられた体験でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016/09/26

書店に本を注文したり在庫を確認したりするときに必要な3つの情報

 とくにリアル書店で本を買う場合には、絶対に押さえておくべき3つの情報があります。

それは、書名 著者 出版社です。
 私の近刊の例で言えば
『ふせんの技100』
舘神龍彦(たてがみたつひこ)
えい出版社

 となります。

 世の中にはおびただしい数の本があります。その中から自分が欲しい一冊を確実に手に入れたり、予約したりするためには、この3つの情報をきっちり知って押さえることです。
 オンライン書店の場合は、キーワード検索すれば,その単語に関連する書籍の書影が複数表示されます。そのどれかをクリックすれば、タイトル、価格、などの各種情報が表示されます。

 ところがリアル書店ではそういうことができません。店頭で問い合わせをしたり、棚を実際にみれば別ですが、少なくとも電話で予約したり、在庫確認をしようとする場合は、確実な情報が不可欠です。それが上記の3つの情報なのです。

この3つを必ず押さえることで、自分がほしい一冊を手に入れられる確率が高まります。
 このことはリアル書店が好きで、そこで本を買っている人なら意識せずにやっていると思います。もしやったことがないのなら、是非意識しましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『ふせんの技100』(えい出版社)は全国各地の書店でもお求めいただけます(大手書店様リスト入り) #Bungu #手帳ゆる友 #ふせん100

 『ふせんの技100』(えい出版社)、おかげさまでみなさまにお読みいただいているようです。

 確実に入手するには、オンライン書店以外にお近くの書店にお問い合わせの上でご購入いただければと思います。以下に主な大手書店チェーンのリストを記します。どうぞよろしくお願いします。
 あおい書店様

http://aoishoten.co.jp/%E5%BA%97%E8%88%97%E4%B8%80%E8%A6%A7/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/21

10/22 13:00~ 「システム手帳ユーザーバトル」参加者募集中! #手帳ゆる友 #bungu

 表題のイベントを10/22に開催します。

○システム手帳ユーザーバトル

趣旨:システム手帳ユーザーが、自分のシステム手帳活用やバインダー、リフィルなどの自慢をするイベントです。
 「私のこのバインダーはここが素敵」「自慢の自作リフィルを見てほしい」「アクセサリーの使い方にはこんな裏技がある」などを存分に自慢してください。

日時:10月22日(土) 13:00~16:00まで。異例の三時間開催です。

参加資格:システム手帳をお使いの方ならばどなたでもけっこうです。ユーザーバトルとなっておりますが、もちろん参加するだけでも大丈夫。適宜質問をしていただければ、参加者の方が答えていただきます。私は司会として質疑を司会進行します。
 なお、今回はレイメイ藤井様協賛ですが、利用しているバインダーやリフィルはどこのメーカーのものでもかまいません。

参加費:無料です。

会場:都内オフィス(お申し込みの方にご案内させていただきます)。

 今回はメーカー協賛イベント(レイメイ藤井様に協賛いただいております)なので、参加費は無料です。終了後はアンケートや写真撮影(SNSに掲載されます。顔出しNGの方はその旨教えていただければ、映像加工します)もあります。

 すでに数名の方にお申し込みいただいております。コラボイベントは人気が高く、あっという間に満席になります。またメーカー様ご提供のお土産もあります。

 参加ご希望の方はお早めにどうぞ。よろしくお願いします。

 お申し込みはこちらからお願いします。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/19

『ふせんの技100』9/20発売です。#bungu #手帳ゆる友 #ふせん

 明日、9月20日に私の新しい本『ふせんの技100』(えい出版社)が発売になります。
 タイトルからもわかるように、今回のテーマはふせんです。
 利用シーンごとにわかれた3つの章は、それぞれ各種ふせんのカタログとしても利用できます。
 また、各種のふせんを分類し、ふせんを活用した“ふせん文具”や、独自のふせん活用法をまとめた本を紹介した“ふせん活用術本”の紹介を読むことで、現在のふせんをめぐる状況がすべてわかります。
 ふせんに関する本は数々ありますが、ふせん各種とその分類、ふせん文具や活用術本を網羅したものは、本書が初めてです。もちろん現時点でネットにもそういうまとまった情報は出ていないはずです。
 ふせんという文具のジャンルが現在どうなっているのか、それを概観できる一冊です。カタログ的に読むこともでき、ジャンルの広がりも実感できる。ぜひご一読ください。よろしくお願いします。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/16

『ふせんの技100』 9/20発売です。 #手帳ゆる友 #bungu

 新しい本、『ふせんの技100』 9/20発売になります。取り急ぎお知らせさせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

逆算手帳を見てきました #bungu #手帳ゆる友 #手帳2017

 昨日、コボリジュンコさんの逆算手帳のおひろめの会に行ってきました。
 以前からいろいろお話を伺い、また相談もされていたのですが、実物はとてもおもしろかったです。以下思いつくままに
○ダブルマンスリー
 まず、予定記入欄の構成としてはダブルマンスリーです。しかも月間ブロック+ガントチャートというちょっと変わったタイプ。またそれぞれの当月のページに簡単にアクセスするための工夫があります。
○具体的な記入例
 ビジョンを記入する見開きのページがありますが、その記入例に見開き2ページが割かれておりとてもカラフルかつ具体的です。
○薄い
 1年分で80ページととてもコンパクトで薄いです。表紙はきめ細かな白ですが、薄いのでノートカバーに入れてつかうのに便利です。
○A5サイズ
 同じサイズのノートと併用しやすいです。ちなみにコボリさんは、方眼ノートをお使いでした。
 というわけで、今年は通販のみらしいですが、気になる人は是非チェックしてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/15

A5スリムサイズ、分冊、一日一ページの新型手帳「DISCOVER DIARY WALLET」 #手帳ゆる友 #bungu

○一日一ページ手帳はどうしても重くなる
 いわゆる一日一ページタイプの手帳は、ほぼ日手帳オリジナルを筆頭に、EDiT(マークス)、NOLTY U365(JMAM)など各社から登場しています。
 このタイプは一日ページが最低365面はあるのでどうしてもページ数が多くなり、そのために重くなる傾向がありました。
 元祖たるほぼ日手帳オリジナルは、この問題に分冊タイプを登場させることで対応しましたそれが「ほぼ日手帳オリジナルAVEC」です。これは月ページと一日ページを半年分にまとめたものが年の前半と後半の2つの冊子になっています。

○新タイプ「DISCOVER DIARY WALLET」は月間+一日ページ2分冊
 そして、このジャンルに新タイプが登場します。それがDISCOVER DIARY WALLET(ディスカヴァー・トゥエンティワン)。
 やはり分冊のタイプですが、ほぼ日手帳オリジナルAVECと異なるのは3分冊になっていることです。
 まず月間冊子。方眼ベースで、2016年11月~2018年3月までの16ヶ月分が含まれています。ガントチャートや便覧もついています。
 そして一日ページ冊子が2冊。これは年の前半(1月~6月)と後半(7月~12月)です。これを専用のカバーにセットして使います。具体的には月間冊子と一日冊子の2冊をカバーの内側にセットして利用します。

○ページは方眼ベース
 一日一ページ、月間、メモページとも方眼ベースです。一日ページの時間軸は6時~24時を中心とした24時間表示です。
 この分冊構造はなかなか考えられていると思います。
 まず、通常は月間+一日ページ冊子の組み合わせで利用します。これだと普通の一日ページタイプよりも軽く持てます。
 次に月間と一日ページを同時に開いて見比べることができます。長期予定を見ながらその日の予定を考えるときに便利です。2つの期間が同時に見られるタイプの手帳は最近各社から発売されていますが、一日一ページタイプとしては初めてだと思います。
 次に冊子単独でも利用できること。月間ページだけでも予定の概要は確認できます。
 またたとえば休日に出かけるときには、一日冊子だけを持ち歩けば、その月の仕事のことは考えずにすみます。
 
○サイズはA5スリム
 サイズはA5スリムです。このサイズは厳密なサイズというよりは、実際にはカテゴリーという程度の枠だと思います。この中にモレスキンラージや、トラベラーズノートの大きなタイプ、ジブン手帳なども含まれています。つまりサイズがちゃんと合えば、これら用の周辺ツールや専用ノートが利用できるわけです。
 現時点で試してみたところ、ジブン手帳用の下敷きはぴったりでした。またファスナーケースもカバーの内側にぴったり収まりました。
 ※ジブン手帳については、「Biz」の登場も含め、徹底解説できればと思っています。これは私が巻末で佐久間さんと対談させていただいた『ジブン手帳公式ガイドブック2017』で実現できなかったことでもあるので。

○トレンドを押さえつつ新しい使い勝手を実現
 DISCOVER DIARY WALLETは、一日1ページの分冊化というトレンドを押さえて軽量化を実現しつつ、月間と一日という2つの面を同時に見ることもできるようになっています。さらに、各分冊を単独で使うことでシーンに合った使い方もできます。そしてA5スリムという汎用性のあるサイズを採用することで、他社製の周辺ツールを簡単に流用できます。

 というわけで、DISCOVER DIARY WALLET、非常に可能性があり魅力的な手帳だと思います。実際、メーカーであるディスカヴァー・トゥエンティワン社内でも人気だそうです。
 次回はページの細部も含め、もうちょっと詳しく解説します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/11

手帳オフ:手帳マイルールを作ろう 無事終了しました。 #bungu #手帳ゆる友

 手帳オフ:手帳マイルールを作ろう 無事終了しました。

 参加者の皆様には、ご自身の手帳利用を振り返る機会としてご利用いただけたかと思います。また、今回から利用した新しいワークシートの有用性も裏付けられました。
 今後も手帳マイルールのオフを開催しようと思います。
今回ご参加いただけなかった方も、次回は是非いらしていただければと思います。
 どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016/09/07

9/10(土) 14:30~ 天狼院書店にてふせん活用術+メタGTDワークショップ開催します #bungu #手帳ゆる友 

 表題のイベントを開催します。

 天狼院書店では、過去に何回もステーショナリーラボ+メタGTDワークショップを実施しております。
 前回の様子はこちらをごらんください。
 
 今回は、ふせんのサンプルも特別にプレゼントします。市価500~800円相当のものを用意しております。
 さらに、ふせん見本帳を用意します。各種ふせんを貼ったノートを回覧できるように用意します。
 ふせん活用に興味がある方。メタGTDワークショップを経験してみたい方、是非いらしてください。どうぞよろしくお願いします。
 天狼院書店の告知とお申し込みはこちらになります。
 どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »