« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015/07/25

EDiTアイデアノートはyPadと合わせて持つのにちょうどいい #bungu #techo #ypad

Ey

 マークスの新しいプロダクトとして注目されている「EDiTアイデアノート」。
 このノートと、あのyPadの相性がいいというお話です。

 
 手帳とノートは同時に持ち運びたいもの。だからサイズが揃っているのは基本条件とも言えます。手帳だけで済ませられればベストですが、どんどん追記したり、記録したプロジェクトが終了したり変わったりすることで、ノート側は自ずから入れ替わっていきます。
 で、yPadは同じように横開きで使える手頃なノートが見当たらなかったのですが、EDiTアイデアノートがちょうどいいのではないかと。

 この2つ、サイズがほぼ同じぐらいなんですね。だから重ねて持ち運ぶのにちょうどいい。横長で横に開くのも、両方とも同じ。で、たとえば、アイデアノートのバンドを利用して2つをまとめるなんてこともできます。

 アイデアノートには、色バリがありますが、こういう用途なら、やはり黒=ミッドナイトブラックがベストチョイスかと。yPadのクリーム色の表紙とのコントラストもキマります。
 と思ったのですが、現行モデルyPad5の表紙は茶色です。これなら、ミストグレーが似合うでしょう。
 
 補記 yPadはすでに何世代も経ていますが(※上記写真は初代モデル)、サイズは基本的には大きく変化していないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/24

「Pat-mi」に見る、新しいプロダクトの生み出し方

 昨日の「ワールド・ビジネス・サテライト」(テレビ東京系)でもレポートされていた新しい手帳「Pat-mi」。
 「ジブン手帳」で知られる佐久間英彰さんの新しいアイデアの手帳です。
 私は、TV放映に先立つ21日(火)に、特別に佐久間さんに見る機会をいただきました。
 で、一目見てそのアイデアの巧みさに驚きました。
 それがどんなものだったかは、トレたまの動画を見ていただけばと思います。

 本稿の主題は、この新しい工業製品がどのように成り立っているのかについてです。

 機構とアイデアは驚きなのですが、それ以外の部分では実はオーソドックスなんですね。

 まず、一ヶ月と一週間を同時に見られる手帳としては、「モーメントダイアリー」(グリーティング・ライフ)や「ツイン手帳」(学研ステイフル)などがありました。問題をどう解決するかのアプローチは違いますが、手帳の考え方としては以前からあったわけです。

 また、月ごとに分冊にするアイデア。これは既存の手帳にもありました。
 そしてA5版というサイズ。同サイズのノートと併用しやすく、そこが受け入れられやすいと思います。
 また、表紙カバー部分には、コクヨの伝統が生きています。コクヨは帳簿の表紙製造から始まった会社であり、このカバーもそういう作りだからです。

 月間週間を、驚きの機構で同時に見ることを可能にした「Pat-mi」。それ以外はオーソドックスだったり、生産する会社の伝統を生かしたりしています。
 新しいものを生み出し、世の中に伝えていく上で、いろいろな教訓を含んでいるプロダクトだと思います。

10:50 追記
 構造が、電話帳のようだという意見がありました。確かにその通りで、インデックスが重なるように並んだ家庭用電話帳が、昔はありました。
 ただ、そこに日付というデータを載せて手帳にするのは誰も思いつかなかったわけで、そういう意味でも着眼点がすごいと思うわけです。
 念のために言えば、ぱっと見は似ていても構造は違います。その辺も佐久間さんの苦心の結晶というわけです。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/15

MDS商談会でお話しさせていただきます。

Mdsjpg

 明日の7/16(木)、MDSの商談会でお話しさせていただきます。
 20分ほどのミニセミナーです。手帳の今までと今後の可能性がテーマです。

 関係者の皆様、どうぞよろしくお願いします。

 ※ 上の写真は本日の様子です。多くの方に来ていただき、立ち見まででていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/13

舘神龍彦の超文房具ナイト、7/16にやります

 表題のイベントを、7/16(木) 19:00~ 開催します。 
 場所は、藤沢のコワーキングスペース「NEKTON」です。

 当日は、メタGTDの考え方をもとに文具とは何か、手帳とは何かをお話しします。

 そのうえでみなさまの文具活用についてシェアできればと思っています。

 詳しくは、facebookページをご覧ください。どうぞよろしくお願いします。




 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/02

7/29(水)「敏腕営業マン齋藤博の売上げ数億円を実現する手帳で営業術セミナー」開催します。 #手帳 #techo

 7/29(水) 19:00~ 表題のセミナーを開催します。

 

スィンク株式会社の代表取締役、齋藤博氏は、文具業界35年の敏腕営業マンです。
 かつて在籍したデザインフィルにおいては、スリムなシステム手帳の規格「ナロー」を開発し、現在では主力商品「スティッピー」によって、東京糸井重里事務所や、フランクリ・コヴィージャパンなど名だたる有力メーカーと取引。その売上げは1アイテムで数億円に達します。

 その齋藤氏が培った手帳を使った営業テクニックのすべてをお伝えするセミナーを開催します。

[日時] 7/29(水) 19:00~21:00 (途中15分ほど休憩あり)
[場所] 都内会議室を予定
[講師] 齋藤博(スィンク株式会社 代表取締役) 
[参加費] 3240円(税込み ソフトドリンク付き)
[お申し込み] nozawa@beacle.jp まで、「150729参加希望」のタイトルでメールでお申し込みください。メール本文には、お名前(会社名)、当日の連絡先電話番号、参加の抱負などを記していただければと思います。折り返し、会場、お振り込み先などをお知らせします。

 先着29名様で受付を締め切ります。参加ご希望の方はふるってお申し込みください。
 どうぞよろしくお願いします。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/01

Kindle用電子書籍は、スマートフォンやタブレットでも読めます 

 Kindle用電子書籍は、専用端末でなくても読むことができます。
 これは、すでにKindle用書籍を購入したり、あるいは刊行したりしている人ならばよく知っている事だと思いますが、念のためにご紹介。

 Kindle用電子書籍をスマートフォンやタブレットで読むためには専用のアプリをダウンロードします。iOS、Andoroidのそれぞれに対してアプリが提供されています。最近、Windows用のKindleアプリが日本でも提供開始されたようです。

 詳しくは、Amazonのこちらのページをご覧ください。

 ちなみに、私もKindle用書籍を2冊書いています。こちらもよろしくお願いします。



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »