« HIRATAINDER バイブルサイズをメモ帳として使う | トップページ | 先日のセミナーは、メタGTDに関する部分も好評でした #手帳 #techo »

2015/06/08

エディターで入力した文章を自動的にEvernoteにも保存する方法

 ふだん利用しているエディターで入力した文章は、Dropboxと同期したフォルダに保存してあります。これをEvernoteにも保存して、最近入力した文章を簡単に検索できるようにするにはどうすればいいかを考えてみました。
 パソコンで入力する文書はほとんどエディターを使っているのでこうすると便利だろうとかんがえたわけです。
 また、エディターは、ホームポジションから手を動かさずにほとんどの操作ができる、ダイヤモンドカーソルに対応しています。Evernoteに直接入力する場合はダイヤモンドカーソルが使えないので、隔靴掻痒感があったわけです。

 結論から言えば、エディター側の、キャッシュを保存するフォルダをEvernoteのインポートフォルダにしておけばいいと気がつきました。
 私が使っているQXエディターでは、バックアップフォルダの設定があり、これをEvernote側の設定でもインポートフォルダにすればいいわけです。

Qx
↑QXエディターの設定画面を開いたところ。二重保存のフォルダをEvernote側でもインポートフォルダに設定する。

Evernote
↑Evernote側の設定。上記のキャッシュフォルダをインポートフォルダに設定する。

 で、やってみたらできました。
 実際には、キャッシュファイル作成時のログのようなファイルも生成されてEvernoteに入ってしまいましたが、ファイルはEvernote上でノートとして普通に見られます。スマートフォンやタブレットで、最近書いたテキストが見られるのは意外と便利です。

150609追記
 この方法だと、しばしば以下のようなエラーメッセージが出ます。いちいち閉じるのがちょ面倒ですが、有効な解決方法が見当たらないのでこの部分はあきらめています。それでも、エディターで入力した情報について、Evernoteで検索できる(外出先でスマートフォンでも)のは便利だと考えています。
Evernoteerror

補記:Evernoteは6年ぐらい使っています。もっと使いこなして便利になるはずだと思っています。今までやってきたことも含めて、ここで紹介していくつもりです。


|

« HIRATAINDER バイブルサイズをメモ帳として使う | トップページ | 先日のセミナーは、メタGTDに関する部分も好評でした #手帳 #techo »

Evernote」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

ライフハック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/61712193

この記事へのトラックバック一覧です: エディターで入力した文章を自動的にEvernoteにも保存する方法:

« HIRATAINDER バイブルサイズをメモ帳として使う | トップページ | 先日のセミナーは、メタGTDに関する部分も好評でした #手帳 #techo »