« NOLTY登場に関する補足 (誠Biz.ID記事関連)#bungu #techo | トップページ | サラサ(ゼブラ)のボディにシグノ(三菱鉛筆)のリフィルを入れて使う #bungu »

2013/06/24

ScanSnapSV-600登場

 以前のエントリーで、本を解体せずにスキャンする方法について触れた。もう3年前だが、表題のスキャナーが登場したのであらためてご紹介。

 すでに各所でレビュー記事なども出ているが、ScanSnapSV-600は、本を解体せずにスキャンするスキャナーの現時点における決定版といえるだろう。要は書画カメラみたいなスタイルで、上部にあるセンサーが移動して、下部に置かれた書籍などをスキャニングする。ゆがみ補正や明るさ補正の機能もあるようだ。詳細はこちらを参照して欲しい。

 このスキャナー、一部報道では自炊(ユーザー自身による書籍の電子化)を促進し、書籍の販売を圧迫するのではないかと言われているが、そうはならないのではないだろうか。
 確かに、それまでの似たような構造の機種とは違って、ゆがみ補正機能やページめくり検出機能などによって快適なスキャニングができる。しかしだからといって、これを導入して自炊する人が激増するとも思えない。理由の一つは、書籍を分解せずにスキャンできるにせよ、それは裁断機を使って、iX500のような機種でスキャンするよりはずっと時間がかかるからだ。

 ともあれ、書籍の部分的なスキャンや、貴重な書籍、旧い書籍のスキャニングには、便利だろう。

 

これですね。

|

« NOLTY登場に関する補足 (誠Biz.ID記事関連)#bungu #techo | トップページ | サラサ(ゼブラ)のボディにシグノ(三菱鉛筆)のリフィルを入れて使う #bungu »

アナログ/デジタル」カテゴリの記事

スマートフォン/PDA・ガジェット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/57657421

この記事へのトラックバック一覧です: ScanSnapSV-600登場:

« NOLTY登場に関する補足 (誠Biz.ID記事関連)#bungu #techo | トップページ | サラサ(ゼブラ)のボディにシグノ(三菱鉛筆)のリフィルを入れて使う #bungu »