« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013/04/04

発売中の「家電批評」5月中にちょっとだけ登場しています。#bungu #techo


 発売中の雑誌「家電批評」5月号にちょっとだけ登場しています。
 第三特集「デジタル文房具活用術」の中の
「デジタル文房具ユーザーの鞄の中身、拝見!」というページです。見開き2ページに総勢11名の例がぎっしりカラーで載ってます。ぜひごらんください。どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/02

ネタでした

 昨日の「手帳音頭メジャーレーベルからCD発売」というエントリーは、エイプリルフールのネタでした。

 いろいろな反響がありました。曰く「iTunesストアで先行販売しているのを見た」「5000枚予約した」「福山雅治がカバーするらしい」「マイルス・デイビスも演奏するらしい」etc
 これらの反応は、ネタに乗っかったネタであり、こちらも楽しませていただきました。

 ただ中には、本当に信じてしまった方もいらっしゃいました。
わざわざ、「メジャーデビューおめでとうございます。次は紅白出場ですね」とメールでお知らせいただいた方もいらっしゃいまして・・・。

 というわけで、4/1の夢でした。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

発売中の『すごい文房具ゴールデン』(KKベストセラーズ)に登場しています #bungu #techo #手帳


 発売中の雑誌『すごい文房具ゴールデン』(KKベストセラーズ)に登場しています。
 「4月から使える技あり手帳15選」がそれです。
 やはり乗り換えを想定していますが、こちらはバイヤーズガイドの要素が強い読み物です。
 特に各手帳について、機能別に「4月始まり」「メモ欄充実」「スマホ連動」などの6つのアイコンを用意し、各手帳の特徴をわかりやすく表示しています。

 あらためて手帳の細部を見ると、機能に工夫を凝らしていることがよく分かります。記事中では各手帳の特徴が分かる写真もカラーで掲載しています。

 こちらの雑誌も見どころ読みどころ満載。 どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/01

4月からの新生活にぜひ!『使える!手帳術』 Blogでも多くの方にご紹介いただいています。#bungu #techo #手帳 


 拙著『使える!手帳術』(日本経済新聞出版社)は、手帳の基本的な使い方を解説した一冊です。
 目次は以下のようになっています。

第Ⅰ章 手帳はこんなふうに使える!
第Ⅱ章 スケジュールを見える化する
第Ⅲ章 情報を取り込む・取り出す
第Ⅳ章 ライフログをとる、リストを作る
第Ⅴ章 デジタルとアナログの合わせ技
第Ⅵ章 マイ手帳を作る

さらにコラムとして
 「手帳ですべてがうまくいく?」
 「達人たちの時間観」
 「カードからクラウドへ」
 「現代こそ大航海時代」
 「デジタルとアナログの間」
の5本が入っています。

 いろいろな方がBlogで紹介してくださっています。発売からしばらく時間がたっていますが、この本をより多くの方に読んでいただきたいので、ここで紹介させていただきます。

 アラフィフのクラウドな気分
【書評】使える!手帳術(舘神龍彦 著)

『超』文具 HACKS!
基本の型を身につけよう『ビジュアル 使える!手帳術』

・Kaitsのスクラップ・ブロッグ(Scrap Blog)
使える!手帳術

・Find the meaning of my life.
【本レビュー】まさに手帳の取扱説明書!!『ビジュアル 使える! 手帳術』(舘神龍彦 著)

・木の葉燃朗の「本と音楽の日々」
[書評]手帳術の不易と流行:舘神 龍彦『ビジュアル 使える! 手帳術』(日経文庫)

・sohiroのブログ(仮)

「使える!手帳術」著書(舘神龍彦)を読み終えて。& スタンドアローン機器って気になる

 この4月から新社会人になった方、また新しいことにチャレンジしたいという方は是非ご一読ください。
 新年度にあたり、あらためて紹介させていただきました。どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【速報!】あの手帳音頭がついにメジャーレーベルからCD発売! #bungu #techo #手帳

 NHK教育テレビ「めざせ!会社の星」から生まれ、文具祭りなどで披露してきた歌「手帳音頭」が、ついにメジャーレーベルからCD発売されます。

 詳細は、現時点では明らかに出来ませんが、つい先日、あるレーベルからオファーを受けました。発売を刮目して待て!(待っててね)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »