« 誠BizlIDに「スマート文具をもう一度考える」を寄稿しました #bungu | トップページ | 人気ノート作家が編み出した“オルタナ・モレスキニズム”の金字塔。 『歩くのがもっと楽しくなる 旅ノート・散歩ノートのつくりかた』 #bungu »

2013/03/31

誠Biz.lIDに「“書き味重視”で、どこまで割り切って作るか――シャープ「電子ノート」開発秘話」を寄稿しました #bungu

 表題の記事を寄稿しました。こちらですね。

 シャープの電子ノートは、スタイラスペン+液晶パネルという、アナログ的な記録手段ながらデジタルなツールです。

 そして保存されるファイルはデジタルではありますが、手書き認識とか検索といった、従来のPDAなどが提供してきたアシスト機能はあまりありません(ファイル作成日時による検索機能はありますが)。その意味で、デジタルのメリットとは何かを考える上でとても興味深いツールだと思います。また、実際に取材して、開発検討段階にある次世代モデルには、現行機にはない、クラウド対応への可能性もあることがわかりました。
 ガジェットが好きな方や、電子文具に興味があるかは是非ご一読ください。どうぞよろしくお願いします。


4/7 追記
「開発検討段階にある次世代モデルには、」という文言を加えました。これがないとわかりにくいと判断したためです。どうぞよろしくお願いします。

|

« 誠BizlIDに「スマート文具をもう一度考える」を寄稿しました #bungu | トップページ | 人気ノート作家が編み出した“オルタナ・モレスキニズム”の金字塔。 『歩くのがもっと楽しくなる 旅ノート・散歩ノートのつくりかた』 #bungu »

アナログ/デジタル」カテゴリの記事

スマートフォン/PDA・ガジェット」カテゴリの記事

文房具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/57072686

この記事へのトラックバック一覧です: 誠Biz.lIDに「“書き味重視”で、どこまで割り切って作るか――シャープ「電子ノート」開発秘話」を寄稿しました #bungu:

« 誠BizlIDに「スマート文具をもう一度考える」を寄稿しました #bungu | トップページ | 人気ノート作家が編み出した“オルタナ・モレスキニズム”の金字塔。 『歩くのがもっと楽しくなる 旅ノート・散歩ノートのつくりかた』 #bungu »