« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012/04/25

『シゴタノ!手帳術』 #bungu #techo #手帳


 『シゴタノ!手帳術』 


 およそ世の中には手帳術と名のつく本はたくさんある。手帳をどう使うか、どんな目的に使うかでその趣旨が異なってくる。
 そしてこの本のスタンスは明確だ。手帳の使い方ではなくつきあい方を説明した本ということだ。また、仕事を楽しくしたいという思いがありそれに貢献するツールとしての手帳の使い方を解説している。
 『シゴタノ!手帳術』の著者は2名。一人はBlog「Hack for CreativeLife」の北真也さん。もう一人は、「R-Style」の倉下忠憲さんだ。
 この本は、お二人が使っているほぼ日手帳を例に、クラウドとアナログツールをどう併用するかの実例を詳しく紹介している。

 本書が今日的なのは、デジタルとアナログのメリットデメリットを見据えた上で、クラウドが得意なこと、手帳でやるといいことのそれぞれをきちんと洗い出し、それにそった使い方を紹介しているところだ。

 もうひとつ、今風だなと思えるポイントは、手帳術のブレンド例であることだろう。
 第三章には、ほぼ日手帳を使いながら、フランクリン・プランナーの考え方と、GTDの手法をミックスさせ、クラウドツールも併用する方法が紹介されている。これは北氏の担当パートだ。

 現時点において手帳を有効活用しようとしている人ならば、いろいろな手帳術の本を読んでいると思われる。その中には「7つの習慣」とかライフハック関連の本などもあるだろう。そして北氏は、ほぼ日手帳を使いながら、2つの手法を組み合わて自家薬籠中のものとしつつ、オリジナルな活用方法を編み出しているのだ。
 これが万人に役立つかどうかはわからない。また北氏も同書中で自分の方法が読者に完全には応用できないかもしれない可能性について言及している。
 だが、やろうと思えば、複数の方法や考え方を組み合わせた手帳の使い方は生み出せるという例を提出した点で本書は新しいといえるだろう。

 個人的におもしろかったのは、倉下氏の担当パートである第4章「自分の記録を蓄積する、ライフログ式手帳術」だ。ここで倉下氏はほぼ日手帳カズンをライフログの各種項目を記録するツールとして利用している。
 たとえば一日のページを三分割し、「行動記録・出金管理」「感情・思考ログ」「ノート部分」というふうに使い分けている。ページを分割して何種類かの記録を継続して行うやり方は、やる人はやっていると思うが、Googleカレンダーや各種クラウドツールを使っている(解説書まで書き!)人もその点は古風な活用方法なのだと知ることができておもしろかった。
 また月間ブロックページは、自分の心のコンディションを簡潔に書いた“エゴログ”にしたり、バーティカルの週間ページは各作業の所要時間見積もりを含む計画立案用に使うやり方が紹介されている。

 手帳は自由度の高い道具だ。それゆえにどう使えばいいかわからないような事態もありうる。逆に使いこなそうと構えるあまり迷路に入り込んでいるようなこともあるだろう。そして本書は、ほぼ日手帳カズンを例に手帳をどう使うか、手帳とどうつきあうかの具体例を、クラウドツールとの併用も念頭に置きながらかなり具体的に書いている。

 もう一つ本書が画期的だと思えるのは、共著のスタイルであることだ。
 それまでの手帳術の本は、“○○さんが編み出した方法”か、活用事例集のどちらかだった。そして本書は、ほぼ日手帳カズンを共通項にしつつ、共著のスタイルを、手帳活用には決定解がないことの暗喩としているようにすら思える。

 アナログとデジタルの併用。ライフログや行動記録などの各種テーマの記録をどうとるか。本書は手帳の活用に迷っている人にはいくつものヒントが見つけられるはずだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/17

ココフセンのカードタイプはチャージもできて便利

 ケース自体がふせんのように貼って剥がせる構造が便利な、カンミ堂のココフセン。

 そのココフセンに新タイプが登場しています。その名も「ココフセン・カード」。ココフセンのコンパクトさはそのままに新たに、カードサイズのケースに5色の付箋をセットしてあります。

 最大のポイントは、チャージできること。カード型ケースの裏側にはスリットが設けられており、専用の「ココフセン・チャージ」で、付箋を補充できます。

 ケースのサイズはクレジットカードとほぼ同じ。手帳の内ポケットやカード用スリットにもピッタリはいります。

 色と柄、ふせんの幅で4タイプが揃っています。価格は「カラーM」「ドット」「ストライプ」が525円(税込み)、「カラーS」が609円です。

 ※ 「カラーM」「ドット」「ストライプ」は、付箋の幅が11ミリのタイプ、「カラーS」は幅5.5ミリのタイプです。

 ココフセンのユーザーの方は要チェックです。

↓こちらは通常タイプ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/14

本日の手帳オフではありがとうございました

 今回は、PLAYOFFブランドでおなじみの若越印刷株式会社様に会場提供をいただき、それぞれの立場で綴じ手帳を作られている5人の方をパネラーに迎えての会でした。

 同じ綴じ手帳というくくりではあっても、大手メーカーから発売されている方から、個人で販売され、オンラインや丸善でも扱いがある方、オンラインで数百部を販売している方、販売を目指されている方、完全にワンオフの方とそれぞれケースは違いました。ではありますが、5名の方が一堂に揃い、お互いに共鳴されている様は、大げさでなく感動的でありました。

 私なりに感じながらお話の軸とさせていただいたのは、汎用的なフォーマットから個別の記入欄・ページ構成に至るまでのグラデーションにおいて、設計のこだわりポイントに応じて手帳の形が決まってくるのだなと言うことです。

 時間軸の区切りや長さ、メモページの考え方、余白の取り方、ワークフローの回し方などポイントとして各パネラーにおはなしいただき、質疑応答をしたのですがあっという間に過ぎた3時間でした。

 パネラーのみなさん、参加してくださったみなさん、どうもありがとうございました。

 またこういう機会が持てたらと思います。

 また、会場をご提供いただき、いろいろ便宜を図っていただいた若越印刷株式会社様にも改めてお礼申し上げます。同時開催の「手帳を楽しむ会」に加え、参加者のみなさまにお土産まで御用意いただけたこと、本当にありがたく、またうれしく思いました。
 このたびはありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いします。

4月18日 追記

若越印刷株式会社様の社名表記をミスタイプしておりました。修正して正しい表記にさせていただきました。若越印刷株式会社様ならびに関係者の方にご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。

5月4日 追記

 参加者のお一人、「余白手帳」の髙原様もBlogで当日の様子を紹介してくださっています。4/16付けの「手帳オフに行ってきた。本編」という記事がそれです。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2012/04/13

手帳カスタマイズ術』台湾での翻訳出版が決まりました #bungu #techo #手帳

 拙著『手帳カスタマイズ術』の台湾での翻訳出版が決まりました。先日、版元のダイヤモンド社から連絡がありました。

 台湾では、日本の自己啓発書の翻訳が出ることはそう珍しいことではないと思います。ただ、この本は、決して自己啓発書に分類されるものではなさそうです。それどころか、手帳をカスタマイズするという提案、あるいは手帳のコントロールパネルという、考え方の枠組みによって、“何か一つの目的のために手帳をオーガナイズし活用する”という従来の考え方を、ある意味で否定しているようなところがあるわけです(この辺が人によってはわかりにくいのかもしれません)。

 そういう内容の同書が、翻訳されることは大きな驚きです。
 何より喜ばしく、またうれしいことです。この本を買って読んでくださったみなさまのおかげです。ここにあらためてお礼させていただきます。ありがとうございました。


 


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/04/09

「手帳を楽しむ会」(若越印刷株式会社) 開催 #techo #手帳 #bungu

 PLAYOFFブランドでおなじみの若越印刷株式会社が表題のイベントを開催するようです。

 開催時期は、4月12日(木)~4月14日(土)の3日間。
 場所は、東京都港区の「ふくい南青山291」です。
 当日は手帳ができるまでのパネル展やオリジナル手帳を自分で作れる「手帳工房」など
のコーナーが用意されているようです。

 くわしくは、こちらのWebページをご覧ください。ご興味のある方は是非。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/02

「超」整理手帳 オフ会でミニ講演しました


 先週土曜日、3/31に講談社で行われた「超」整理手帳 ユーザーオフ会でミニ講演をしました。今回のメインテーマは、「超」整理手帳のiPad、iPhoneアプリの活用でした。
 まず第一部では、野口悠紀雄先生による、「超」整理手帳やそのアプリをもちいたタイムマネジメントに関する講演がありました。続いて、スーパーコンシューマーブランドで展開している「デザインできる手帳」の紹介がユーザー各氏からありました。

 私は第三部に登場し、手帳がカスタマイズの時代であること、新旧各機能を手帳に統合するためには(またはアウトソースするには)、手帳のコントロールパネルという考え方が有効であることをレクチャーしました。また、とくにデジタルとアナログに関する部分は、『スマートフォン「超」活用法』(講談社)に寄稿した内容を元におはなししました。

 手帳のコントロールパネルについては、みなさまに用紙を配布して書いていただきました。参加者のみなさまがお互いに他の方が書いたものを興味深そうに見ていたのが印象的でした。
 手帳のコントロールパネルは、フレームワークとして有効である実感を得たので、別途エントリーでアップしようと思います。

 この日は、昨年出演した「めざせ!会社の星」でご一緒させていただいた方に、声をかけていただきました。最近イベントや発表会ではこうやって初対面の方にご挨拶いただくことが少しずつ増えていてありがたいことです。

 参加者のみなさま、どうもありがとうございました。また、ゲストとして呼んでくださった講談社の方にもお礼申し上げます。どうもありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »