« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011/03/31

手帳取材キャラバンはじめます #techo #bungu

 手帳取材キャラバンをはじめようと思います。

 スケジュール管理やToDoリスト、スマートフォンとの併用術、ライフログなど手帳の各種活用方法に関して、みなさまの事例を取材させていただきます。
 手帳の種類は問いません。基本的には関東近県の方に、東京か横浜でお目にかかって見せていただき、お話を伺い、写真撮影をさせていただければと思います。また、効率面も鑑みて、一回で複数人の方に取材できればと考えています。

 取材した内容は、みなさまに同意いただいた上で、このBlogなどで発表させていただければと考えております。

 詳細は近日中に発表させていただきます。どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/03/28

館神Blogの手帳オフはこんな感じのあつまりです  #bungu #techo

 表題の件についてきちんと説明したことがなかったのであらためてエントリーをたてます。ざっくりと書いてみます。

 館神Blogの手帳オフは、手帳を使う人が種類を問わずに集まり、情報交換をする集いです。

 参加者の手帳の種類に制限はありません。ほぼ日手帳、能率手帳、システム手帳、超整理手帳、フランクリン・プランナーなど実に様々な手帳のユーザーが集まっています。

 初めて開催したのは、2007年ごろ。それから毎年続いています。年3,4回やってます。
 参加者は全国から集まります。国内では九州、またドイツからの参加者がいらっしゃったこともありました。
 大手手帳メーカーの方やご自身で手帳を作っている方も参加されます。彼らと、元文具メーカーの営業マンらとの会話は手帳作り、手帳業界の深部を垣間見るような奥深さがあります。
 リピーター率も高いですが、毎回新しい参加者の方もいらっしゃいます。

 また、今年1月にはNHK教育テレビ「めざせ会社の星」でもその様子が紹介されました。
 日経ビジネスアソシエの文具術特集にも複数の参加者が登場しています。たとえば、2011年4月5日号「文具術」特集には、P24、P25、P32(2名)にそれぞれ登場しています。

 さらに有名なビジネス書作家の方数名も(独自に)参加されたことがあります。

 来る4/23(土)のテーマは自作です。さてさて、今度はどんな濃い議論が出てくるのか。興味(と悩み?)はつきません。我こそはと思う方、また手帳に興味がある初心者の方も大歓迎です。参加ご希望の方は、是非いらしてください。tategamiblogアットマークgmail.com まで「110423参加希望」というタイトルでお願いします。お待ちしております。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

手帳オフ4/23開催します  #bungu #techo

 3/19に開催予定だった自作手帳オフをあらためて、4/23(土)に開催したいと思います。
以下に概要を記します。

日時 4/23(土) 13時~16時ごろまで
場所 都内会議室(大手町を予定)
定員 20名程度
会費 3000円

 参加者には、「トコだけ手帳2011」(市価1800円。詳細はこちら)をもれなく一冊進呈します。

また、スライド手帳(こちらです。)のサンプルも進呈します。

自作手帳オフに参加ご希望の方はどうぞお急ぎください。

 tategamiblog+110423@gmail.com まで「110423参加希望」のタイトルでメールをいただければと思います。定員に達し次第締め切ります。

 どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/25

スライド手帳壱式到着しています #bungu #techo

Rimg0332

 中小企業診断士、佐川氏の手になる画期的手帳「スライド手帳」が到着しました。
 その詳細は追って紹介させていただきます。お楽しみに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/03/17

3/19手帳オフは延期します

 すでに参加申込をされたみなさまにはメールでお伝えしましたが、今週末3/19開催予定の手帳オフは開催を延期したいと思います。

 今回の措置は、このたびの東北関東大地震の影響を鑑みてのことです。参加者数も少なくないこの種のイベントでは来ていただいたり、また無事に帰っていただくのも難しくなる可能性もあり、このような形にさせていただきました。
 参加希望者のみなさまにおかれましては何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。                                 舘神龍彦

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/13

東北関東大地震について

 今回の地震で被害にあわれたかたに心からお見舞い申し上げます。
 また、なくなられた方にお悔やみ申し上げます。

                                  舘神龍彦

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/10

リフィルと組み合わせてメモ帳に使うのに手頃なバインダー #bungu #techo

 

 レイメイ藤井のこのバインダーは、リフィルを挟んでメモ帳代わりに使うのに最適です。 リング径がちいさいぶんかさばらず、またバインダーの内側にはポケットなどもありません。とてもシンプルでリフィルを挟んだときに妙な段差が生じにくい。  私も先日購入して使っていますが、なかなか具合がいいです。価格も手ごろだしオススメだと思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/07

自作カード作成用にも使える情報カード コレクト「情報カード 印字用 5×3サイズ」 #bungu


 これはいいかも。自分だけの自作情報カードを作るのに最適ではないかと。100枚入りでばんばん使っては捨てられる。キャプチャーやスキャンして保存するのにも手軽なサイズです。

 インクジェット、レーザープリンター、熱転写プリンターなどの各種プリンターに対応しており、0.2㎜とやや厚口です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

攻めの読書スタイルを作り上げる必須の一冊『本300%活用術』


 ビジネス書を中心として、書籍は常にビジネスマンの関心をひくアイテムである。
 最近では、電子書籍やスキャナーを用いた“自炊”、オンライン書店や蔵書の管理など、本を取り巻く環境や本自体もその形を徐々に変えつつある。
 本についての本は、『本を読む本』(J・モーティマー・アドラー 講談社)とか、『読書について』(ショーペンハウエル 岩波文庫)とか昔からいろいろある。そして『本300%活用術』は、本を取り巻く現在の状況を念頭においてどのようにつきあえばいいかを概観した本活用のガイドブックだ。2007年刊行の『本200%活用術』をベースに、本を取り巻く今日の状況を踏まえて編集されている。
 まず、巻頭には伊藤真(「伊藤塾」塾長)氏、レバレッジ・シリーズで有名な本田直之氏といった読書の達人のインタビューがある。続く本文は以下のような構成だ。
第1部 自分スタイルの読書術を身につける
第1章 選び方
第2章 読み方
第3章 活かし方
第4章 整理の仕方
第5章 速読術を身につける

第2部 自分スタイルの読書環境を整備する
第6章 自分書斎をつくる
第7章 御用達書店をつくる
第8章 図書館を活用する
第9章 クラウド書斎を使いこなす

 とまあ、こうやって紹介するととてもオーソドックスな読書術ガイドのように思えるが、その内容と切り口には飽きさせない工夫がある。
 第1章の「選び方」ひとつとっても、名著から選ぶ、ブログのおすすめを選ぶ、価格で選ぶなど、いろいろな方向性での提案がある。そのひとつひとつにはきちんと説明付けがなされている。たとえば価格では、1.700円前後の新書 2.ソフトカバーの1500円前後のソフトカバー 3.2000~3000円のボリュームのある本に区分。価格と難易度には比例関係があると指摘。難易度の低い低価格の本から徐々に専門性を高めていくことを進めている。
 続く第2章の「読み方」には、仮説を立てて読むことを勧める一説がある。本を読む前にどんなことが書いてあるか見当をつけておくと、中身が頭に入りやすくなるというのだ。そしてビジネスの現場では、この仮説力が交渉・打ち合わせに際して、相手の反応を予測しながら自分の発言をすることにつながり、読書はその訓練になるとしている。また計画的に読む方法として、手帳を使うやりかたも紹介されている。
 そのほか書き込み方や併読の方法、特定テーマを読み込む方法なども紹介されている。
 とまあ紹介していけばきりがないほど内容は盛りだくさんだ。
 速読術や電子書籍、さらに自炊の方法や具体的なやり方にも触れている。
 そのほか、古書店や図書館とのつきあい方、著作権フリーのネット図書館、KindleやiPadなどの読書用機器、タブレット端末も紹介されている。
 本を積極的に活用し、自らの血肉としたいと思っている人には、一読の価値がある。本書はそんな本についての本である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/03

3/19自作手帳オフ プレゼント企画あります。 #techo #bungu

 3/19(土)開催の手帳オフについて、プレゼント企画を発表します。
当日ご参加いただいたみなさまには、市販品もかくやという自作手帳を一冊進呈します。
 それが、このトコだけ手帳(1800円相当)。早朝4時から翌4時までの24時間バーティカル型で、ポケットにもすっぽり入るサイズです。

 参加枠もあとわずかになってまいりました。自作手帳オフに参加ご希望の方はどうぞお急ぎください。

 tategamiblog+110319@gmail.com まで「110319参加希望」のタイトルでメールをいただければと思います。定員に達し次第締め切ります。

 どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »