« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010/11/29

12/4手帳オフはこんな感じで進行します。

 いよいよ今週末に開催する手帳オフ。今回は、手帳オフの実際を紹介。さらに今回のテーマ「手帳とスマートフォン併用法」に関して、とくにどんな方にきていただきたいかについて簡単に触れたいと思います。

○進行
13:00~ 開場
13:30~13:45 テーマ解説と前提の整理
 まず、毎回のテーマに関する簡単な説明を私がします。今回は、手帳とスマートフォンの併用に関して問題となる3つの機能、すなわち予定、タスク、メモに関してそれぞれどんなやり方があるのか基本機能を解説します。ここまでで約10~15分。なるべくコンパクトにまとめます。

13:45~14:30 討議1
14:30~14:45 休憩
14:45~15:30 討議2
15:30~15:45 休憩
14:45~15:30 討議3
15:30~16:45 交流
 上述のテーマに沿ってみなさまそれぞれのやり方を討議していただきます。私が司会となり、流れを整理しつつみなさま相互に意見交換をしていただきます。
 また討議終了後には、参加者のみなさま相互の交流の時間を設けます。

 すでにお申し込みいただいている十数名の方は、みなさんテーマに関心があるわけですが、手帳だけを使っている方、スマートフォンですべてまかなっている方、スマートフォンアプリに強い方なども是非いらしてください。テーマを中心に多様な関心をお持ちの方が集まることで、討議の内容がより深まると思います。

 12/4手帳オフはまだまだ参加を受け付けております。都内の大きな会議室で13時~開場予定です。
 tategamiblog@gmail.com まで「101204参加希望」というタイトルでメールをいただければと思います。
 メール本文には、
お名前、
ハンドルネーム、
連絡先電話番号
当日の抱負
などを記していただければと思います。なお、メールアドレスをはじめとする
みなさまの個人情報は厳正に管理し、手帳オフ関連以外のご連絡で使用することはありません。

○2011年版各種手帳サンプルを見ていただけます

 当日は、ジブン手帳(講談社)、就活手帳、王様のブランチ×PAGEM A6ウィークリー(日本能率協会マネジメントセンター)、「超」整理手帳各種(講談社)、テンミ ニッツ手帳(カンミ堂)、ライフハックプランナー(トライストラムス/コクヨS&T)、PLAYOFF(若越印刷)などの2011年版手帳各種を お持ちします。みなさん是非見てみてください。 ※順不同

 お待ちしております。どうぞよろしくお願いします。

 

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2010/11/25

フランクリン・プランナー・ジャパンに聞く「人生が変わる手帳の使い方」

 表題の記事を誠Biz.IDに寄稿しました。こちらをご覧ください。よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/24

『人生は一冊のノートにまとめなさい』『手帳はiPhoneに変えなさい』

 本日、別々の出版社から2冊の本を献本いただいた。
 それが表題のもの。『人生は~』はダイヤモンド社、『手帳は~』はアスキー・メディアワークス刊だ。

 タイトルが何となくにているのはともかくとして、この2冊は文具やガジェットを取り巻く私たちの現状をよく示していると思う。記録やスケジュール管理は、デジタルでもアナログでもどちらでもできる。

 別にアナログとかデジタルとかどちらかにこだわる必要はほぼないと思える。実際この2冊の中でも「アナログを撲滅せよ」とか「冷たいデジタルは滅べ」とか感覚的なことばかり言っている訳じゃなくて、むしろその逆だ。

 この2冊は近日中にきちんと紹介させていただきます。

補記:これって想像と違って、アナログな『人生は~』の著者のほうが、『手帳は~』の著者よりも若いんです。デジタルネイティブなどと言われがちな世代のほうが、アナログなものへのこだわりがあるというか。別の角度から見ると、『手帳は~』の著者のほうが、PDAが豊穣だった時代を経験しているぶん、iPhoneに抵抗がないのかもしれない。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/22

12/4手帳オフ申し込み受け付けています(情報番組の取材入ります)

 12月4日「手帳オフ」、今回のテーマは、「スマートフォンと手帳の併用術」です。

 以前もこのテーマで開催しましたが、今回はスマートフォンユーザーが増えていることを鑑みての開催です。iPhoneの方はもちろん、AndoroidOSの各機種の方にもきていただければと思います。

 私は、最初の10分ぐらい話しますが、あとはみなさまそれぞれに意見交換をしていただければと思います。もちろん、話を聞くだけでも大丈夫です。

以下の要領で開催します。

・日時:12月4日(土) 13:00頃~16時頃まで

・場所:都内 貸し会議室(有楽町近辺。申し込みメールをいただいた方に直接お知らせします)

定員:30名(先着順に受付させていただきます。※大きな会場を確保できたので増やしました)最近はすぐ定員になってしまうのでお早めにどうぞ。

会費:2000円

 参加参加ご希望の方は、tategamiblog@gmail.com(@は半角にしてください)まで
 「101204手帳オフ参加希望」のタイトルでメールをください。

 本文には、
 お名前(ハンドルネーム) :当日 名札に印刷します
 携帯電話番号
 当日の抱負

 などを記していただければと思います。

 みなさまの参加をお待ちしております。どうぞよろしくお願いします。

 当日は、全国ネット局の情報バラエティ番組の取材カメラが入ります。撮影不可の方はその旨お申し出ください。配慮させていただきます。
 また、今回は大テーマ(手帳とスマートフォンの併用)があり、さらに
・スケジュール管理
・メモ管理
・プラン
・その他の用途(読書記録、企画立案、アイデア蓄積、ダイエットetc)

などのそれぞれについて、私の司会の元にディスカッションしていただければと思います。

 手帳オフは、手帳が好きな皆様にお集まりいただき、使い方や周辺のアイテムの情報交換をしていただくイベントで、2007年の第一回の開催以来、3年間の間に十数回開いてきました。のべ参加者は100名以上になりました。手帳メーカーの方もたまに参加されます。

補記:当日は、参考のために、2011年版手帳各種をお持ちします。みなさん是非見てみて

ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/19

みなさまありがとうございました

 昨日の手帳オフに参加してくださったみなさま

 ありがとうございました。みなさまのおかげで今回も無事手帳オフを開催することができました。
 今回は発表される方の時間制限の設置や、参加者のみなさまの相互交流の時間をもうけるなど、運営面でのいくつかの点を意識してみました。おかげさまで好評のうちに終了することができました。

 ありがとうございました。みなさま、また次の手帳オフでお目にかかりましょう。どうぞよろしくお願いします。

※ 当日参加された方でBlogに手帳オフのことを書かれるときは、このエントリーへのトラックバックをお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010/11/18

取材・打ち合わせのテーマは大きめのふせんに記入しておく

最近実践しているこの方法、わりと便利です。

打ち合わせや取材などではあらかじめ、テーマ(聞きたいことや決めること)を洗い出しておきますよね。でもって、それをノートに書いておく。打ち合わせや取材が始まるとそれをたびたび参照するわけです。

そこで困るのが、ノートのページがどんどん進んだとき。聞きたいことや決めることを書いたページをいちいち見直すのには、ページをさかのぼってめくらなければならないわけです。

そこで、大きめのふせんを使います。ここにテーマを書いておく。そして、ページをめくるたびに貼り直せば、いつでも参照できるわけです。想定される流れとか注意点なども書いておくといいと思います。こういうケースで悩んだことがある方にはおすすめの方法です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/17

野口悠紀雄教授に取材しました

 「「超」整理手帳」for the iPad に関して野口悠紀雄教授に取材しました。
 紙とデジタル、それぞれのアドバンテージや限界のはなしはうなずくところが多々ありました。とても楽しかったです。

 記事がアップできたら追ってお知らせします。とりいそぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

誠Biz.IDに寄稿しました:「世紀末覇者に学ぶ成功哲学――アミバ天才手帳&世紀末覇者手帳」

 表題の記事を誠Biz.IDに寄稿しました。
 こちらをご覧ください。

 それにしても、昨年の「シャア専用手帳」といい、今度はどんなキャラクターが手帳になって出てくるのでしょうか?

 いっけん簡単に思えますが、これは作り手がその作品の“世界観”を理解した上で手帳のフォーマットに落とし込む必要があるわけで、それなりに手間のかかる作業だと思えます。その作品世界を理解し一定以上の愛情がなければ難しい行為だとも思うわけで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/13

12/4手帳オフ参加申し込みを受け付け開始しました

 12月の「手帳オフ」を開催します。

 手帳オフは、手帳が好きな皆様にお集まりいただき、使い方や周辺のアイテムの情報交換をしていただくイベントです。今回のテーマは、「スマートフォンと手帳の併用術」です。

 以前もこのテーマで開催しましたが、今回はスマートフォンユーザーが増えていることを鑑みての開催です。iPhoneの方はもちろん、AndoroidOSの各機種の方にもきていただければと思います。 いわば呉越同舟がこの手帳オフの特徴です。

 私は、最初の10分ぐらい話しますが、あとはみなさまそれぞれに意見交換をしていただければと思います。
 もちろん、話を聞くだけでも大丈夫です。

以下の要領で開催します。

日時 12月4日(土) 13:00頃~16時頃まで

場所 都内 貸し会議室(予定)

定員は20名。会費は2000円です。

 参加ご希望の方は、tategamiblog@gmail.com(@は半角にしてください)まで
 「101204手帳オフ参加希望」のタイトルでメールをください。
 本文には、
 お名前(ハンドルネーム) :当日 名札に印刷します
 携帯電話番号
 当日の抱負

 などを記していただければと思います。

 みなさまの参加をお待ちしております。どうぞよろしくお願いします。

補記:当日は、参考のために、2011年版手帳各種をお持ちします。みなさん是非見てみてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/11/09

「テンミニッツ仕事整理術」(東洋経済新報社)

 専用ふせんでスケジュール管理をするツール「テンミニッツ」。その考案者であり発売元の社長、末永卓氏がテンミニッツ発案から開発、発売に至るまでを語った本が登場しています。それが、この「ふせんでカンタン! テンミニッツ仕事整理術」です。

 テンミニッツが、なぜどうやって誕生したのか。その発明の物語は、新しいヒントを常に求めているビジネスマンにも役立つはずです。僕はその部分を読んだときに驚きと共感を感じました。

 テンミニッツを使っている人も、そうでない人も是非一読を。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/08

予告:12/4(土)手帳オフ開催します

 来月12/4(土)に手帳オフを開催します。詳細は追って告知します。
 今月の手帳オフに参加できなかった方、また参加したい方、初参加の方、リピーターの方、いずれも大歓迎です。テーマなどは追って告知します。

 ではよろしくお願いします。

  11/9 追記: テーマは「手帳とスマートフォン併用術」です。日経ビジネスアソシエの調査にもあったように、多くのユーザーがこの二つを併用しています。また、iPhoneにつづき、スマートフォンの種類も増えてきました。そこでこの2つの併用術について考えていきます。例によって発表と討議、そして交流の時間を持ちます。もちろん参加するだけでも大丈夫。

 正式な参加受付は今週末にこのBlogで行います。お楽しみに!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

本日のJ-WAVE番組「HelloWorld」に出演します

81.3MHzのFM局、J-WAVE。毎週月曜日から金曜日、22:00~23:55 オンエアの

番組「Hello World」。の本日放送分に出演します。

 

手帳のトレンドや、おすすめ手帳、使い方のコツなどについて話す予定です。

首都圏にお住まいの方、またradicoでJ-WAVEをお聞きの方は是非チェックしてみてください。

どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/05

番組制作ご協力のお願い

 このBlogを見てくださっている方にご協力のお願いです。
 昨日、全国ネットのテレビ番組スタッフの方から、次のような依頼がありました。

a.スマートフォンと手帳の併用術に長けた方
b.手帳を使って成功した方(またはその途上にある方)

 いずれも20~30代のビジネスマンを想定しております。
 我こそはという方は、tategamiblog@gmail.com (@は半角にしてください)まで
「番組協力希望」というタイトルでメールをお送りください。

 メール本文には、
a.の場合は、具体的な併用方法やテクニック。そのテクニックをどんな場面で活用しているか
b.いつ頃からどんな方法を実践しているか。またその結果どうなったか

 などを記していただけると助かります。また、取材の都合上
首都圏にお住まいの方(または首都圏にいらしていただける方)に限らせていただきます。
どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »