« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010/08/30

手帳オフスペシャルX47まとめ

 今回参加されたのは7名の方。うち3名の方がそれ以前の手帳オフに参加経験のあるリピーターでした(このうち1名の方は、前回X17の    回に参加した方でした)。

 初参加の方も、リピーターの方も皆さんそれぞれに手帳にこだわりがある様子が、討議の中から伝わってきました。各種綴じ手帳やシステム手帳、ほぼ日手帳や、「超」整理手帳、フランクリン・プランナーなどはもちろん、PalmやNewton、200LXやPC110などのPDA、小型PCに通暁された方もいらっしゃいました。

 みなさまがどのようなご意見をお持ちだったのかは、それぞれのBlogをごらんいただくとして、ここでは話題に上ったポイントをざっと紹介していきましょう。

・箱には高級感がある
 黒いマットな箱はX47のロゴも誇らしく、高級感をかんじさせるものでした。ただ、中の製品自体は、縫製などについてやや厳しい意見もありました。

・ブックバイブックシステムについて
 スプリングバーと呼ばれる金具で専用のリフィルを脱着するしくみは斬新に受け止められたようです。リング式のシステム手帳とは違い、見開きで記入しても手にリングが当たらないところは綴じ手帳さながらで自然に受け止められたようです。ただ、リフィルの価格や供給体制、互換性についての注文もありました。安定して安価に供給されることは、リフィル式の手帳には常に望まれるものですね。また、紙質もチェックされていました。やはり薄さと裏うつりは今回もきびしくチェックされていました。
 リフィルに対しては、「鉛筆で書いているのではないか」という意見もありました。日本は、各種ボールペンや万年筆など、おびただしい種類の筆記具があり、クリアすべきレベルは高いのでしょう。

・価格
 品質とともに話題になったポイントです。今回のサンプルは、半年分のウィークリーリフィルと方眼リフィルの2冊のリフィルがセットされていました。そして同じ機能を持つより安価な手帳はほかにもあるという指摘はありました。
 ただ、この薄さと機能性をどう評価するかで価格に対する見方はわかれるでしょう。

・サイズ
 ドレスシャツのポケットになんとか収まりそうなサイズは評価する方もいらっしゃいました。このサイズであることの必然性やリフィルの互換性や収納力も話題に上がりました。

・手帳術
 機能的には優れておりコンパクトさもあるX47スリムラインを、どう評価するかは、この手帳はどのような手帳術が可能になり、それが能率の向上にどのように寄与するかで変わってくるのではないか。これが今回の手帳オフでの一応の結論でした。
 そしてそれは、X47&X17CEO・ビュットナー氏のBlogで明らかにされることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010/08/28

昨日はありがとうございました

 昨日の手帳オフスペシャルX47に参加されたみなさま。
 大変ありがとうございました。このところの手帳オフでは毎回思うのですが、みなさまとの意見交換の結果、またしても新しい発見がありました。少しだけ触れると、X47の真価は、その手帳術が明らかになったときに見えると言うことでしょうか。

 次回開催も検討したいと思います。みなさま本当にありがとうございました。
 またの機会によろしくお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2010/08/26

8/27 手帳オフスペシャルX47。参加申し込みは締め切りましたが・・・

 今週金曜日開催予定の手帳オフスペシャルX47について。
 twitterでも予告したように、申し込み受付はいったん締め切りました。
 現在の参加者は8名で、欠員1です。

 ただ、サンプルはいらないけれど、参加したいという方もいらっしゃるかもしれません。
そのようなご意向の方には、サンプルなし枠を特別に2名分設けたいと思います。
 参加費は2000円です。参加希望の方は、本日23時30までに
 tategamiblogアットマークgmail.com (アットマークは@に変えてください)
まで、「100827サンプルなし参加希望」のタイトルでお申し込みください。
 また、当日実物を見てサンプルがほしくなった方は、参加費の差額(3000円)をお支払いいただければ、サンプルを進呈します(その逆は付加です)。

 どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/08/23

X47 A6スリムラインの写真

 8/27日の手帳オフは、参加していただくみなさまにX47 A6のバインダーとリフィル2冊のセットを評価していただきます。
 具体的には、
・A6スリムライン(8400円相当)のバインダー
・リフィル2種類(2010年版ウィークリーカレンダー(バーチカル)、後期分 1冊+方眼リフィル 2冊合計2500円相当) のセットです。

 このA6スリムライン、実際にはどんなものかちょっとお目にかけましょう。
まず、箱はこんな感じ。
Rimg0899
 なかなか高級です。

 次に表紙の革はこんなふうです。
 Rimg0962
 これまたハイグレードな感じですね。サイズはA6ですが、バインダーの外形が文庫本とほぼ同じぐらい。日本でいうA6よりももう少し小さい感じです。

 そして、バインダーを開いて、リフィルをはずしたカット。
Rimg0964

 ひものしおりは赤とシルバー。リボンと呼んでも差し支えないぐらい、やや幅の広いタイプです。ちなみに上のカットは、リフィルを外したところ。ブックバイブックシステムの特徴であるスプリングバーは、こんなふうになっています。

 手帳オフスペシャルX47(8/27 18時半会場 19時~21時)、参加申し込み締切まであと1日と少し。参加希望の方は、tategamiblog@gmail.com まで「100827参加希望」のタイトルでメールをお願いします。参加枠は残り2名。お待ちしております!

『ビジネス書のトリセツ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/22

蒔絵シールでカスタマイズしたノック式万年筆

Dvc00199_2

 先日、取材にきてくださった納富廉邦氏(All About 男のこだわりグッズガイド )が持っていたのが標題の万年筆。パイロットのキャップレス万年筆に、蒔絵シールをあしらうことで独特の雰囲気を生み出している一品でした。蒔絵は凹凸のあるタイプで、風格まで感じられるものでした。納富氏はそのほかにも、自家製の布でできたiPadケースなどもお持ちで、持ち物を本当に楽しまれている大人の余裕のようなものが伝わってきました。

 こういう趣味は一朝一夕には身につかないのでしょうが、いつかこんなすてきなものに囲まれるようになってみたいですね。

「8月27日手帳オフスペシャルX47」 参加者募集中! 申し込みはこちらのエントリーをごらんになった上でお願いします。 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010/08/21

欠員出ました+申し込み締切は25日:手帳オフスペシャルX47

 8月27日開催の手帳オフスペシャルX47ですが、欠員が1名でました(※)。
 ですので、参加枠は1名増えて残り2名様となりました。

 また、参加申し込み締切は整理の都合上、25日(水)いっぱいとしたいと思います。

 参加ご希望のかたは、こちらのエントリーをご覧の上で、tategamiblogアットマークgmail.comまで「100827参加希望」のタイトルでメールをお送りいただければと思います。

 どうぞよろしくお願いします。

 ※参加予定の方から急遽仕事の予定が入った旨のご連絡をいただきました。早めに連絡していただきありがとうございました。またのご参加をお待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010/08/19

8/27 手帳オフスペシャルX47 参加の方におわたしする手帳

 表題の件について、改めて説明させていただきます。

 今回の手帳オフスペシャルX47は、ドイツのメーカーX47&X17の手帳を実際に見てもらい、参加者の皆様相互に、意見交換をしていただいた上で、手帳をお持ち帰りいただきます。

 そして今回の製品は、X47スリムラインA5です。詳細はこちらのWebページに紹介されております。

 具体的には、「X47スリムラインA6ベーシック」のバインダー(8400円相当)に
 *2010年版ウィークリーカレンダー(バーチカル)、後期分 1冊
 *方眼リフィル ※1500円~2500円相当
 がセットされます。

 日本本格上陸のX47にじっくり触れるにはまたとないチャンスです。
 参加枠は残り1名様となりました。

 お申し込みは、tategamiblog@gmail.com まで「100829参加希望」のタイトルで
メールをお送りください。

 どうぞよろしくお願いします。

※ 8/23 追記 サイズ表記を直しました。また参加者枠は残り2名です。参加ご希望の方はどうぞよろしくお願いします。

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010/08/17

参加枠残り1名となりました:手帳オフスペシャルX47

 標題の手帳オフですが、いち早く皆様にご応募いただいたおかげで残席1名となりました。
 今回の企画概要をもう一度以下に記します。

 日時 8月27日 18時半開場 19時開始(2時間ほど) ※ 予定

 開催概要:ドイツの手帳「X47」の実物を見ていただき、
 その使いこなしの可能性について、意見交換や提案などをしていただく会です。
 特定の手帳をテーマにディスカッションするタイプのオフは、前回に続いて2回目です。

 場所 東京大手町

 募集人数:あと1名(全部で9名)

 参加費:5000円(X47 A6スリム イン 1万円相当付き)

 いよいよ残り1名となりました。参加希望の方は、tategamiblog@gmail.com までお早めにどうぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/13

参加枠残り2名です:8/27 手帳オフスペシャルX47

 手帳オフスペシャルX47 ですが、参加枠が残り2名となりました。
 参加を希望される方はお早めにどうぞ。今回の参加概要については、こちらのエントリーをご参照ください。

 tategamiblog@gmail.com までご連絡ください。どうぞよろしくお願いします。

8/13 12時補記:残り1名となりました。参加申し込みは先着順です。この機会に参加されたい方はお見逃しなく。どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/12

参加枠残り5名となりました:手帳オフスペシャルX47

 昨日告知した、手帳オフスペシャルX47 ですが、はやくも参加枠が残り5名となりました。
 ※参加申し込みをされた皆様ありがとうございます。追って詳細を連絡させていただきます。

 前回もそうでしたが、このところ定員いっぱいになるまでのペースがはやくなっています。
参加を希望される方はお早めにどうぞ。
 tategamiblog@gmail.com までご連絡ください。どうぞよろしくお願いします。

 ※補記 8/12 19時現在 残り4名となりました。参加希望の方はどうぞお早めに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/11

参加者募集:手帳オフスペシャルX47 8月27日

 標題の手帳オフを開催します。

  日時 8月27日 18時半開場 19時開始(2時間ほど) ※ 予定

 開催概要:ドイツの手帳「X47」の実物を見ていただき、
 その使いこなしの可能性について、意見交換や提案などをしていただく会です。
 特定の手帳をテーマにディスカッションするタイプのオフは、前回に続いて2回目です。

 場所 東京大手町

 募集人数:先着9名

 参加費:5000円(X47 A6スリムライン 1万円相当付き)

 参加資格:Blogをお持ちの方で、手帳・文具に興味がある方。また参加後その手帳についてBlog上で取り上げていただける方

 申し込み:tategamiblog@gmail.com まで「100827参加希望」のタイトルでメールをお願いします。

 参加は先着順になります。
 また、前回の手帳オフスペシャルXに参加していない方を優先させていただきます。
 定員枠がいっぱいになりましたら、定員がうまった旨ここで告知します。
 前回も予想より早めに定員に達しました。
 参加希望の方はぜひともおはやめに上記メールアドレスにご連絡ください。
 どうぞよろしくお願いします。

8/19 追記
 手帳のサイズをA6とご案内していましたが、正確にはA5でした。
お詫びして訂正させていただきます。

8/21 追記 

 手帳のサイズはやはりA6で間違いありませんでした。メーカーに確認しました。再三の訂正になってしまい申し訳ありませんでした。どうぞよろしくお願いします。

2011年の手帳

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/08/05

誠Biz.IDに寄稿しました:ドイツの手帳は世界一ィィィ!? 冊子をはさんで使う「X47&X17」の社長に聞いてみた+手帳オフスペシャルX47開催予告

 表題の記事をWebサイト「誠 Biz.ID」に寄稿しております。記事はこちら

 また、近日中に、手帳オフスペシャルX47と題して、X47の「A6スリムライン」をテーマにした手帳オフをやります。
参加費は予価5000円。定員は9名です。参加された方には、X47・A6スリムライン(1万円相当)を一人一冊お持ち帰りいただきます。

 詳細は追ってお知らせします。こちらもお楽しみに。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/08/03

手帳のコントロールパネル

 手帳にはコントロールパネルが必要ではないか。  いや、一部の手帳にはそれがきちんと意識されているし、意識されていないものを買ってきて、自分でコントロールパネルを作っている人もいる。でも、その違いは見えにくいし、見えない人は、いつまでもジレンマの中にいるように思える。  

 ちなみに、ここでいうコントロールパネルとは、Windowsのコントロールパネルみたいなイメージです。  拙著『手帳進化論』で少し触れた、手帳術チェックシートをもっと発展させたようなものではないかと考えています。
 イメージがもうちょっとはっきりしてきたら、また触れます。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/08/02

X47:ブックバイブックシステムの着脱方法がわかるカット

 ドイツの手帳「X47」。その最大の特徴はブックバイブックシステムと呼ばれるリフィルの保持機構だ。リフィル冊子部に直接着けられた保持用金具が、バインダー側にセットされている。この構造ゆえに、複数冊子を挟んでいてもかさばらない。また冊子の表紙がカバーに差し込まれているわけではないので、冊子部分の動きもスムーズだ。

 さてでは、ブックバイブックシステムは具体的にはどうなっているのか。また、冊子の着脱はどうすればいいのか。それがわかるようにとったのが下の写真。

Rimg0919

 ※三脚とセルフタイマーで撮影しました。

 その手順はこんな感じだ。
 1.冊子リフィルの下部を押さえる。
 2.上方向に押し上げる。
 3.冊子リフィルを外側方向に動かす。

 X47のリフィルはこんなふうに簡単に着脱できるわけだ。
 撮影に使ったモデルは、X47のラインナップ中でも小さな方に属するモデルの
「Mini timer Classic」。格調高い本革モデルだ。

X47のWebサイトはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツ製の手帳「X47」を随時紹介していきます。

Rimg0899

 今月から、ドイツ製の手帳「X47」を随時紹介していきます。
 サイズや記入欄の詳細、使い勝手、各種ペンでの筆記特性などを思いつくままにレポートしていきたいと思います。

 どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2010/08/01

一太郎便利ワザ:書きかけ保存

※ 本日から不定期で、一太郎の便利ワザを紹介していきます。対象となる一太郎のバージョンは、一太郎2010ですが、それ以前のバージョンでも利用できる機能もあります。

 一太郎には、「書きかけ保存」という機能がある。この機能を使えば、作業中のファイルを、書きかけのまま保存することができる。そして次に一太郎を起動したときには、そのファイルが開かれる。

 エディターには、比較的よくある機能だが、ワープロソフトでもこれは便利だ。
 文字修飾とか、報告書作成など、分け合っていったん中断して再開するときには、ファイルを選ぶ必要もなく、一太郎側で作成すべきファイルを提示してくれるからだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »