« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010/07/23

ITmedia誠Biz.IDに寄稿しました「“全部入り”文具王手帳にないもの、あるもの」

 表題の記事をITmedia誠Biz.IDに寄稿しました。記事はこちら
 私なりの視点で、文具王手帳を読み解いてみました。文具王ご本人にもお目通しいただいております。
 興味のある方はご覧ください。
 よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/22

一太郎25周年記念コンテンツ「一太郎だからできる3つのこと」

 表題のコンテンツが公開されています。
詳細はこちらから。

 私が一太郎の道具としてのアドバンテージを考えて書いています。どうぞよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/14

発売中の「AERA」でコメントしています

 現在発売中の、雑誌「AERA」(朝日新聞出版) 2010年7月19日号の特集「京大式カード最新活用術」に、京大式カードに関してコメントしています。

 興味のある方はご覧ください。どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/12

ITmedia 誠Biz.IDに寄稿しました:「文具王手帳は究極の全部入り手帳なのか」

 

以前のエントリーでも、簡単に紹介した文具王手帳について誠Biz.IDに寄稿しています。

 タイトルは、「文具王手帳は究極の全部入り手帳なのか」。私が『手帳進化論』(PHP研究所)や、新聞・雑誌に寄稿してきた手帳に対する視点から見ると文具王手帳はどのようなものなのか。私なりの分析をしてみました。興味のある方は是非ご覧ください。



 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/07/07

梅棹忠夫氏がお亡くなりになりました

 詳細はこちらのニュースをご覧いただくとして、手帳とか文具への影響という意味では、梅棹氏の『知的生産の技術』ほど、大きなものはないのではないか。

 思えば、システム手帳のリフィルに1枚1つの情報を記することも、常にメモを携帯して発見したことや考えたことを記録することも、あるいは蓄積した情報に索引をもうけておくことも、全てこの本にかかれていたことだ。

 その意味で、『知的生産の技術』は今も必読のものではないか。もし万一まだ読んだことがなければ是非読んでみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010/07/02

『R25/Choice』に登場しています

 フリーペーパー『R25/Choice』 6/28号に登場しています。
 記事のタイトルは「紙資料ダイエットツール」。ドキュメントスキャナーや名刺スキャナー、デジタルペンなど、アナログの情報をデジタル化する方法についてコメントしています。

 興味のある方は、R25配布スタンドで是非お手にとってくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »