« 紙とペンがキーボードやフリック入力よりも優れているポイントのひとつは、表現力にある | トップページ | さながら大航海時代なのだ »

2010/03/13

情報生態系の普遍的骨組みはきっとあるはずなのだ

 ITmedia誠Biz.IDの記事で一度触れた“情報生態系”という考え方。
 これは要するに、情報には入ってくるものがあればアウトプットするものもあり、いかなるチャンネル/経路をもって、どのように運用するかのシステムが存在するはずだという説だ。
 でもって、それは人によって使っている道具も記録する項目もまちまちだろう。
 まちまちではあろうが、そこに何らかの共通する骨組みみたいなものはかならずあるのではないか。

 でもって、ライフハックをテーマとするブログをいくつも見ていると、ご自分のそういったシステムを開陳されている方が複数見受けられる。ツールも方法もばらばらではあっても、共通するノウハウみたいなものは必ずあると思う。
 これからそれを探求していきます。

|

« 紙とペンがキーボードやフリック入力よりも優れているポイントのひとつは、表現力にある | トップページ | さながら大航海時代なのだ »

ライフハック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/47800271

この記事へのトラックバック一覧です: 情報生態系の普遍的骨組みはきっとあるはずなのだ:

« 紙とペンがキーボードやフリック入力よりも優れているポイントのひとつは、表現力にある | トップページ | さながら大航海時代なのだ »