« 2月27日手帳オフ開催のご案内 | トップページ | 枕上のメモに便利なアイテム:TWINBIRD LEDベッドライト »

2010/02/05

手書きで書くということは、決めるとか選ぶとかいうことに近いのではないか

 自己啓発本のたぐいにはよく「夢は紙に書くと実現する」とか「目標は紙に書こう」などと書いてある。その真偽については諸説あるので繰り返さないけれど、表題のようなことは言えるのかもしれない。

 すなわち、紙に手書きすることは、保存しない限り痕跡が残らないパソコン上のデジタルデータとは違い、一度書いてしまえばその痕跡が、たとえ薄いシャーペンで紙に書いたとしても形/軌跡として残る。

 やり直しがきかないことを実行する点において、紙に書くというのは、決めるとか選ぶという、気持ちの態度表明に近いのではないだろうか?

 さてそれで夢がかなうかどうかは、かなったこともある気がするし、無関係な気もするので、断定は避けておきます。

|

« 2月27日手帳オフ開催のご案内 | トップページ | 枕上のメモに便利なアイテム:TWINBIRD LEDベッドライト »

アナログ/デジタル」カテゴリの記事

コメント

chihiroさん
 ボールペンとシャープペンの使い分けにはそういう考え方もありますね。そしてこれはデジタルツールには難しそうなことではあります。
 また、「書いて決心して、意識のブレをなくす」という考え方、参考にさせていただきます。

 コメントありがとうございました。

投稿: 館神龍彦 | 2010/02/07 06:27

決定事項はボールペンで、曖昧な事はシャープペンで書いてますが、まさに書く=決めていますね。
消えてしまう可能性もあるデジタルツールではそれができないように思います。

書くと夢が叶うの件ですが、ここだけ見ると胡散臭いですが、これは精神世界系の本でもよく見かけますが、書いて決心して、意識のブレを無くせば、思いは一方向にのみ進み、おのずと思考は実現するということではないでしょうか。
私はそんなふうに理解して、この言葉信じています。

投稿: chihiro | 2010/02/06 14:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/47487266

この記事へのトラックバック一覧です: 手書きで書くということは、決めるとか選ぶとかいうことに近いのではないか:

« 2月27日手帳オフ開催のご案内 | トップページ | 枕上のメモに便利なアイテム:TWINBIRD LEDベッドライト »