« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010/01/31

手帳の自作ってのはいったいどういうことか再考察

 昨日の手帳オフのテーマでもあった自作。この件についてあらためて考えてみたい。

 手帳の使いこなしにはいろいろなフェーズがある。選び方からはじまり、手帳術を考え、選び身につけること。さらにペンやメモ帳をはじめとする他のツールとの連携。最近ではiPhoneや各種スマートフォンとの使い分けもそこに含まれる。

 そして手帳の自作は、基本的には選び方の問題なのだと思う。市販のものをいろいろ使ってみてしっくり来なかったために、そしてDTPソフトなどのデザインの腕があったこともあり、自作という形で自分に本当にフィットするものを作る。
 拙著『手帳進化論』(PHPビジネス新書)にも書いたけれど、これは基本的には有名人手帳が生まれるプロセスそのものだと考えます。
 自分で作るか否か、それとも既製品をうまく組み合わせるのかは、もちろんどちらが上か下かなんてことはなくて、単にその人にフィットしたものが市販されているかどうかの問題であるわけです。
 ただ、何らかの形で手帳を作れてしまう人にはそのセンスやエネルギーに脱帽してしまうわけですが。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/01/30

みなさまありがとうございました:本日の手帳オフ

 というわけで、本日の手帳オフに参加してくださったみなさま、大変ありがとうございました。

 手帳オフとして自作をテーマにするのは昨年1月に続き2回目です。そして今回は昨年にもまして非常に濃い内容になったのではないかと思います。おそらく参加された方もそう思われていたと思います。

 自作とはこんなに広い世界なのか。これが私の率直な感想です。もう参加者同士の質問が濃すぎて深すぎておそらくこれは日本一の手帳オフではないか。もちろんそれは参加者のみなさまがすごすぎるからですね。

 また、個人的には、伝説のリフィル名人、『リフィル作成術コツのコツ』の石井氏にきていただいたのが感慨深かったです。リフィルの作成とか、自作という概念はまさにかつてのシステム手帳ブームに活躍した氏が広めたものだと考えるからです。

 というわけで、参加してくださったみなさま、ありがとうございました。
 ちなみに今回の参加者は私を入れて22名。ほぼ半数がリピーターで、半数が新規参加者です。テーマは変わりますが、手帳オフはまた開催するつもりです。今回参加されなかった方も次回は是非どうぞ。よろしくお願いします。

 

| | コメント (13) | トラックバック (0)

本日の手帳オフ、twitter中継します

 というわけで、本日開催の手帳オフですが、twitter中継を予定しています。
 ハッシュタグ #techooff
 を利用予定。チェックしてみてください。よろしくお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/01/29

iPhoneと手帳。どう使い分けるか?

 これもまたよくある悩みです。
 そもそも、PDAが登場したときは手帳に取って代わる存在であることを期待された。だが実際には、PDAは期待ほど普及することもなく終息してしまった。
 では、サイズも役割も似たスマートフォンの場合、手帳とはどうやって棲み分け/使い分けをするのか。これは手帳とスマートフォンの双方を使う人の永年の課題だったはずだ。

 iPhoneになってもその事情はかわらない。今まで刊行されているiPhone関連の書籍の中にもこの問題に触れているモノはあるが、はたしてみなさまはどうやっているだろうか。興味の尽きないことであります。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

1/30手帳オフ参加申し込みを締め切りました

 明日の手帳オフの参加申し込みを締め切りました。
 参加申し込みをいただいた方には当日の詳細をお送りしました。

 もし万一、届いていないという方がいらっしゃったら、tategamiblog@gmail.com まで
ご連絡ください。折り返し当日の詳細を送らせていただきます。

 取り急ぎご連絡まで。どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/28

あと1時間ほどで締め切ります:1月30日手帳オフ参加者二次募集

 いよいよ今週末、1月30日に迫った手帳オフ。参加者二次募集はあと1時間ほどで締め切ります。

 このBlogの手帳オフでは、各種タイプの手帳をお使いの方が集まって情報交換をする集いです。使っている手帳も手帳術もまちまちのみなさんが、ご自身の工夫や手帳術、利用しているアイテムなどについて発表します。

 過去には複数の手帳メーカーの方や編集者の方もいらっしゃいました。

 あと1名の枠が残っております。開催時間は13時~17時。場所は東京・大手町です。
 参加ご希望の方は、tategamiblog@gmail.com までお早めにどうぞ。
 よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/27

なぜ紙とペンで手帳に書かなければならないのか。

 ある経営者の方から聞いた話。
 その人は、スケジュール管理にはGoogleカレンダーを使っているそうだ。紙の手帳も使っているそうだが、それは予定などを記入するためではない。そうではなく、一ヶ月を振り返って何があったかを記録するためなのだそうだ。
 Googleカレンダーには、一ヶ月の記録を印刷する機能もあるそうなのだが、手帳を使っているのだそうだ。「なぜですか」と聞いたのだが、明確な答えは返ってこなかった。この辺に、手帳が紙でなければならない理由がありそうだ。
 Gooogleカレンダーや、またはOutlookなどでスケジュール管理を完結している人以外は、紙でしか得られないものを何らかの理由で求めているのだろう。
 それがなんなのかを考えると、紙とペンがいまだに使われている理由がわかるのだろう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/01/26

手帳オフ参加者二次募集:残り一名となりました

 1月30日 開催の手帳オフ。昨日のエントリーで告知した参加者二次募集に早くも2名のご応募がありました。参加枠は残り一名です。

 手帳オフに参加されたい方は、お急ぎください。このエントリーアップ後に最初に参加希望のメールをお送りいただいた方で締め切らせていただきます。

 参加希望メールは 「1/30手帳オフ参加希望」とタイトルに記して、tategamiblog@gmail.com
まで、お送りください。折り返し詳細をお知らせします。

 どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/25

1/30開催手帳オフの二次募集をします

 今週末開催予定の手帳オフ。その参加者の二次募集を行います。

 今回の手帳オフは、募集開始からわずか1週間で定員の20名が埋まってしまいました。そしてそれ以降にも、参加希望のメールをいただいていたので、特別に二次募集を受け付けることにしました。

 二次募集の定員枠は3名。申し込みは以下のアドレスに「1/30手帳オフ参加希望」というタイトルでメールをお願いします。先着3名まで受け付けます。また、3名に満たない場合もせ、整理の都合上1月28日(木)には参加申し込みを終了します。

 今回の会場は東京大手町になります。時間は13時~17時までです。 

 1月30日手帳オフの参加申し込みは、 tategamiblog@gmail.com までお願いします。
参加希望の方はお早めにどうぞ。どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/24

路線図付きのメモ帳:「東急線駅名ノート」

Rimg0606



 鉄道の路線図は、手帳の便覧にはよくあるコンテンツです。で、本日ご紹介するのは、路線図がついたメモ帳。「東急線駅名ノート」です。

 その名のとおり、東横線や目黒線、池上線、大井町線など東急電鉄の各路線と、みなとみらい線の路線図が最初のページにカラーで入っています。もちろん各駅に連絡する他社路線、たとえば小田急線(中央林間)とか半蔵門線(渋谷)、南北線・都営三田線(目黒)との関係も記されております。

 メモ帳部分は横罫。見開きの右ページをぱらぱらめくると電車が走っているように見えます。ぱらぱらマンガみたいにつくってあるわけです。

 巻末にはミシン目で切り取り可能なメモ8枚付き。表紙の縦方向にはモレスキン的なゴムバンド(色はシルバー)があってシャープな印象です。

 私は1月上旬に中央林間の駅で購入しました。680円でした。現在も販売されているかどうかはわかりませんが、鉄道好きな方は欲しいかも知れませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/23

このBlogの使い方:画面左側の記事カテゴリーをクリックしてください

 表題の件ですが私も久しぶりにやってみて驚きました。カテゴリーをクリックすれば、そのカテゴリーに属する記事が表示されるわけですが、記事の数が結構たまっています。Blogのほとんどはこのしくみが提供されているはずで、その意味では別に驚くことはないわけです。ただ以前は、そのカテゴリーの記事が本文ごと全て表示されていました。そして最近のココログの仕様変更のあとは、比較的新しい記事の全文表示+それ以前の記事のタイトル一覧の表示にスタイルが変わっています。

 自分で言うのも何ですが、これはまとめて読むとなかなか読み応えがあります。読み直してみようと思います。みなさまもよろしければどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/22

”夢を実現するための世界最強の手帳術” のセミナー

 Blog 「デキる大人のカレンダー Mashの視点」 で、表題のセミナーが告知されています。

 それによると、夢実現の手帳術によって、Mashさんは10キロの減量に成功したそうです。もちろんそれだけではなく、夢が見つからない人や

 第二回にあたる今回の開催は、2010年02月07日(日曜日) 時間は 13:30-17:00
 場所は市ヶ谷健保会館 会議室E だそうです。

 申し込み方法や費用など詳しくは、こちらのBlogをご覧いただければと思います。

 私もちょっとだけ興味があるかも。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/21

手帳suiteの組み立ても広い意味での自作である

 来る1月30日の手帳オフ。そのテーマは、「自作」です。自作リフィルから綴じ手帳を1冊自分で作ってしまうかたまで、おそらくものすごく濃い集いになると思うのですが、表題のこともまた言えるのではないかと。

 すなわち、手帳を中心としてノートやメモ、ペンとその使い方の組み立ても、最初から既製品としてまとめて売っているわけではない点で、自作とはいわないまでも、オリジナルなものと言えるのではないかと。

 でもって、その手帳suite、人によって違うわけですが、多くの人に通底するような原理原則のようなものはあるかと思うわけで。いつかそれをまとめてみたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/20

1/30の手帳オフは午後1時~5時まで。通常より1時間長く開催します

 表題のとおり、1月30日(土)の手帳オフは、今までよりも1時間長い開催時間とすることにしました。

 これは、今までの手帳オフの感想として「3時間があっという間だった」という声が多かったことを鑑みてのことです。
 とくに今回はテーマが自作なので、今まで以上に白熱することが予想されます。
 そこで、時間をゆったり取り、また休憩時間も充分取れるように終了までの時間に余裕がとれるようにしました。

 当初の予定では、午後4時で閉会だったのでいったんの区切りはこの時間にしようと思いますが、参加者のみなさまで、午後4時以降にも予定に余裕がある方には、ひきつづきお楽しみいただければと考えております。
 どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/01/19

手帳オフがこれから広がっていきそうな予感・・・

 Twitterで私がフォローしているBeckさんのBlog「Hacks for Creative Life!」

 そのBeckさんが参加された手帳オフがレポートされています。豊富な写真からは楽しそうな様子が伝わってきますね。
 もし事前にわかれば、あらかじめ開催概要なども紹介できればと思います。
 以前も書いたように、手帳オフという、手帳をテーマにした集いは、古くはパソコン通信のNifty-Serveの時代にさかのぼります。このときに手帳をテーマとした会議室(コミュニティの単位を当時はこう読んでいました)からはじまったのが最初だと記憶しております。

 それが、インターネットが普及し、十数年経った現時点で手帳オフという集まりが、いろいろ生まれつつあるのはとてもいいことだと思います。私も出来る限りお知らせしていきたいと思っています。

 館神Blogの手帳オフは、1月30日(土)。申し込みは締め切っておりますが、万一欠員が出た場合は、再募集をします。どうぞよろしくお願いします。

 



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/18

手帳を使っている人のほとんどは、PCも使っている

 表題の件、当たり前と言えば当たり前だけれど、実は意識されることの少ないことではないか。
 とかく手帳というと、アナログで手書きで、それゆえパソコンユーザーから最も遠いところにあるような錯覚がある。ところが実際は、手帳を使っている人の多くはパソコンを使っており、キーボードで文字を入力してメール送受信したり、エクセルで計算したりといったことを日常的に行っている。そしてそのうえで、アナログな手段である手帳を使っているわけだ。
 その意味では、手帳はPCのユーザーに充分支持されていると言える。
 正確には、あまりパソコンを使わないユーザーもいらっしゃると思うが。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/17

雑誌「MONOQLO」3月号に登場しています

 晋遊舎の雑誌「MONOQLO」3月号の特集に登場しています。
 「安くて良いモノ大賞」がそれで、文房具のジャンルで選者の一人として登場しております。
 私が推薦したのは、国産の綴じ手帳と、バイブルサイズのリフィルです。
 興味のある方はチェックしてみてください。どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/01/16

手帳は“緊張感を伴う習慣”である

 手帳って、そういうことではないか。

 誠Biz.IDに寄稿した一文にも記したように、手帳は(今のような時代においては)、それ自体では完成品ではなく、意識的に各種手帳術を選択し、それらのいくつかを継続することで=習慣とすることで、ようやく使っているといえるようなそんな道具です。というかそのような道具として理解されている(人によっては違うかもしれないけど)。

 でもって、これはなかなか緊張感が伴うことなんですね。各種手帳術の選択もそうだし、いやいやそれ以前に手帳を選ぶこと自体もそうだし、手帳術を継続して実行することもそれはそれで、精神状態にある種のテンションを求めてくるわけです。

 でもって、そのテンションを伴う行為を毎日のように実行し、そのことで頭の中を整理したり、時間を有効に使うという実利を得るわけです。
 逆に言えば、こういう実利が見えていないにもかかわらず、手帳を使おうとすると、手帳というものそれ自体を偏愛し、そこになにがしかの文言を書く行為自体に耽溺している人でもない限り、どこか疲れてしまうんですね。

 手帳が続かない原因がもしあるとしたら、こういうことも一因かも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/15

手帳、続いていますか?

 手帳を使ううえで一番大切なことは使い続けることではないか。

 どんなに立派な手帳を使っていても、あるいはデザインがカッコイイ手帳を使っていても、使わなくなってしまったら意味がない。

 そうではなくて、よく見てよく書いて、よく見直して、いろいろメモして、使い倒してこそ手帳なのではないだろうか。

 途中でいやになってやめてしまったり、週に1度ぐらいしか見なかったりしていては、もったいない。
 思ったように使えなくても、とりあえず使い続ける。思うようにならない状況も含めて書いておく。
 でもって、常に参照する。

 こういうあがきが手帳を使うことの途中にはあると思う。そういうプロセスを経て、あるときからふと、自分の使い方で時間が先取りできるようなそんな瞬間をたまに経験するようになる。

 私もまだまだ七転八倒していますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/14

AQDOのWebサイトが限定セールを開催中

 システム手帳ユーザーには「Cookday」ブランドでもおなじみのAQUDのWebサイトが、サイト限定セールを行っているようです。

 中には、オストリッチや牛革のシステム手帳バインダーなどかなり高価なものが文字通りバーゲンプライスで出ています。気になる方はこちらからチェックしてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/13

「紙とペンの間にはエロスがある」:郷好文のうふふマーケティング

 私もたまに寄稿するITmediaのWebサイト「誠Biz.ID」。その関連サイト誠BusinessMediaに郷好文氏が書いたのが表題のコラム。このページです。

 で、ここに登場する手帳評論家というのは、何を隠そう私です。って何も隠していないんですが。まあ、好き勝手なことを言っておりますが、はっきり言ってバカ丸出しですね←私。

 郷さんのまとめ方がお上手なこともあり、とても面白い記事になっております。
 お手すきの方は読んでみてください。どうぞよろしくお願いします。

 

↑紙とペンのエロスについても触れています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/12

手帳はキレイに書かなくてもいいんです

 昨年FMラジオに出演したときに、パーソナリティーの方と話して気がついたのが表題の件。
 手帳は、自分にさえわかれば、きれいに書く必要はほぼないのではないか。ただ書いて記録したりメモ書きしたりすることが最優先で、あとで自分がわかりさえすればきれいに書く必要はほとんどないのではないだろうか。
 逆に言えば、大切なのはまず書くことなのだ。

 個人的には、文字はきれいに書く方がいいと思う。とくに最近そう思うようになったけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/10

【満員御礼】1/30 手帳オフ 参加申し込み締め切りました

 先日から告知させていただいている手帳オフですが、おかげさまで定員20名の枠が埋まりました。申し込みをいただいたかたがたには、厚くお礼申し上げます。

 また、参加詳細については、申し込みいただいたメールアドレス宛に連絡させていただいております。万一「申し込みしているけれど参加詳細のメールが来ない」という場合は
その旨ご連絡いただければと思います。

 このたびはありがとうございます。
 1/30も、今までにもまして熱く濃い手帳オフになりそうです。

 私も楽しみにしております。どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/01/09

A5版バインダーで家のことを管理しようかと・・・

 家のことを管理するためにA5版バインダーを購入したので、専用リフィルもあわせて買いました。
それがこの写真。

 

Rimg0571



(←クリックで拡大。拡大するとピンがあった写真が見られます)


 

 A5サイズのリフィルの種類はバイブルサイズなみとはいかないようですが、それでも記入、収納用の各種リフィルを購入することができました。

 用意したのは、JMAMの以下のリフィル。
 ・月間ダイアリー2(A5-048)
 ・カードホルダー (A5-614)
 ・クリアファイル1 (A5-611)
 ・仕切り付きクリアポケット(A5-634)

 これだけあれば家のことの管理が楽にできそうです。
 A5サイズのバインダーを使うのは始めてので、また何かわかったら記します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/08

測量野帳の名前は、太閤検地に由来する?

 コクヨのフィールド用ノート、測量野帳は一部に根強い人気があり、最近ではバリエーションも増えている。

 先日、とある雑誌で企画された座談会で、安くてよい文具のひとつとしてこの測量野帳が取り上げられたのだが、この名前は実は歴史的に古い由来がある。

 そもそも野帖という名前が日本の歴史に登場するのは、安土桃山時代。豊臣秀吉が実施した太閤検地のときに、地方の役人が田畑の歩数などを計測・記録するのに使ったものは野帖と呼ばれていた。
 そう考えるとこの測量野帳というネーミングは、400年以上も前のものをそのルーツと呼べなくもないわけだ。

 こういう文具もなかなか珍しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/07

手帳オフ参加希望の方はお早めにお申し込みを!

 先日告知した新春手帳オフですが、参加希望者は早くも14名に達しました。
定員の20名まであと6名です。

 今回の手帳オフのテーマは、前回に引き続き「あなたの手帳・手帳術見せてください」です。今回はとくに自作されている方の手帳、リフィル、バインダーなどを見せていただけると思います。

 手帳、リフィル、バインダーの自作例・実物に触れられる場としては、とても貴重な機会だと考えております。

 参加された方は、この機会をお見逃しなく。

 手帳オフ参加申し込みは、 tatgegamiblog+100130アットマークgmail.com(アットマークは@にしてください)まで
 「手帳オフ参加希望」というタイトルでメールをお願いします。

 あと6名で参加申し込みを締め切ります(キャンセルのために欠員が出た場合は追加募集します)。先着順ですので、参加ご希望の方はお早めにどうぞ。

 このBlogの手帳オフでは過去にも、ユーザーのみなさまをはじめ、手帳メーカー各社の方や編集者の方など、さまざまな立場の方が参加されています。お使いの手帳も、システム手帳、各種綴じ手帳、「超」整理手帳、ほぼ日手帳など本当にバラエティに富んでいます。おそらくこれだけ多様な手帳ユーザーが集まる機会はあまりないのではないかと思います。

 参加ご希望の方はこの機会に是非どうぞ。 

 では、どうぞよろしくお願いします。

1/8補記 16時時点で17名の参加申し込みをいただいております。すでにメールをいただいた方には、明日までに参加の詳細を返信させていただきます。ありがとうございます。
どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010/01/06

浅見帆帆子手帳2010が発売されています

 

『あなたは絶対運がいい』などの著書で知られる浅見帆帆子さんが手帳を制作・発売されています。詳細な紹介があるページがこちら

 縦開きのスタイルはビジネス用手帳としては珍しいかも知れません。月間見開き+週間バーティカルの構成で、上記Webページ以外に、書店でも発売されているようです。探してみたら、amazonにもありました。

 浅見帆帆子さんのファンの方には要チェックですね。遅ればせながらご紹介でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/05

1月30日(土)開催の新春手帳オフ参加者募集のお知らせ

 みなさま。お待たせいたしました。表題の新春手帳オフの参加者を本日から募集します。開催要領は以下のようになります。

 日時 1月30日(土) 13:00~16:00 を予定
 場所 東京 大手町
 テーマ:あなたの手帳と手帳術を見せてください(含む自作)
 定員:20名

 昨年12月の手帳オフにひきつづき、今回も手帳と手帳術の情報交換をテーマにしたいと
考えております。ご自分なりの手帳と手帳術の工夫がある方、また他の方の手帳術の工夫を知りたい方は是非ご参加ください。
 今回は、自作にもスポットを当てたいと考えております。昨年1月の手帳オフでも取り上げたテーマですが、みなさまの関心が高いようなので今回もひきつづき取り上げます。

 手帳をもっと工夫してみたい方、自作を考えている方、ほかの方が自作した手帳を見てみたい方などなど、手帳をもっと活用したいと考えておられる方ならどなたでも参加できます。また、手帳そのものに興味はあるけれどまだ使ったことがないという方も大歓迎です。きっとほかの参加者の方が手帳のメリットを熱く語ってくださることでしょう。 

 参加申し込みは、tategamiblog+100103アットマークgmail.com(※) 宛に
「手帳オフ参加希望」というタイトルでメールをください。 ※アットマークは@としてください。
 今週末までに折り返し詳細をお送りします。また、人数が定員の20人に達したところで
締め切りたいと思います。
 なお、今回の手帳オフ参加に際して連絡に用いたみなさまのメールアドレスは、手帳オフや手帳の学校などのご案内以外の目的には利用しないことをここに記しておきます。

 毎回楽しみな手帳オフですが、次回もなかなか“濃い”集まりになりそうです。
 ではどうぞよろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/01/04

鉛筆やシャーペンでいいから今年の目標を書いておこう

 新年もあけて4日。今年の目標もきっちり決めた人も多いだろう。
 で、今回は、今年の目標をなかなか手帳に書けない人へのご提案。
 とりあえず、鉛筆とかシャーペンで書いておこう。ボールペンや万年筆だと遠慮がちになるのは、あとから修正がきかないからだ。
 だから、鉛筆などでとりあえずの目標を書いておく。これならばとりあえず書いたことにはなる。でもって、あとで修正もできる。または、鉛筆で書いた目標が確固たるものだという確信が持てた時点で、ボールペンや万年筆で“清書”するのでもいい。

 年明けのこの時期、自分なりの目標を立てる/決めるのにはまたとない時期だ。気負わなくていいし簡単なのでやってみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/03

話題のこのお二人ですが・・・

 というわけで、昨晩のビートたけしの番組を見て緊急更新!(←オオゲサ)

 私としては、手帳の活用を含むライフハック的なことがらの効能については否定すべき理由がない。というより、手帳とかパソコン、各種ガジェットはそれなりに便利であるし活用すべきだと思っている。

 ただ、心情的には香山リカに近いかなぁ。近著は読んでいないけれど、自らの立ち位置を常に相対化できるかどうかは大切な感覚だと思うわけで(含む自戒)。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/01/02

一月二日、三日とも更新をお休みします。

 お正月なので、更新をお休みします。4日(月)からあらためて更新させていただきます。

 どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/01

あけましておめでとうございます

Photo

 

 

 

 

 昨年はこのBlogをお読みいただきありがとうございました。

 今年もひきつづき更新していくつもりです。どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »