« クロスプラットフォームから“クラウドプラットフォーム”へ | トップページ | iPhoneのカバーに、持つ人が属しているコミュニティ・趣味が現れる例 »

2009/11/29

私がiPhoneに革カバーを付けないわけ

 iPhoneユーザーの間では、本体にカバーを付けるかどうかの論争がかまびすしいらしい。「俺は裸族でいく」「カバーは付けたい」etc。

 で、私自身は、結局シリコン製カバーを付けた。理由はボディがつるつるで手で持ったときに滑りやすいからだ。付属の保護シールで液晶面も保護した。それ以外は、とくにやっていない。そして、iPhone発売と同時に購入した知人の話だと操作性の改善につながるもっと細かなチューニングのテクニックがあるらしい。たとえば、指で操作するときの引っかかり感を軽減する液晶保護シールがあって彼はそれを使っているというのだ。

 それはさておき、iPhoneは個人的には革カバーを付けて手帳に擬態する必要はないと考える(革のカバーを付けている人ももともと多くはないとは思うけれど)。

 通話もできるから携帯電話ではあるし、スマートフォンに分類されることも多いけれど、役割としてはやはり手帳以上であり、場所を問わない点はパソコン以上であり、そのほかもろもろのことが既存のガジェットのパラダイムを大きく超えていると思う。

 念のために書いておくと、手帳とはどちらが上とか下とかいうわけではなく、別次元の道具ではないかと考えているわけです。

|

« クロスプラットフォームから“クラウドプラットフォーム”へ | トップページ | iPhoneのカバーに、持つ人が属しているコミュニティ・趣味が現れる例 »

スマートフォン/PDA・ガジェット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/46886860

この記事へのトラックバック一覧です: 私がiPhoneに革カバーを付けないわけ:

« クロスプラットフォームから“クラウドプラットフォーム”へ | トップページ | iPhoneのカバーに、持つ人が属しているコミュニティ・趣味が現れる例 »