« システム手帳やルーズリーフと併用すると便利:ポストイットのインデックス | トップページ | BUN2の手帳特集もこれまた充実しています »

2009/10/26

「手帳で夢はかなわない」とはいいたくない

  「手帳で夢はかなうのか」。このBlogでも何回か考えてきたことだけれど、この問題に関する私個人の心情をここに吐露しておきたい。

 手帳で夢がかなうかどうかは正直わからない。でもかなわないと断言することだけは絶対にしたくない。

 そもそも、“夢をかなえる”とうたう手帳が出てきたことの背景には、終身雇用制の終焉がある。誰もがゆりかごから墓場まで保証されていたような、戦後の雇用慣行が終わってしまった今、自分のライフプランは自分で考えて組み立てなければならない。そのために手帳を使うことがあってもいいと思う。紙に書きさえすればかなうとか、他力本願だとかいう批判はあるかもしれない。でも同時に努力もしていると思うし、実際夢がかなったという人だっているわけです。

 私はかつて『システム手帳の極意』の中では、“ドラッグとしての成功本”と書いたり、『手帳進化論』では、“マークXに乗っても佐藤浩市にはなれない”とも書いた。要するに、有名人プロデュースの成功手帳に関して批判めいたことは書いた。
 それでも思う。私個人としては、手帳で夢は絶対かなわないということは、言いたくないのです。



|

« システム手帳やルーズリーフと併用すると便利:ポストイットのインデックス | トップページ | BUN2の手帳特集もこれまた充実しています »

手帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/46590958

この記事へのトラックバック一覧です: 「手帳で夢はかなわない」とはいいたくない:

« システム手帳やルーズリーフと併用すると便利:ポストイットのインデックス | トップページ | BUN2の手帳特集もこれまた充実しています »