« 東急ハンズオリジナル FSダイアリーの動画 | トップページ | ノート術の本がまた登場 »

2009/09/01

宅配便伝票の宛先をデジタル化するとっておきの方法

 ものの発送をするときには、宅配便の伝票を書く必要がある。大型の事業所ならば自社の住所は書いてあるだろうが、問題は宛先だ。常日頃やりとりしているような宛先ならばこれも業者が印刷してくれるだろう。実際にはそういうことばかりではない。いや、イレギュラーにやりとりするような相手ばかりではないだろうか。

 そこで思いついたのが次の手。ぺんてるのairpenを使うのだ。このpenはペン先は普通のボールペンだ。先っぽにボールが内蔵されていて複写式の伝票にも普通に記入できる。
 このairpenで伝票に記入し、あとでPCに接続すれば文字の軌跡データを吸い上げられる。変換処理をし、修正をかければ、発送した住所の一覧がデジタルデータとして管理できる。データだからメールに添付して送ることもできる。このやり方、いいんじゃないかなぁ。

|

« 東急ハンズオリジナル FSダイアリーの動画 | トップページ | ノート術の本がまた登場 »

スマートフォン/PDA・ガジェット」カテゴリの記事

コメント

かめさん

 なるほど、普通のプリンターでそこまでできるんですねぇ。
これはいいことを教えてもらいました。ヤマト便で出すときにはちょっと試してみようかな。
 コメントありがとうございました。

投稿: 館神龍彦 | 2009/09/03 08:28

うちの神さんの実家(酒屋)ではパソコンとA4プリンター(インクジェット)で伝票を作っています。
ヤマト運輸の人が来てパソコンに設定していったそうです。
(ドットプリンターは必要なし)
一度送った宛先などは覚えているので楽で良いと実家では評判です。

荷物を集めに来る人もこれだと後から宛先などを機械に入力する必要が無いので喜ばれるようです。

一般家庭でも同様のサービスが受けられるようですョ。
http://www.kuronekoyamato.co.jp/webservice_guide/c2_off.html

探せば他の業者でもやってるかも。

投稿: かめさん | 2009/09/02 23:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/46088985

この記事へのトラックバック一覧です: 宅配便伝票の宛先をデジタル化するとっておきの方法:

« 東急ハンズオリジナル FSダイアリーの動画 | トップページ | ノート術の本がまた登場 »