« 一太郎:5つの便利ポイント その2 | トップページ | 断食はライフ=身体ハックだ! »

2009/08/04

ubuntu+ネットブックが普及するためのカギとは?

 今日ミーティングした方と話していて出た話題。いわゆるLinux(というかもともとはUNIX)ベースのOS、ubuntuは、ネットブック用のバージョンも存在しているらしいが、このOSとハードウェアが組み合わさったら、パソコンの価格は今よりもいっそう安くなるのではないか。

 さてでは、そうなったとしてubuntuがインストールされたネットブックが普及するかどうかのカギは、Webアプリの普及ではないかと思う。ネットブックは登場時点ではハードウェア的なスペックが低いこともあり、その用途は限定された。ただ、OSがWindowsXPだったことは操作性のなれや、ソフトウェア資産を生かす点でも互換性=安心感としてとらえられいただろう。

 さてでは、高速に動作するubuntuがインストールされたネットブックは普及するか。そのカギはWebアプリがどれだけ一般化するかではないか。MacOSであっても結局Excelが使えるかどうかが問題だったわけで(実はExcelはMac版が先に出た歴史があるが、先入観はそれとは別)。
 現時点では、アプリケーションは、CD-ROMとかDVDでインストールするものから、ダウンロードするものになりつつある。件のExcelもダウンロードして、製品版を購入できる。
 で、その先にあるのがWebアプリだ。Webブラウザ上で動くからインストールすらいらないし、OSを問わない。
 ubuntuには、インストールするアプリケーションを選択すれば、対応するものがダウンロードされてインストールされるしくみもあるらしいが、その辺が、今までネットブックを気軽に買っていたようなユーザーに理解されるかどうかはわからない。もっともWebアプリ自体もこれから普及と呼べるほどの支持を得られるかどうかは不明だが。

|

« 一太郎:5つの便利ポイント その2 | トップページ | 断食はライフ=身体ハックだ! »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/45837182

この記事へのトラックバック一覧です: ubuntu+ネットブックが普及するためのカギとは?:

« 一太郎:5つの便利ポイント その2 | トップページ | 断食はライフ=身体ハックだ! »