« 方眼ルーズリーフを探します | トップページ | ドキュメントスキャナーはどんなふうに使われているのか »

2009/07/16

そろそろビジネス用ルーズリーフが欲しい

 本日もまた昨日のエントリーの続きです。

 結局、リヒトの方眼ルーズリーフは、近所の文具店に注文して入れてもらうことになりました。発売直後のためか、ちょっと時間がかかるようです。

 それはいいとして、ルーズリーフというアイテムはどうも学生層を主要な客層としているようで、パッケージのデザインやバインダーの作りなどがプラスチッキーなもの中心のような気がします。

 そんな中でもマルマンのジウリスはやや大人なテイストを出している気がします。ただいくつも似たようなサイズのバインダーノートを使うのは非能率的なので、試すのはもうちょっと先にしますが。

 

|

« 方眼ルーズリーフを探します | トップページ | ドキュメントスキャナーはどんなふうに使われているのか »

文房具」カテゴリの記事

コメント

かずのりさん
 Web拝見しました。確かにこの質感はルーズリーフとしては異色ですね。この種のものがもっとあっていい気がします。

特命鬼謀さん
 リヒトの製品はご指摘の点がとても便利だと私も感じています。  

copper brainさん
 自作は究極の選択肢ですね。ノートカバーを併用していなければそれもいいかもしれません。

 みなさまコメントありがとうございました。

投稿: 館神龍彦 | 2009/08/18 21:44

どもども。
すでに廃番になっていますが、無印良品ヌメ革バインダー(A5 20穴)は割と大人でも使えると思います。私自身、最後の一つを手に入れられて大変満足しています。一方、バイブルサイズのバインダーを結局入手できず、悔しい思いをしています。

↓無印良品ヌメ革バインダーの写真です。
http://www.chinmi.to/note/index.php/%E3%83%8C%E3%83%A1%E9%9D%A9%E3%81%AE%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC

ではでは。

投稿: かずのり | 2009/07/17 17:17

確かにルーズリーフのバインダーやスライドリングはプラッチック製が多い気がする。
ツイストリングノートはバインダーノートとスライドリングの良いところが1つにまとまった製品だと思う。

投稿: 特命鬼謀 | 2009/07/17 10:39

おっしゃる意味は良くわかります。私も探し回りましたが気に入るバインダーがなかったので、表表紙、裏表紙とも自作しました。前回、どこかで書いたかもしれませんが、LIHITのルーズリーフ用リング(黒)を買って、ホームセンターで売っている0.75mm厚さのPPシート(黒)を切断して、5mm径のポンチで穴を開ければ、はい、できあがり、オッサンが持ち歩くバインダーとしては、まあまあです。

投稿: copper brain | 2009/07/16 23:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/45650458

この記事へのトラックバック一覧です: そろそろビジネス用ルーズリーフが欲しい:

« 方眼ルーズリーフを探します | トップページ | ドキュメントスキャナーはどんなふうに使われているのか »