« 一太郎の「2WAYインストール」が意味するもの | トップページ | 「手帳の学校」7月11日プログラムをアップしました »

2009/06/27

この条件で参加できるのは最初で最後かもしれません。:「手帳の学校」

 2009年後半を充実させる「手帳の学校」。この条件で参加していただけるのは、今回が最初で最後かもしれません。

 今回の「手帳の学校」は、実験的な意味もあり、5500円と参加費を抑えています。それはみなさまにできるだけ、気軽に参加していただければとのおもいからです。これは、水口和彦氏、岡崎太郎氏のお二人にご理解いただき、私の経費も極力抑えた形にしました。
 秋以降に再度開催するときには、もう少し参加費があがるかもしれません。

 さらに、大手手帳メーカー様にご協力いただき、3タイプ4種類の手帳(1000~1500円相当)をご提供いただきました。これを実際の講義の中で記入して使っていただきます。使った手帳はお持ち帰りしていただけます。これもメーカー様のご理解あってのことです。

 また、「手帳クリニック」の時間を30分設けました。これも、通常のお二人の講演活動にはなかったものです。  

 7月11日開催の回には、まだ参加枠に余裕があります。定員になり次第締め切ります。申し込みはお早めに。どうぞよろしくお願いします。  お申し込みは、こちらから。

|

« 一太郎の「2WAYインストール」が意味するもの | トップページ | 「手帳の学校」7月11日プログラムをアップしました »

手帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/45463830

この記事へのトラックバック一覧です: この条件で参加できるのは最初で最後かもしれません。:「手帳の学校」:

« 一太郎の「2WAYインストール」が意味するもの | トップページ | 「手帳の学校」7月11日プログラムをアップしました »