« 今期待されるWeb力 | トップページ | バインダーメモの安心感 »

2009/05/03

携帯電話のマイクロSDカードは、大容量にしておいた方がいいのかも

 携帯電話を、手軽なデジタル記録機として使うときにかんがえてもいいのが表題の件。

 外出するときに、デジタルカメラを忘れることはあっても、携帯電話を忘れることはない。いや忘れるかもしれないけれどその回数はものすごく少ないはずだ。これは携帯電話がメール送受信機であり、Web閲覧もできて、とそれなりに多機能であり、なによりも電話であるからだ。
 携帯電話はまた、多機能の中にデジタルカメラ機能やビデオカメラ機能、音声録音機能なども持っている。これらの機能で記録した画像や動画、音声ファイルは、本体メモリーに記録するより挿入したマイクロSDカードに保存して、パソコンに逐次移すような習慣をつけておくとなにかと便利だろう。そしてそうであるのなら、その容量はできるだけ大きなものがいいだろう。そうすれば大量の静止画や、ある程度長い動画・音声データなどが保存できる。それらのファイルの一つ一つはちゃんとタイムスタンプがついて管理されているわけで、きちんと再利用できればこれほど便利なことはない。で、表題の結論に達するというわけ。
 携帯電話のマイクロSDカードをPCにうまく取り込む方法とその習慣化についての考察は、また回をあらためます。

|

« 今期待されるWeb力 | トップページ | バインダーメモの安心感 »

パソコンでムダに忙しくならない50の方法 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/44886852

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯電話のマイクロSDカードは、大容量にしておいた方がいいのかも:

« 今期待されるWeb力 | トップページ | バインダーメモの安心感 »