« ノートに便覧を貼るのも便利かも | トップページ | そろそろ来年の手帳が出てくるわけで »

2009/05/20

綴じ手帳をシステム手帳的に使うことはできる

 最近のエントリーで「ノートに○○を貼ろう」と書いているが、これはもちろん手帳にも応用可能だ。
 手帳に資料などを綴じるのは、ちょっと前まではシステム手帳のお家芸だと思われていた。縮小コピーにパンチ穴を開けて綴じる方法は、かつては私もやっていたと思う。

 ところが最近では、弱粘着のテープがあれば、綴じ手帳でも似たようなことができる。各種資料や地図などをプリントし、弱粘着のテープで貼っておけばいい。挟むよりも確実にホールドできるし、脱落することもない。

 この方法はもちろんシステム手帳にも応用できる。資料などはパンチ穴を開けるのではなく、無地リフィルに貼ってしまえばいい。まだやったことのない人はやってみましょう。なかなか便利です。

|

« ノートに便覧を貼るのも便利かも | トップページ | そろそろ来年の手帳が出てくるわけで »

手帳」カテゴリの記事

コメント

langleyさん
 貼ればいいと気がついてからはかなり楽になりました。実際、知り合いの編集者でモレスキンに縮小した各種資料を貼っている人がいまして。
 凝らないことのメリットは、時間がかからないことだと思います。ずぼらな私にはそれが向いているのかもしれません。
 コメントありがとうございました。

投稿: 館神龍彦 | 2009/05/22 23:02

ご無沙汰しております、langleyです。
最近、「超メモ術」や「100円ノート整理術」に感化されてきたことと、システム手帳のあまりの自由度に、荒野に一人取り残された感と共に、閉塞感にさいなまれている様な状況です。

館神様の仰る通り、貼るというのは便利そうですね。
穴をあけるにはパンチが要りますし、編集して印刷するにも一々、レイアウトなんかも考えたりしなければなりません。

早速試してみます。

投稿: langley | 2009/05/21 00:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/45073637

この記事へのトラックバック一覧です: 綴じ手帳をシステム手帳的に使うことはできる:

« ノートに便覧を貼るのも便利かも | トップページ | そろそろ来年の手帳が出てくるわけで »