« 20年前のリフィルは、最新のバインダーと互換性がある! | トップページ | 「あとで読む」の本当の効用は、“読んだつもり”になれること »

2009/05/30

ラジオカセットを現代の技術でつくるとこんな感じ?

 その昔、今から30年ぐらい前、ラジオカセットという家電があった。名前の通り、ラジオの受信機と、録音再生可能なカセットレコーダーを組み合わせた製品だ。ラジオ番組の録音が単体でできたのは、それはそれで革命的なことではあった。

 で、さっきAmazon.co.jpで見つけたのが下記の製品。

 ICレコーダーとラジオ受信機を組み合わせたものだ。同種の製品としてはオリンパスのものがあったが、いずれも製品ジャンルとしてはマイナーなものだろう。でも複数メーカーから登場しているということは、それなりの市場があるのかもしれない。いずれにせよ、たとえばラジオの語学講座などで勉強している人にはこれはかなり便利なのではないか。iPodでPodcastingを聞くような使い方を、ラジオでも出来るようにしたと言えばそれまでだが、ありそうでなかったこの種の製品、私自身が個人的に使うシーンを想定しにくいが、何となく使ってみたいような気もするのだ。

|

« 20年前のリフィルは、最新のバインダーと互換性がある! | トップページ | 「あとで読む」の本当の効用は、“読んだつもり”になれること »

アナログ/デジタル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/45181157

この記事へのトラックバック一覧です: ラジオカセットを現代の技術でつくるとこんな感じ?:

« 20年前のリフィルは、最新のバインダーと互換性がある! | トップページ | 「あとで読む」の本当の効用は、“読んだつもり”になれること »