« ロングテール虎の穴みたいな商品である手帳 | トップページ | 「手帳の文化史」連載しています »

2009/04/12

そうは言っても、ノート術ってのもあるわけで

 先日のエントリーでは、文房具はパソコンにくらべて、できることの幅が小さいにもかかわらず、利用時のイメージは圧倒的に自由度が高いような印象がある旨のことを語った。

 で、本日のテーマですが、そうはいってもノートの取り方、いわゆるノート術というのも世の中にはあるわけだ。

 ノートの紙面の中に、何をどのように書くのか。キーワード同志の配置とその相関関係とか、色分けの意味づけとか、はたまたマインドマップのような、それまでにないタイプのメモの書き方など。確かにノートは、いかようにも使えるけれど、その中で一定のルールに沿って記述、記録することで頭の中が整理されたり、物事の因果関係、相関関係がはっきりわかったりする。この辺は、パソコンでも同じ事ができるのだろうが、紙のノートのほうが、よりダイレクトに成果を出している感じがあると思う。

 最近話題になった東大合格生のノートはかならず美しいもその一つだろう。

 自分に関して触れておくと、メモ術みたいなことは多少考えて実践しているけれど、これだというヒッサツワザ的ノート術はまだ見つかっていないかもしれない。みなさんは、ヒッサツワザ的ノート術、持っていますか?

 

|

« ロングテール虎の穴みたいな商品である手帳 | トップページ | 「手帳の文化史」連載しています »

文房具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/44650143

この記事へのトラックバック一覧です: そうは言っても、ノート術ってのもあるわけで:

« ロングテール虎の穴みたいな商品である手帳 | トップページ | 「手帳の文化史」連載しています »