« Wordの“A4編集力”に役立つ記事がありました | トップページ | 専門家の話を聞くときにはICレコーダーを使おう »

2009/04/08

ウィルコムの新型端末は、リファロの再来なのか

 すでに、いろいろなブログで取り上げられて話題の、システム手帳に収まるウィルコムの新型端末。詳しい仕様は明らかになっていないが、「DIME」(2009.4.21号)の記事によれば、Webブラウザを内蔵し、ソフトウェアキーボードによる文字入力も可能らしい。

 システム手帳と電子デバイスの融合を試みた例は過去にもあった。拙著『システム手帳の極意』でも触れた、京セラ製の「リファロ」がそれだ。リファロはバインダー型の本体に電磁誘導式キーボードや液晶ディスプレイなどを備えた、一種のパソコンだった。

リファロについては、この記事が詳しい。

 さてこのウィルコム製の新型端末は、どんな仕様なのだろうか。個人的には、Bluetooth対応で、外付けキーボードの利用ができるととてもいいと思うのだが。

 でも、この端末をリフィルとして自分のバインダーに入れたいって思う人はけっこういそうだよね。

|

« Wordの“A4編集力”に役立つ記事がありました | トップページ | 専門家の話を聞くときにはICレコーダーを使おう »

スマートフォン/PDA・ガジェット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/44608987

この記事へのトラックバック一覧です: ウィルコムの新型端末は、リファロの再来なのか:

« Wordの“A4編集力”に役立つ記事がありました | トップページ | 専門家の話を聞くときにはICレコーダーを使おう »