« 手帳とノート、そしてパソコンのシステム構成 | トップページ | ネット上で自分の意見をあきらかにすることの意味 »

2009/03/23

ロール型ペンケースは、端には細い軸のペンを中央には太い軸のペンを入れると具合がいい

 先日購入していらい愛用しているデルフォニクスのロール型ペンケース。最近気がついたのが表題のことだ。端には細いものを、中央には軸の太いものを入れるのが具合がいい。

 具合がいいというのは、本体を巻いてホックで留めるときのことだ。端に軸の細いペンを、万なかあたりに軸の太いペンを入れておくと本体のバンドで止めるときにうまく丸くなってくれる。その反対に、端に軸の太いペンを入れると、ホックが留まらないことすらある。

 まあ、入れるペンの絶対的な本数が少なければこの法則(というほどでもないか)は当てはまらなくなる。それは同時にこの種のペンケースを使わなくても携帯できる数ということはなるわけで、それは例外的なケースだろう。

 せっかく使うのなら、いつもホックを留めるのに心を砕くのでは興ざめだ。あまり意識せずに使いこなすために表題のようなことを気にするといいかもしれないです。

↓デルフォニクスのロール型ペンケース。色バリも、カーキ、オレンジ、ブラックなど多数あります。


|

« 手帳とノート、そしてパソコンのシステム構成 | トップページ | ネット上で自分の意見をあきらかにすることの意味 »

文房具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/44445407

この記事へのトラックバック一覧です: ロール型ペンケースは、端には細い軸のペンを中央には太い軸のペンを入れると具合がいい:

« 手帳とノート、そしてパソコンのシステム構成 | トップページ | ネット上で自分の意見をあきらかにすることの意味 »