« 次回の手帳オフは3/7(土)に開催。テーマは“メモ” | トップページ | 綴じ手帳を一から自作している方はお知らせください »

2009/02/11

Webページをじっくり読む方法

 ネットサーフィンしていてじっくり読みたいとおもうWebページを見つけたときにはどうすればいいだろう。
 ネットに接続しているときに困るのは、そのページに複数のリンクが含まれていることで注意が散漫になりやすいことだ。いくら興味深いことが書いてあっても、派手なバナーや、他の記事のキャチーな見出しについつい気が散ってしまった経験は誰にでもあるだろう。

 一つのやり方は、プリントアウトしてしまうこと。そして移動中の電車の中などで読むことだ。この方法の難点はプリントアウトしたものを持ち出すまでに紛失する可能性があることだろうか。またWeb自体のレイアウトとは違った見え方になる。じっくり読みたいものは、文字中心のコンテンツだろうからあまり大きな影響はないかもしれないが。

 もうひとつの方法は、ネットブックやモバイルPCを使うやり方。といっても無線LANスポットで読むわけではない。それでは注意散漫な状態を持ち運ぶだけだ。無線LANのスイッチをオフにすることもできるだろうが、それはいつでもオンにできることでもある。

 具体的には次のようになる。
 まず、読みたい記事をネットに接続した状態でWebブラウザで開く。そしてパソコンをスリープ状態にしてから、ネット環境のないところで読むのだ。普通の喫茶店でも無線LANのない電車の中でもいい。ネット環境がないとわかっていれば、派手なバナーやキャッチーなタイトルの誘惑を簡単にあきらめられる。
 Webブラウザの仕様にもよるが、数ページは保持できるはずだ。私の使っているFirefoxではこの方法が有効でした。タブを複数開き、それぞれ別のページを読み込んでおくこともできる。

 そんなふうにして、今日読んだ記事が以下のもの。おもしろかったです。


 http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20090203/184786/


|

« 次回の手帳オフは3/7(土)に開催。テーマは“メモ” | トップページ | 綴じ手帳を一から自作している方はお知らせください »

パソコンでムダに忙しくならない50の方法 」カテゴリの記事

コメント

おなら出ちゃっ太さん
 テキストのみなら、コピーしてエディターに貼り付けて印刷する手はたまに使っています。
 さらに昔は、CFカードにコピーし、防水型PDAで風呂の中で読んだりもしましたっけ。
 コメントありがとうございました。

投稿: 館神龍彦 | 2009/02/25 21:48

オイラはプリントアウト派ですね。
紙がもったいないので裏紙にプリントします。会社でプリントするので持ち出しても問題ない裏紙ですが。
バナーやリンクが気になる、というよりも長文になった場合、ディスプレイ上で読むのが辛いから、ですね。(^^;
ブラウザをそのまま印刷することもあれば、本文をエディタにコピーしてテキストのみ印刷したり。
本文を選択反転してプリントする、というテクニックは何故かプリンタでエラーになります。(^^;

投稿: おなら出ちゃっ太 | 2009/02/12 09:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/44019921

この記事へのトラックバック一覧です: Webページをじっくり読む方法:

« 次回の手帳オフは3/7(土)に開催。テーマは“メモ” | トップページ | 綴じ手帳を一から自作している方はお知らせください »