« これからの手帳オフではより広汎なテーマを扱っていきます | トップページ | 手帳を自作した方から『手帳進化論』の感想をいただきました »

2009/01/25

デジタルカメラをUSBメモリー代わりに使う方法

 私の使っているデジタルカメラは、RICOHのCaprioR7というモデルだ。この機種は、PictBridge対応で、同規格に対応するプリンターとダイレクトに接続してプリントすることができる。

 そのために購入したケーブルを使って、パソコンとこのカメラを接続すると、パソコンのエクスプローラー画面で、カメラ内部のファイルを見ることができる。さらには、カメラ内部の内蔵メモリーにファイルを保存したり、そこからコピーしたりすることができるのだ。

 もちろん、こんなワザを使わなくても、記録用のSDメモリーカードがあれば、二台のパソコン間でファイルのやりとりはできる。また、ネット環境さえあれば、メールなり、Webストレージを使う手もある。

 ただ、ひょっとしたらこの両方の手が使えない状態でファイルをやりとりする必要が出てくるかもしれない。そんなときにはこんな方法があることを覚えておくと便利かもしれない。
 まあ、あくまでちょっとした裏技の域を出ないかもしれませんが。

|

« これからの手帳オフではより広汎なテーマを扱っていきます | トップページ | 手帳を自作した方から『手帳進化論』の感想をいただきました »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/43855541

この記事へのトラックバック一覧です: デジタルカメラをUSBメモリー代わりに使う方法:

« これからの手帳オフではより広汎なテーマを扱っていきます | トップページ | 手帳を自作した方から『手帳進化論』の感想をいただきました »