« わかっている予定はできるだけ書いてしまう | トップページ | 5万円パソコンによって自由になったこと »

2009/01/03

綴じ手帳をどうやって拡張するか?

 今回のテーマは表題の件です。

 家庭用の手帳として、綴じ手帳を使い始めて感じた。綴じ手帳は、紙を一時的に挟み込んだりするのはたいした手間ではないが、次々とページを増やしたり、逆に記入済みの不要なページを取り除くのには向いていない。当然と言えば当然だが、システム手帳のような自由度はそこにはないわけだ。

 手帳カバーを利用するのは一つの手だ。これも綴じ手帳をずっと使っている人ならば、やっている方法があると思う。もしよろしければ教えてください。どうぞよろしくお願いします。

|

« わかっている予定はできるだけ書いてしまう | トップページ | 5万円パソコンによって自由になったこと »

手帳」カテゴリの記事

コメント

( )さん ※お名前がないのでこのように表記させていただきます。

 コメントしていただいた方法が今ひとつわからないのですが、メモ帳と手帳を併用し、手帳の記入スペースが足りなくなったら、メモ帳のページを切って足しているという理解でよろしいのでしょうか?
コメントをありがとうございました。できれば次回はお名前を賜りたく。

投稿: 館神龍彦 | 2009/01/11 05:25

ちょるるんさん
 メモ用紙をその日のページに貼るのは便利そうですね。システム手帳だとリフィルを追加となりますが、テープで貼った方が一覧性は高いかもしれません。
 コメントありがとうございました。

投稿: 館神龍彦 | 2009/01/08 22:10

はじめまして。
私もPDAからシステム手帳からいろいろ浮気して、
結局リング綴じの無地のメモ帳(厳密にはダブルリング綴じの小さなスケッチブックを胸ポケットに入るサイズに切ったもの)を使っています。
ダブルリング綴じであれば、おなじ手帳の紙をはずし、使っている方に足していけます。


投稿: | 2009/01/06 17:14

はじめまして、いつも楽しく見させていただいています
私はここ10数年くらい時々電子手帳に浮気しながら綴じ手帳を利用しています
私の手帳は常に携帯させるためポケットサイズのものをチョイスしています
できるだけ不足しないように使ってますがとうぜん書くスペースが少ないので拡張が必要になることがあります
ということで原始的な方法なのですが以下の方法にて管理しています
まず手帳より小さなサイズのメモ紙を手帳のポケットに挟み込んでおきます
一週分で書ききれなくなった場合拡張用のメモ紙に書き込みポケットにしまっておいて後でテープで該当ページに見開きが出きるように貼り付けます
わざわざそのページに貼りつけるのは後で見たときに別のページに書いてあると見落としてしまうからです
またメモ書きするさい気をつけていることは必ず日付を書いておきます
こうしておけば万が一後でテープが剥がれてもどのページのメモか分かります
昔は付箋紙でやってましたが接着力が緩くなり剥がれたことがあったのでこのような方法にしています
以上、長々と書きましたが実際に拡張することなんてほとんどないような使い方しかしてないのでできる方法なのかもしれません(笑)

投稿: ちょるるん | 2009/01/06 08:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/43628451

この記事へのトラックバック一覧です: 綴じ手帳をどうやって拡張するか?:

« わかっている予定はできるだけ書いてしまう | トップページ | 5万円パソコンによって自由になったこと »