« どんなペンケース使っていますか | トップページ | システム手帳から綴じ手帳に乗り換えた方、いらっしゃいますか? »

2009/01/28

高級ICレコーダーは“音の一眼レフ”になるかも?

 今回は昨日取材に来られた方にお話ししたことです。
 オリンパスLS-10のような、高級ICレコーダー(※)は、“音の一眼レフ”になる可能性を秘めている。

 本体から半ば独立したように、角が生えたようなスタイルで用意されたステレオマイクや、大型の液晶ディスプレイ。LS-10のこれらの特徴は、既存のICレコーダーと大きく差別化されている。それは見る者に、プロ仕様的なイメージを強烈に印象づける。
 つまり、取材なり会議なりで音声を録音される側に、“襟を正す”必要を多少なりとも感じさせられるのではないか。
 また、LS-10の背面には三脚の穴がある。ただ机の上に置くのではなく、小型でもいいから、三脚を立てその上に設置すれば、効果はいっそうあるだろう。

 これはいってみれば、コンパクトデジカメで撮られるのと、デジタル一眼レフで撮られるケースの違いのようなものではなかろうか。
 もちろん、リニアPCM録音が可能であるという性能面でのアドバンテージも無視できないが。

 このLS-10、個人的にはSLの音とかを生録したいものではあるが・・・。

※ ざっくりと乱暴な名称を書いてしまったけれど、製品ジャンルとしては、リニアPCMレコーダーということになるのでしょう、おそらく。

|

« どんなペンケース使っていますか | トップページ | システム手帳から綴じ手帳に乗り換えた方、いらっしゃいますか? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/43880968

この記事へのトラックバック一覧です: 高級ICレコーダーは“音の一眼レフ”になるかも?:

« どんなペンケース使っていますか | トップページ | システム手帳から綴じ手帳に乗り換えた方、いらっしゃいますか? »