« 5万円パソコンにインストールしているソフト | トップページ | 「手帳を使ってて助かった!」と思ったのはどんなとき? »

2008/10/05

ソフトウェア、WebとPCどっちが便利

 今回もまた簡単に答えが出せそうにはない問題です。

 2005年ぐらいまでは、パソコンのソフトウェアとは、ハードディスクにインストールして使うものだった。これがまだ主流なのは間違いない。

 最近存在感を増してきているのが、WebアプリとかWebツールとよばれるもの。Web上で使えるアウトラインプロセッサまであるのには驚きを禁じ得ない。

 で、これはどっちが便利なのだろうか。インターネット接続機能のないパソコンはほとんどないようなものだから、ファイルの一元化ができる点では、Webツールのほうが便利だ。でも、逆にファイル形式は限られる。

 私が使っているエディターでは、独自の拡張子を登録して、その拡張子独自の仕様を設定したりできる。こういう自由度の高さはWebツールにはあまりないような気もする(きっちり調べてないので何ともいえないけれど)。

 ただまあ、GoogleChoromeの仕様などを見ていると、Web上のサービスなりソフトウェアなりを使うことが今後はもっと普通になることは想像に難くない。
 そのときに、PCにインストールするタイプのソフトはどこにアドバンテージを見いだすのか。私も考えていきたいし、同時に見守っていきたいと思います。


|

« 5万円パソコンにインストールしているソフト | トップページ | 「手帳を使ってて助かった!」と思ったのはどんなとき? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

おなら出ちゃっ太さん

 データがどこに保存されているかの問題は、大きいというか無視できないですね。ブログの場合は確かバックアップツールがあるはずです。私の例だとubicastBloggerというブログクライアントソフトを使っていて、それはバックアップができます。あとは引っ越しツールなどもありますね。

 コメントありがとうございました。

投稿: 館神 | 2008/10/09 21:48

操作性や接続環境の問題もありますが、さらにデータの保存に関する問題があります。古い人間なのか、自分のデータは自分の手元に置いておきたいなあ、と。
例えばデータを保存したハードディスクなどの自分が持っている記憶媒体が壊れたり無くしたりすることと、ネット経由でサーバに保存されたデータが消えるのとでは、どう考えても前者の方が喪失の可能性が高いです。
しかしサーバを管理している会社が潰れたり、有料サービスだったら会費が払えなくなったりすることもないとは言えません。ブログなんかはその典型的な例で、何かの拍子に自分が書いたブログがある日突然全部消えてしまう、ということもなくはない。その損失は社会的人類的にはまったくもって痛くもかゆくもないのですが、本人にとっては大きな損失です。
また自前の記憶媒体を壊したり無くしたりしても、それなりにまあ、なんとか自分が悪いとアキラメはつくのですが(つけないと仕方がないし)、万が一、サーバが壊れてデータが消えたら管理会社に対する恨みが残るばかりでアキラメはつかないと思います。会社としてはデータ喪失の責任はとれない、というスタンスでしょうから。
自分でhtmlを書いてftpでアップロードしたサイトのデータはすべて手元にありますが、ブログはそうはいかない。
なんらかの形で、全ページを保存しておきたいのがホンネです。

投稿: おなら出ちゃっ太 | 2008/10/09 17:29

おなら出ちゃっ太さん

 Webツールは環境に左右されますね。ご指摘のように、回線やログインの手間、Webブラウザなどなど。
このうち、2つめと3つめは自宅の環境ならば解決できる気もしますが、回線はどうにもならない場合もありますよね(ADSLだけれど局が遠いとか)。

 ただ、Webアプリって急速に普及しつつある印象があります。そのことって回線の問題については、多くの人、地域で解決されたことなのかもともおもうのです。

 あとは感覚的な問題でしょうか。たとえばメールとかだとWebメールはデータが一元化されているから、誰かにメールするときにもパソコンのソフトで設定しているメールのように自分にccしなくていいのは大きなメリットだと思います。
 でも感覚とか操作性がしっくりこない感じがあります。まあ、これはメールソフトに設定できるWebメールを使えばいいのかもしれませんが。

 この件ももう少し考えます。コメントありがとうございました。

投稿: 館神龍彦 | 2008/10/08 11:31

実際にネットに繋がっているパソコンが主流とはいえ、オイラの家の環境のようにアナログダイアルアップの人間もいるわけで。
ブロードバンドであってもネットワーク障害も起こりうるし、アプリケーションを使うのにログインの手間もかかりますし。カスタマイズ性の問題ももちのろんです。
だいたいwebアプリによってはブラウザに依存するものもあるようですし。最近は知らないけど、前に試したFプランナーのweb版がIE限定で使い物になりませんでした。
オイラはOperaユーザーなもので。(^^;

ですからやはり手元にアプリケーションがあるのがいいと思いますです。

投稿: おなら出ちゃっ太 | 2008/10/07 16:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/42690557

この記事へのトラックバック一覧です: ソフトウェア、WebとPCどっちが便利:

« 5万円パソコンにインストールしているソフト | トップページ | 「手帳を使ってて助かった!」と思ったのはどんなとき? »