« 手帳質問シリーズ:一番おもしろかった手帳特集の雑誌は? | トップページ | テーマを決めて手帳を整理する »

2008/10/24

PCの性能を決めるのはプロバイダーとかネットツールの仕様?

 今回はUMPC/ネットブック関連の話です。

2008年現在、パソコンの性能を決定するのはひょっとしたら、プロバイダーなのではないか?

今でも仕事で使うのは、WordとかExcelとかPowerpointが圧倒的に出番が多い。これはしばらく変わらないと思える。 その一方で、ネットツールの出番がどんどん広がっている。メインのアドレスをGmailにしてしまった人は珍しくないだろうし、 今やアウトラインプロセッサまで登場するほどだ。

 であるのなら、いずれはパソコンの性能、いや使い勝手を左右するのはプロバイダーとか、 利用しているネットサービスの仕様となるのではないか。一例を挙げると、メールの受信ボックスは現時点では、 50MB程度では足りなくなりつつある。業務の種類にもよるだろうが、一日に合計100MB程度のファイルを受信するケースもあるだろう (私が今まさにそういう状態だったりもするが)。

 パソコンで重要なスペックは、CPUとかメモリー搭載容量、それにグラフィック機能などだったはずだが、 現在ではこういうネット環境的なことも決してバカにできない、いや無視できなくなっているのではないだろうか?

 

|

« 手帳質問シリーズ:一番おもしろかった手帳特集の雑誌は? | トップページ | テーマを決めて手帳を整理する »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/42891739

この記事へのトラックバック一覧です: PCの性能を決めるのはプロバイダーとかネットツールの仕様?:

« 手帳質問シリーズ:一番おもしろかった手帳特集の雑誌は? | トップページ | テーマを決めて手帳を整理する »