« ネットの使われ方とかコミュニティのありかたは、かつてのラジオのそれに似ているのではないか | トップページ | それもまたCGM的な現象の結果である・・・ »

2008/09/23

5万円パソコンは、ひさしを貸して母屋を取られたことの象徴?

 今回もネットブック/UMPCネタです。

 そもそも今日の事態は、Windows95登場当初から予測できたかもしれない。5万円パソコンは登場してあっという間に市場を作ってしまった。で、そのメインのうりは、ネット接続なわけだ。動画コンテンツが駒落ちしたりといった不満はあるだろうが、それも新モデル登場に伴うスペックアップで解消されるだろう。

 で、要するにインターネット環境の普及はネット上に膨大なコンテンツを蓄積し、その結果パソコンは文字通り端末にしかすぎなくなった。かつては、ソフトウェアを利用するための道具だったパソコンは、ネット上の各種コンテンツやWebサービスを利用するためのインターフェースに成り下がってしまったように思える。

 でもってこれって、表題のようなことではないか。本来はパソコンの一利用目的に過ぎなかったはずのインターネットは、今ではパソコンのありようを左右するような巨大なものになっている。それって、ひさしを貸して母屋を取られるようなことだとも思うのだが。

|

« ネットの使われ方とかコミュニティのありかたは、かつてのラジオのそれに似ているのではないか | トップページ | それもまたCGM的な現象の結果である・・・ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

おなら出ちゃっ太さん
そうなんですよね。
パソコンはかつては、文書作成機だとか、画像加工とか、何かを処理して生み出すための機械だった。
ところが今は、インターネットというメディアを視聴するための受動的な機械になっている。
もちろん、SNSとかBlogとかで情報発信もできるけれど、それって書類を作って印刷するのとは、微妙に違うことですよね。
「テレビ的な行為に変質した」というのがとてもおもしろいと思いました。
コメントありがとうございました。

投稿: 館神 | 2008/09/25 22:41

新卒者採用も庶務のひとつなのですが、学生にパソコン初体験を尋ねると、ホームページ(IEによるサイト閲覧)とかメール、という答が多いです。
ちょっと前までは、ワープロとかCADとかお絵描きソフト、そしてゲームが中心だったのに。
年賀状でもなんでもいいから「何かを作る・創る」というパソコン体験から、与えられたものを見るというテレビ的な行為に変質したことの意味はとても大きいですね。

投稿: おなら出ちゃっ太 | 2008/09/25 14:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/42571780

この記事へのトラックバック一覧です: 5万円パソコンは、ひさしを貸して母屋を取られたことの象徴?:

» 5万円パソコンとインターネット [PDA x ケータイ FAN]
パソコンとインターネットについての記事が、手帳関連で有名な館神blogさんに掲載されていました。 要するにインターネット環境の普及はネット上に膨大なコンテンツを... [続きを読む]

受信: 2008/09/24 01:09

» http://onara931world.at.webry.info/200810/article_20.html [おなら出ちゃっ太の日々是平日]
職場では新卒者採用も業務のひとつとして担当していますが、最近になって気づいたことがあります。 さすがに今時、パソコンを使ったことがない、という学生はほとんどいないのですが。 そのパソコン初体験を尋ねるとここ十年ほどで変化が見られます。... [続きを読む]

受信: 2008/10/15 15:53

» パソコン初体験の変質 [おなら出ちゃっ太の日々是平日]
職場では新卒者採用も業務のひとつとして担当していますが、最近になって気づいたことがあります。 さすがに今時、パソコンを使ったことがない、という学生はほとんどいないのですが。 そのパソコン初体験を尋ねるとここ十年ほどで変化が見られます。... [続きを読む]

受信: 2008/10/15 15:54

« ネットの使われ方とかコミュニティのありかたは、かつてのラジオのそれに似ているのではないか | トップページ | それもまたCGM的な現象の結果である・・・ »