« 「あとで読む」+GmailでWebページを蓄積・検索 | トップページ | DSも新しいメディアになりつつある? »

2008/08/23

D4とそれ以外のモバイルノートとの最大の違い

 ネット上でも各種メディアでも賛否両論あるウィルコムのD4。そのD4と他のモバイルノートPCとの最大の違いは何だろうか?

 それは一言で言えば、「一台目かどうか」(※)につきるのではないか。D4は外出時は単体で、 自宅やオフィスではディスプレイなりキーボードなりを増設して、 常にそのハードディスクに蓄積した情報を参照するような利用スタイルが想定されている。また、 D4のハードウェア的なスペックはそういった用途に耐えられる程度の最低限の条件は満たしているように思える (HDD容量はもう少し大きくてもいいと思うが)。また、場所を問わずに常時接続という、 モバイルノートが今まで単体でなしえた例はほとんどなかった運用スタイルをPHSの実装という形で実現可能にしている。

 その点、EeePCやHPのminiNote(※2)などは、かなり割り切られている印象がある。無線LANこそ装備しているが、 筐体のサイズやキーボードのできなど、わざわざ拡張しなくてもいい程度のサイズを持っており、それが逆に2台目、 3台目であることの証明だと思える。だからこそ、光学ドライブを内蔵していなくてもいいわけが立つところがある。

 それはまた、「特定のソフトをインストールしなくても使えますよ」というメッセージと解釈することすら可能だ。この部分の 「かろやかさ」のようなものは、光学ドライブ内蔵が技術的に難しく、大型ノートのみが光学ドライブを内蔵していた時代(10年ぐらい前) のモバイルノートと根本的に違うところだ(※3)。

 D4はこういうかろやかさとは無縁だ。ボディサイズこそ小さいがあくまでフルスペック指向であり、そのためには、 PHSすら内蔵してしまったがんばりはだが、繰り返しになるが、低価格なモバイルノートにはないものだ。

 どちらがいいとか悪いとかは一概には言えない。だがD4にはないかろやかさが、 低価格モバイルノートの今日性だということはできると思う。

※1 ここで言う「一台目」とはメインで利用するパソコンという程度の意味だ。

※2 この二台をひとまとまりにすることに違和感がある方はいらっしゃるだろうが便宜的に。また特にHPのミニノートは、 メーカー自体は「フルスペック」を標榜している。

※3 同時にこの間に公衆無線LANのインフラは整備され、 PCの主な用途がWebやメールやWebツールになったであろうことも感じさせる。

|

« 「あとで読む」+GmailでWebページを蓄積・検索 | トップページ | DSも新しいメディアになりつつある? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

hikさん、お返事遅くなりました。
iPodとの比較、非常におもしろかったです。資源再活用ととらえると、いろいろなことがすんなり説明できますね。コメントありがとうございました。

投稿: 館神 | 2008/09/07 07:05

情報の個人向けハブ端末といってもいいかもしれませんね。

投稿: hik | 2008/08/25 10:24

環境適応をし、どこにでも接続を可能とする端末という意味合いで使いました。
いろいろな携帯での接続。外付け機器に対する接続
家庭内、モバイル環境における無線LAN、有線LAN
BLUE TOOTHによる接続と拡張。

これらを利用するためにはキーボード、ポインティングデバイス(トラックパッド)、USBポート(複数が必要)情報源からの情報を一時的に記憶するための記憶装置(大きなものでなくてもよい)充電機会を少なくするための長時間利用を可能とするバッテリー、視認性に優れたモニターがひつようとなってきます。

これらの条件を偶然だとおもいますがnetbookは満たしていた。個人や社会に充分にインフラが整った状態では本来貧困国むけに最低限の機能にダイエットさせたpcだったはずのnetbookは有機的なものとなりえる。

今年度の下半期のnetbookの出荷台数は先進国を中心としてノートブック売り上げの半数をしめるといわれていますが、先進国のインフラを考えるとこお出荷台数も十二分にうなづけるものだとおもいます。

この現象はipodでもみられた現象です。
ipodが爆発的に売れた大きな原因は、ユーザー側がすでに多くのCDを所有し、パソコンをもち、レンタルショップや友人からCDも借りれるといった、資産の再活用機会があったからだとおもいます。
それとおなじくnetbookにも資産再活用の機会があり、そういったユーザーたちが潜在的にいたということなのだろうと思います。

投稿: hik | 2008/08/25 10:22

hikさん
ORIGAMI、確かにそうかもしれませんね。
D4もそれ以外のUMPCなどもこのコンセプトがあってこそだとは思います。
ところで、この場合の「ソリッドステート」とはどういうニュアンスなのでしょうか。
浅学にしてよくわかりませんでした。お手すきの時にでも解説していただけると助かります。
コメントありがとうございました。

投稿: 館神 | 2008/08/25 07:41

D4はマイクロソフトのORIGAMIプロジェクトを忠実に実現させた機種だとおもいますよ。UMPCはORIGAMIから枝分かれして個人や社会の情報資産を再活用できるようにしたものだとおもいます。

asusやHPがそれを企図したかどうかわかりませんが情報資産に対してソリッドステートなものそれがnetbookじゃないでしょうか。

投稿: hik | 2008/08/24 21:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/42243784

この記事へのトラックバック一覧です: D4とそれ以外のモバイルノートとの最大の違い:

« 「あとで読む」+GmailでWebページを蓄積・検索 | トップページ | DSも新しいメディアになりつつある? »