« パソコンの環境設定は一種の引っ越し | トップページ | 1000entry達成 »

2008/07/07

10年で様変わりしたミニノートPC:HP2133とVAIO C-1を比較する その1

 先日のエントリーでHPのミニノートを購入した旨を記した。これを10年前のミニノートPC、 SONYのVAIO C-1と比べると同じようなサイズながら実に多くの違いがあることに気がつく。それは、日米のメーカーの違いであり、 時代の違いでもあり、コンセプトの違いでもある。これから何回かこの2台のミニノートPCの相違点について考えてみたい。

 まず付属品で一番大きな違いは、フロッピーディスクドライブの有無だろうか。VAIO C-1の箱には本体と同じ色の3.5インチフロッピーディスクドライブが同梱されている。これは本体の専用端子に接続し、 必要に応じて着脱していた。 C-1が発売された当時であってもファイルのやりとりにはまだまだ1.44MBを容量の上限とするこのメディアが使われていたことになる。

 今ではファイルのやりとりにはUSBメモリーや各種メモリーカード、それにメールでの送信や、 場合によってはWebストレージを使う。これは、二台のノートが作られたそれぞれの時代背景の違いによるものだろう。

補記 VAIO C-1が今まで処分されずにおいたのにはとくに理由はない。使わなくなってからもう数年以上は経っているから、処分し損なったというのが正しいだろう。C-1の初代機であることも少しは理由に含まれるかもしれないが。

|

« パソコンの環境設定は一種の引っ越し | トップページ | 1000entry達成 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/41762214

この記事へのトラックバック一覧です: 10年で様変わりしたミニノートPC:HP2133とVAIO C-1を比較する その1:

« パソコンの環境設定は一種の引っ越し | トップページ | 1000entry達成 »