« 「警察手帳進化論」 | トップページ | デジタルカメラは充電器とセットで保管しておこう »

2008/06/25

やる気ドーピングマシンとしてのガジェット

 スマートフォンとかPDAを趣味とするのはむしろ健全なのかもしれない。問題は表題の件、すなわちガジェットに、 自己啓発書に似た役割を担わせてしまう心性なのではないか?

 (今回も毎度の仮説です)

 小さなボディには十分にタイピングできるキーボードとWebをパソコンと同等に表示できるWebブラウザ、 メールに添付されたWordやExcelのファイルを閲覧のみならず、編集して返信できる。そんな小型で多機能なガジェットは、 なんだかやる気を出させてくれる。「これを買えばもっと仕事が出来るようになるかも」。 その予感とか期待はさほど間違っていないような気もする。

 でもただしかし、その高揚感のみを完全に手のひらに入れるためだけ、そのためだけにガジェットを購入するのなら、 それは読んだだけでそこに書いてあるノウハウを実践することのない自己啓発書みたいなものではないのか。まあ値段も数万円はするから、 そうはならないとは思うけれど、警戒したい。新しいPCを予約した私も自戒します。

|

« 「警察手帳進化論」 | トップページ | デジタルカメラは充電器とセットで保管しておこう »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/41644514

この記事へのトラックバック一覧です: やる気ドーピングマシンとしてのガジェット:

« 「警察手帳進化論」 | トップページ | デジタルカメラは充電器とセットで保管しておこう »