« インターネットマシン(ソフトバンク)は、ポケットボード? | トップページ | 情報はアナログでふるいにかけなさい »

2008/05/01

Webアプリがはやるわけ

 古くは各種Webメールから、最近ではGoogleカレンダーに至るまで、各種のWebツールが流行っている。


 パッケージソフトのような箱や紙のマニュアルを用意する必要がない、その結果流通(と言うのとはちょっと違う気もするが)
が簡単になる。それゆえ、ある程度普及しつつあるし、次から次へといろいろなツールが出てくるのもそのためだろう。
パソコン上で動作させる時のユーザー側のメリットとしては、データが常に1カ所にあるために、同期させる必要がないことなどだろう。


 いや実際には、たとえばスマートフォンでもパソコンでも、
Outlookやその他のスケジューラーとGoogleカレンダーを同期させるツールなどは存在しているし、
それはこれからもしばらくは必要とされるだろう。だが、“データの本体”(というのもヘンだが)
としてまずWeb上のものが重視されるようになったことで、同期というより、Web上の基準に合わせるという考え方になったのは、
インターネットへの常時接続がここまで普及していなかった時代にはあり得なかったことだ。


 昔、Novelはネットワークコンピュータという考え方を提唱していた。データは全てネットワーク上にあり、PCに相当するものは、
いわゆるシンクライアントだった。そして、今、このNovelの考え方に近い世界が到来しつつあるのかもしれない。


 

|

« インターネットマシン(ソフトバンク)は、ポケットボード? | トップページ | 情報はアナログでふるいにかけなさい »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Webアプリがはやるわけ:

« インターネットマシン(ソフトバンク)は、ポケットボード? | トップページ | 情報はアナログでふるいにかけなさい »