« 書き込み可能な電子ペーパー | トップページ | 過去の自分を肯定するために未来の自分をつぎ込んではならない »

2008/05/23

UMPCの本命登場?

 ASUSのEeePC登場によって、にわかにホットなジャンルになったウルトラモバイルPC。その市場に、 登場したのがヒューレット・パッカードのこれ。 OSは、WindowsVistaで、8.9インチ、1280×768ドット表示の液晶ディスプレイ、 このクラスとしては十分なサイズのキーボードと、さすがはHPとうならされるでき。

 バッテリー持続時間が公称2.3時間(スタンダードモデル)など、問題もないわけではないが、 それでも老舗メーカーがこのジャンルに戦略的な価格のモデルを送り出したことは素直に喜びたい。

 このモデル、かつてのHP200LXユーザーなら飛びつくのではないだろうか。いや私も真剣に欲しいです。

 

|

« 書き込み可能な電子ペーパー | トップページ | 過去の自分を肯定するために未来の自分をつぎ込んではならない »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

おなら出ちゃっ太さん、コメントありがとうございます。

>使い道は買ってから見つけるのが本道ですとも!
>( ̄∇ ̄)オホホホホ

 パソコンは一昔以上前は趣味という面もありました。新しいものが見せてくれる新しい夢を買う。今のパソコンが本当に新しいものかどうかは議論の余地がありますが、新しい製品というだけで魅力的に見えるのもまた事実ですよね。
コメントありがとうございました。


投稿: 館神龍彦 | 2008/06/01 10:43

keikichikunさん、コメントありがとうございます。
確かに似たようなカテゴリーのアイテムが2つあると、どちらを使うべきか悩んでしまいますね。考え得る解決策は、使い分けのはっきりしたルールを作ることでしょうか。
HP200LXが今も現役とは驚きです。あのサイズで、アーキテクチャーとしてはPCというのは、今も登場していないですからね。
コメントありがとうございました。

投稿: 館神龍彦 | 2008/06/01 10:40

いまだにHP200LXユーザーなので飛びつきたいところですが、冷静に使い道を考えると立ち止まってしまいます。
外出先でもネットカフェやOFFICE24のレンタルPCを使ってネットへのアクセスは可能だし、移動中にエクセルを使った仕事をするほどワーカホリックでもナシ。
ブログの下書きはモバイルギアやHP200LXで充分だし、ネタを練るのは頭と紙の手帳かノート。
室内で使うなら新たにノートPCを買う必要もないし・・・。

先立つものがないので買えないことを自分に納得させる理由を列挙してみました。

使い道は買ってから見つけるのが本道ですとも!
( ̄∇ ̄)オホホホホ

投稿: おなら出ちゃっ太 | 2008/05/26 14:27

英語キーボード派のわたしとしては、即、購入したいんですが---。ただ、EeePCのLinuxを個人輸入して使い込んでいるので、競合しないか?と、考えてしまいます。

MacもThinkPad Xも英語キーボードに取り替えて使っています。HP200LXは今も現役です。

投稿: keikichikun | 2008/05/25 18:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/41296213

この記事へのトラックバック一覧です: UMPCの本命登場?:

« 書き込み可能な電子ペーパー | トップページ | 過去の自分を肯定するために未来の自分をつぎ込んではならない »