« 神来e筆:毛筆の表現力を持つデジタルペン | トップページ | 手帳術を片っ端から試す時期があってもいいし、自己啓発本を読みまくる日々もそれなりに意味はあると考える »

2008/05/16

「手帳の文化史」連載しています

 NTT出版のWebで「手帳の文化史」をしています。

 内容としては、手帳とはそもそもなんなのか。どこにルーツがあるのかを考察するもので、手帳術とか時間術などはでてきません。 「手帳進化論」(PHPビジネス新書)の中で触れたことがらの内容、方向性をもう少し進めたものとして考えております。

 この「手帳の文化史」についてご意見、ご希望、ご感想などがありましたら、私宛にメールをいただけると助かります。 メール送信のリンクは、このBlogの画面右上にあります。どうぞよろしくお願いします。

 

|

« 神来e筆:毛筆の表現力を持つデジタルペン | トップページ | 手帳術を片っ端から試す時期があってもいいし、自己啓発本を読みまくる日々もそれなりに意味はあると考える »

手帳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/41222825

この記事へのトラックバック一覧です: 「手帳の文化史」連載しています:

« 神来e筆:毛筆の表現力を持つデジタルペン | トップページ | 手帳術を片っ端から試す時期があってもいいし、自己啓発本を読みまくる日々もそれなりに意味はあると考える »