« おぼえがき:手書きメモが「下書き」扱いになる理由 | トップページ | 「CHANGE」に見るドラマの小道具としての手帳 »

2008/05/12

LINICOLOR #328686

 以前のエントリーにコメントいただいたhikawaさんが触れていたリニカラーですが、これですね (リンク先は信頼文具舗さんです)。

 詳細はリンク先を見ていただくとして、これはなかなかよさげですね。クレールフォンテーヌというブランドもさることながら、 あざやかなカラーといい、マイクロカットといい、ページのフォーマットといい、なかなか使えそうです。

 まあ、使えそうということは、そこに書く中身もそれなりに求められそうで、値段とは別のところで恐れ多いような感じもするんですが。

|

« おぼえがき:手書きメモが「下書き」扱いになる理由 | トップページ | 「CHANGE」に見るドラマの小道具としての手帳 »

アナログ/デジタル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/41176868

この記事へのトラックバック一覧です: LINICOLOR #328686:

« おぼえがき:手書きメモが「下書き」扱いになる理由 | トップページ | 「CHANGE」に見るドラマの小道具としての手帳 »