« 誰にでも、自分なりのHackはある | トップページ | Webアプリがはやるわけ »

2008/04/30

インターネットマシン(ソフトバンク)は、ポケットボード?

ソフトバンクから登場した、携帯電話「インターネットマシン」こと922SHは、かつてのポケットボード(NTTドコモ) のようなものではないか?

 ポケットボードは、NTTドコモが90年代後半に発売したメール専用端末だった。携帯電話(当時はmova)のポートに接続。 QWERTY準拠のキーボードを装備してメールを送受信できるものだった。

 そしてこのインターネットマシンに強い既視感をおぼえたのは、これがポケットボードに重なって見えたからだろう。 通信手段としての携帯電話と一体になっていることや、Webブラウザも持っていること、ディスプレイがカラーだったこと (ポケットボードはモノクロ液晶)などの違いはあるし、コンセプトもまったく異なるが、それでもどこか重なってみえる部分がある。

 してみると、ウィルコムのD4などは、さしずめシグマリオンなのだろうか?

|

« 誰にでも、自分なりのHackはある | トップページ | Webアプリがはやるわけ »

スマートフォン/PDA・ガジェット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/41042302

この記事へのトラックバック一覧です: インターネットマシン(ソフトバンク)は、ポケットボード?:

« 誰にでも、自分なりのHackはある | トップページ | Webアプリがはやるわけ »