« 文具と文明 | トップページ | LUNARRの本質はなにか? »

2008/03/17

文具と文明 その2

 (昨日の続きです)

 文具と文明にはそれなりに密接な関係がありそうだ。そしてパソコンを文具と見なすのなら、これほど革命的な文具はないだろう。

 ノートやペンを使えば、考えたことを書き留める=記録することはできる。 これを広く世の中に出すために有効だったのがグーテンベルグの印刷術だったわけだが、インターネットに接続されたパソコンは、 印刷術などをことさら意識しなくても、広く世の中に自分の考えを問うことができるしくみを持っている。 そのひとつがBlogであることはいうまでもない。

 さてでは、グーテンベルグの印刷術はどういうルーツや本来の目的があり、そういった観点からBlogを見直すとどう見えるのか。

 それはこれから調べて考えます。

 

 

|

« 文具と文明 | トップページ | LUNARRの本質はなにか? »

アナログ/デジタル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/40527342

この記事へのトラックバック一覧です: 文具と文明 その2:

« 文具と文明 | トップページ | LUNARRの本質はなにか? »