« JUSTSuite2008導入 | トップページ | GoogleノートブックでWebをメモする »

2008/03/01

バイブルサイズの無地リフィルでリフィルを自作するのに最適なプリンター

 リフィルの自作に便利なプリンターの条件はいくつかある。
そのひとつはバイブルサイズの無地リフィルが簡単にセットできることであり、両面印刷に対応していることだろう。とくに後者の条件は、
実際にはリフィルのサイズから完全に自動とは行かないが、それでもパソコンの画面上で、裏返してセットする方向まで指示してくれると便利だ。


 こういう条件にかなうものとして筆者が使っているプリンターが、CANONのiP4500である。比較的安価だし、
交換インクも入手しやすい。「システム手帳の極意!」には、この機種の先代に当たるiP4200について具体的な使い勝手や、
操作画面も紹介したが、iP4500にもそれらの機能は引き継がれている。


 もしこれから、バイブルサイズのリフィルを自作しようと考えているのなら、このプリンターはオススメです。

|

« JUSTSuite2008導入 | トップページ | GoogleノートブックでWebをメモする »

・システム手帳の特徴と手帳術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バイブルサイズの無地リフィルでリフィルを自作するのに最適なプリンター:

« JUSTSuite2008導入 | トップページ | GoogleノートブックでWebをメモする »