« デジタルとアナログを使い分ける知的生産の技術:「アイデアを生むデジアナ道具術」 | トップページ | EeePCはWebを重視した新種のデバイス(後編) »

2008/02/05

EeePCはWebを重視した新種のデバイス(前編)

 EeePCが話題になっている。
すでに多くのニュースサイトやBlogで指摘されているようにノートパソコンとしてみれば、CPUやハードディスクの空き容量、
それに搭載OS(日本国内版はWindowsXP。他の国ではLinuxらしい)は、価格の安さや小ささ、
軽さというアドバンテージを鑑みても、見劣りは否めない。しかしこのハードウェアは、そもそもノートパソコンなのだろうか?


 筆者の考えは違う。上記の公式サイトにも同じようなことが書いてあり、我が意を得たりと思ったのだが、
これはインターネットに接続されることを前提に作られた、新しい種類の機器だと思える。その一方で、小型デジタルデバイスとしては、
かつてのHP200LXなどと似ている面もある。(後編につづく)

|

« デジタルとアナログを使い分ける知的生産の技術:「アイデアを生むデジアナ道具術」 | トップページ | EeePCはWebを重視した新種のデバイス(後編) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EeePCはWebを重視した新種のデバイス(前編):

« デジタルとアナログを使い分ける知的生産の技術:「アイデアを生むデジアナ道具術」 | トップページ | EeePCはWebを重視した新種のデバイス(後編) »