« EeePCはスマートフォンのライバル? | トップページ | 電波時計vsサマータイム »

2008/02/20

EeePCの容量不足を補うには

 EeePCには、いわゆるノートパソコンのような大容量の記憶装置がない。これを補うためにもっとも手軽な方法は、 Webストレージを使うことだろう。

 外付けのハードディスクでも悪くはないかもしれない。現在ではUSB接続・給電のポータブルタイプ(80~120GB) が1万円前後で入手可能だ。だがこれだと、EeePCの機動性が損なわれてしまうし、いちいち接続しなければ使えないのも面倒だ。

 だからいっそのこと、ネットワーク上にこれをゆだねてしまう。そしてそのために、データ通信の手段を確保しておく。 標準の無線LANのみならず、PHSや携帯電話のデータ通信カード/ユニットを常に携帯する。そのことで、 EeePC自体のハードウェア的な、容量不足は解消できるだろう。

 

 

|

« EeePCはスマートフォンのライバル? | トップページ | 電波時計vsサマータイム »

スマートフォン/PDA・ガジェット」カテゴリの記事

コメント

hikawaさん、コメントありがとうございます。

コメントのURLを見ました。これいいですねぇ。
スマートフォンの電話としての機能を使いながら、無線LANを使って他の機器に対して、いわばモデム的に働かせるというのはすばらしいですね。端子も消費しないので画期的だと思います。
コメントありがとうございました。

投稿: 舘神 | 2008/02/28 20:22

たしかにスロットルがふさがるのは痛いですね。
僕の場合はUSBスロットが一個しか付いていない機器を使っていますので、以下のリンクにあるようなものを使っています。

ttp://iseebi.half-done.net/?Software/ZEROProxy

かばんの中でZERO3をオンラインにしてtouchやノートを接続する。公衆無線LANがないときには非常に重宝しています。ZERO3がプロクシーになっているときには電話は使えませんけどね。まぁそのときはボイスメールで対応したりしています。

投稿: hikawa | 2008/02/22 11:46

hikawa さん、コメントありがとうございます。
USBメモリーにしろ、SDカードなどのメモリーカードにしろ、本当に安くなりましたよね。十年くらい前は、2MBで3万円とかだったのが嘘のようです。

またご指摘のように、Webストレージは通信環境が安定していないとストレスが多くて使えないかも知れません。私も公衆無線LANサービスを2種類契約していますが、両方ともいつも安定して使えるわけではありません。

無線LANが快適に使えなかった場合には、私はデータ通信カードを使います。現在使っているノートにはPCカードスロットがあるのでそれを使えばいいのですが、カードスロットのないEeePCでは、USB接続型のユニットを使うようになるかもしれません。その場合、USBメモリーとの同時利用はできないかも知れません(USBハブはこういうケースで利用できるのかどうかですが)。この辺もこのEeePCの割り切りなのかなあという気はしますね。

コメントありがとうございました。

投稿: 舘神 | 2008/02/22 10:32

USBメモリーという手もありますね。
8Gで三千円程度までに暴落していますし、持ち運びやデーター交換もいたって簡単です。ネットディスクは接続されているネット環境、とくに速度に影響されますから、ネット環境が整備された自宅や会社以外では非常に時間がかかってしまいますから、USBめもりーというものも選択肢の一つだとおもいます。

投稿: hikawa | 2008/02/21 17:56

はじめまして。
当ブログへのコメントありがとうございます。
また失礼なエントリーにもかかわらず、寛大な対応に感謝いたします(>_<)
当方もあくまでも率直な私の見解でして、舘神さんに意見を述べたり、論争もしたいわけではないので、こちらにコメントもトラバもしませんでした。
ご了承下さい。
今後ともよろしくお願いします。
ちなみに、著書は拝見しております。

投稿: morotaro | 2008/02/20 11:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/40191879

この記事へのトラックバック一覧です: EeePCの容量不足を補うには:

« EeePCはスマートフォンのライバル? | トップページ | 電波時計vsサマータイム »