« リフィルはバインダーから破ってスキャンする | トップページ | 読者の方からメールをいただきました:「アイデアを生むデジアナ道具術」 »

2008/01/08

アナログとデジタル、そしてWeb

 アナログとデジタルは、文字や図形の情報としてどういう違いがあるかについて、「システム手帳新入門!」(岩波書店)以来、 ずっと考えてきた。

 そして、「アイデアを生むデジアナ道具術」(えい出版社)の中でも少し触れたが、最近は、これに“Web” という次元を加えるべきかと考えている。

 Blogがもっとも身近な例だが、インターネット上にも自分が考えたことや思ったことを記録できる。そしてそれは、 公開されていたり、携帯電話でも閲覧できたりと言った、パソコン上のデジタルデータにはない特徴がある。第三者からコメントがついたり、 またBlog上であれば、RSSリーダーによって、不特定多数に更新情報が配信されたりする。

 これは、パソコンがスタンドアローンでしかなかった時代やパソコン通信の時代とは違った、データのあり方だと言える。 Web2.0とかCGMとか言ってしまうと簡単だが、単にデジタルであるだけではないこういう情報のあり方、つきあい方については、 まだまだ知らないことがたくさんあるように思う。

 

|

« リフィルはバインダーから破ってスキャンする | トップページ | 読者の方からメールをいただきました:「アイデアを生むデジアナ道具術」 »

アナログ/デジタル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/17619190

この記事へのトラックバック一覧です: アナログとデジタル、そしてWeb:

« リフィルはバインダーから破ってスキャンする | トップページ | 読者の方からメールをいただきました:「アイデアを生むデジアナ道具術」 »