« 新春手帳オフFAQ | トップページ | 16日でいったん受付を締切ります:新春手帳オフ »

2008/01/13

メールで時間を短縮できるのはこんなケース

  単純な情報伝達だけならば、メールは時間短縮に非常に役立つツールだ。

 電話だと双方の時間が取られてしまう。また話すのに時間がかかる。単純な情報伝達、 たとえば決定事項の確認や約束の時間の連絡などならば、メールで十分だ。タイピングしてメールソフトで送るのは、 電話で話すよりも双方の時間の制約がなくなる点でも、単純な所要時間(しゃべるよりもタイピングのほうが簡単で短い)の点でも、 アドバンテージがある。

 また、話し始めると、相手からの不要なフィードバックがあったり、別件などに話が及び長くなるケースもある。 これもメールならば避けられる。とくに仕事で使っている場合、メールは、会話によくあるような冗長性があまりないからだ。

 逆にメールではできないのは、意思の確認とか調整・相談や説得など、相互の考えを丁寧に確認しながらやりとりするケースだろう。 こういうことは、メールだけだと相手がどう受け止めるかがわからない。 時間を共有しながら意志の確認をすることが調整や相談には不可欠だからだ。

  

|

« 新春手帳オフFAQ | トップページ | 16日でいったん受付を締切ります:新春手帳オフ »

パソコンでムダに忙しくならない50の方法 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44075/17619214

この記事へのトラックバック一覧です: メールで時間を短縮できるのはこんなケース:

« 新春手帳オフFAQ | トップページ | 16日でいったん受付を締切ります:新春手帳オフ »